【新春企画】Bramanoli読者はどんな記事読んでる? 人気記事まとめ ~ 夫婦コミュニケーション編 ~

【新春企画】Bramanoli読者はどんな記事読んでる? 人気記事まとめ ~ 夫婦コミュニケーション編 ~

Bramanoli新春企画!Bramanoliではどんな記事が良く読まれているのでしょうか。Bramanoli読者の皆さんから特に注目度の高い記事をランキング形式でご紹介します!


アラフォー世代は夫婦のコミュニケーションが一番気になる!

 Bramanoliの記事の中でも特に人気の高いテーマが「夫婦のコミュニケーション」。毎日の会話や家事の分担などはもちろん、一番注目度が高いのは“セックスレス”の問題。

 アラフォー世代は結婚して10年以上の夫婦も多く、“男女の関係”ではなくなっているカップルが多いようです。

 日本は“セックスで愛をはぐくむ”ということに対しての価値観が低いと言われています。「セックスは子供を作るためにするもの。」「夫の欲望を満たすもの」そう思っている妻の皆さんも多いようです。その一方で、「実は淋しい」「もっと触れ合いたい」「どうやったらセックスレスから抜け出せるの?」と、悶々と悩んでいるという実情もあります。

 センシティブな話題だけに、友達に相談することもできずモヤモヤを抱えながら日々を過ごしているなら是非読んでみてほしい記事を3本ご紹介します。

(1)既婚者の約45%がセックスレス! その理由は…

自然と抱き合うことが理想とわかっていても、お互いの気持ちが見えないことが、セックスレスが進んでしまう要因の一つです。セックスには無関心に見える夫も、内心では性欲を抱えたまま苦しんでいるかもしれません。また、セックスがしたいと妻が思っていても、日々の忙しさを目の当たりにしている夫にはそれが伝わらないことも十分ありえます。

記事を読む▶ 既婚者の約45%がセックスレス! その理由は…

http://bramanoli.info/articles/1082

【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】結婚して、無事に子どもも授かったけど、気がつけば一ヶ月以上セックスしていない・・・。もしかして、うちもセックスレスなの? ほかの家庭はどうなっているの?「月に一回もセックスをしない」夫婦は、年々増えています。ベッドから遠ざかる理由はどこにあるのでしょうか?実際の統計を元に、夫婦におけるセックスレスについて考えてみます。

(2)セックスレス解消は〇〇から! ラブラブ夫婦に戻る意外な方法

目指すのは、恋人時代、ふたりがラブラブだった頃の食卓。あなたの手料理に目を輝かせてくれていた夫を思い出してください。あの頃夫が好きだったメニューを再現してみるのも良いですね。「昔はこの後シャワーが待ちきれずにベッドに誘ったっけ…」など、懐かしい気持ちにさせることもひとつです。

記事を読む▶ セックスレス解消は〇〇から! ラブラブ夫婦に戻る意外な方法とは?

http://bramanoli.info/articles/1009

【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#10】結婚してもう3年。セックスの回数が減ってきたことには気づいていたけど、そのままセックスレス状態へ。最初は平気だったけど、最近何だか寂しい・・・。セックスレスを解決するには、ふたりがお互いに「性欲」を感じる必要があります。性欲を呼び戻すために、食事やコミュニケーションなどを見直してみましょう。

(3)簡単なのに効果絶大!円満夫婦の習慣

大切なことはスキンシップ。

スキンシップは、キスやハグ、セックスだけではありません。マッサージする、ポンポン背中や肩をさわる、など円満夫婦は、会話の中で自然とパートナーの体に触れています。
恋人や夫婦の間にスキンシップが無くなると、関係が冷え込みやすいと言われています。
たとえセックスレスでも、できることは沢山あります。まずは、「お疲れ様、何か飲む?」と肩をポンポンするところから、始めてみてください。

記事を読む▶ 簡単なのに効果絶大!円満夫婦の習慣

http://bramanoli.info/articles/1172

 【大人のラブ♥パートナーシップ#12】夫婦円満協会代表の古山直美です。年間20万組、2分に1組が離婚している日本。別居や家庭内別居の夫婦を合わせると相当数の夫婦が円満とは言えない状態です。円満夫婦なんて、もはや幻想なのでしょうか?!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


セルフプレジャーアイテム“iroha”新商品発売記念「快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~」イベント開催!

セルフプレジャーアイテム“iroha”新商品発売記念「快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~」イベント開催!

セルフプレジャーアイテムを販売するTENGAの女性向けブランド“iroha”。女性のセルプレジャーアイテムについても徐々にではありますが、認知されつつあります。そんななか、irohaでは新商品発売を記念して記念イベントが開催されました。その模様をリポートします。


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


【#FocusOn】豪華女優陣勢揃い!映画『食べる女』出演・壇蜜さんインタビュー/後半

【#FocusOn】豪華女優陣勢揃い!映画『食べる女』出演・壇蜜さんインタビュー/後半

豪華女優陣の共演も話題の『食べる女』。夫に不倫の末、別居されシングルマザーとして生きるツヤコを演じた壇蜜さんに夫婦の在り方やセックスレス問題についてお話を伺ったインタビューの後半をお楽しみください。


「事実婚」のメリット、デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #82】

「事実婚」のメリット、デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #82】

先月、はあちゅうさんが発表し、話題となった「事実婚」。婚姻届を出さずに婚姻関係を結ぶ事実婚には、形にこだわらず自分たちの意思だけで自由に関係を楽しむメリットがある一方で、家族なのに法律に守ってもらえないなどのデメリットもあります。事実婚とは一体どんなものなのか、お話します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング