【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(7)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(7)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんななか会社の後輩・新垣との距離がグッと縮まるできごとが。さらに百合の苦しい過去を知る女優・井本飛鳥に偶然出会う。


第一話を読む
第二話を読む
第三話を読む
第四話を読む
第五話を読む
第六話を読む

ルート246沿いにあるスタバからテイクアウト用の紙バックをもった百合は、車道に止まっているワインレッドのシトロエンの運転席に向かって手を挙げた。ドアが開くと運転席の井本飛鳥が「スタバ、混んでいた?」と尋ねた。

フロントガラスが継ぎ目なく上部にぐるりと広がっている空間に飛鳥が佇んでいるだけで、優雅な絵になる。さすがは女優だと感嘆しながら「少し混んでいたわ」と助手席に座った百合はシートベルトを付けると、シトロエンが軽やかに滑り出した。

窓から通り過ぎるクリスマスのイルミネーションの光が眩しかった。

「綺麗ね」

百合がため息をつくと、「そうね」とハンドルを握った飛鳥は表参道から神宮に向かう道から路地に入った。バストの近くまであるロングヘアの毛先を巻き上げた飛鳥の栗色の髪が艶やかに光っていた。



「声をかけてくれてありがとう。びっくりしたけど、嬉しかった」

運転席の飛鳥の端正な横顔を百合が見つめると

「すぐにわかったわ。ちっとも変っていないね。百合ちゃん」

百合ちゃん呼ばれると、ほっこりと懐かしい気持ちになった。一方で過去の思い出が次々と蘇ってくると胸が苦しくなる。

「来年でもう30年ね」と百合のほうを振り返る飛鳥の瞳は、あの時と同じように大人じみた深さをたたえていた。そして飛鳥はゆっくりとシトロエンを教会の近くの小さな公園の前に止めた。

「私はあの時からずっと飛鳥さんのことが気になっているの。映画もテレビドラマも全部見ている」


すると飛鳥が「うわっ、ファンだわ」と慌てて姿勢を正すと、そのおどけた姿に、百合がくすりと笑った。

「ユナ・リサという女優をドラマで初めて見た時に、飛鳥さんだとすぐわかった。無国籍風の名前ね」

飛鳥は正面を見ながらゆっくりと頷いた。

「ユナ・リサという名前はね、過去を断ち切って再生しなさいと事務所の社長がつけてくれたの」

「すべて話したのね」

と言ってから、百合はしまったと後悔した。芸能事務所の社長に話すのは当たり前のこと
だと恥ずかしくなったが、飛鳥は気にせずに「そうよ」と答えた。

「あのことを全部話しながら、芸能界で生きる覚悟を確認したの。あれに比べたら、どんなことでも耐えられる」

飛鳥は深いため息をついた。

「そうなのね」とまた珈琲をすすると「そう」という飛鳥はカフェモカのカップを強く握りしめた。

井本飛鳥の美貌は小学校の頃から有名だった。横浜の私立女子中学校の一年生のクラスメイトのほとんどが、こぞって飛鳥と友達になりたいと熱望した。だがそんなときに事件が起こった。



「父が脱税で逮捕されて陰口をたたかれた時に、かばってくれたのは百合ちゃんだけだったね」

当時ベンチャー企業というネーミングがなかったものの、飛鳥の父親は半導体の最新技術をもって大企業と共同でビジネスを推進していた。ところが国から不正に助成金をもらっていたことがわかって逮捕。経理が不正を働いたことが後からわかり、飛鳥の父親の無罪が証明されたが、飛鳥の美貌を前から妬んでいた女子バスケット部と演劇部の部長が組んで、部活の女子生徒数人が飛鳥をいじめるようになった。

「壮絶ないいじめだった。事務所の社長に打ち明けたら、表情が変わっていくのがわかったわ」

持ち物をゴミ箱に捨てられ、お金を恐喝された。女子トイレで暴力を振るわれ、千枚通しを椅子に置かれた。リーダーはバスケット部の部長で、元カレが小学校の頃から飛鳥に憧れていたという嫉妬も、いじめを加速させていった。

「夏休みが近づいた放課後だったね」

飛鳥が百合を見つめた。潤んだ瞳に、百合は吸い込まれそうになった。

「自殺の練習をさせられたわ。リーダーにナイフを握らせられた」

学校の近くの丘でセーラー服の女生徒数人にぐるりと囲まれた飛鳥は、しゃがんでリストカットを強要させられた。右手にカッターナイフを無理やり握らされた飛鳥は、左手の白い手首にナイフをあてがうように命じられた時だった。

「やめて」

14歳の百合が走りこんで飛鳥の手からカッターナイフを奪った。飛鳥の手を引いて逃げ出そうとしたが、いじめグループのメンバーから足をけり上げられた百合は前のめりに転んだ。後ろから押さえられた飛鳥が両腕をねじ込められ、顔を地面にこすりこまれた。

「いい根性だね」とリーダーが口汚く百合をののしった。細い目でギラリと睨み、「やれ!」とリーダーが命じると、メンバーたちが百合にカッターナイフを握らせて、振り回そうとした。必死に抵抗するものの、二人がかりで押さえつけられた百合。さらに別のメンバーが取り出したナイフで頬を撫でつけた。ナイフの冷たい感触が伝わる。夕方の日の光でナイフが反射すると、ギラギラっと光った。

恐怖のあまり体がこわばる。逃げなければ。だが冷徹な光を帯びたナイフは容赦なく、百合を追い詰めていく。振り上げられたナイフが捕まれた手首に振り下ろされようとした時だった。丘の向こうからメンバーの一人が叫んだ。

「ストップ、ストップ」

盛んに手を挙げて合図するメンバーを確認したリーダーが「みんな。やめろ!」と命じると、一斉に学校と反対側の方向に向かって走り出した。地面に放り出された百合と飛鳥は、荒い息を整えながら「大丈夫」と声を掛け合った。

這いつくばりながら、百合が飛鳥のそばに寄り、「ここにいてはいけない」と飛鳥の手に手を重ねると、飛鳥は「そうね」と息を整えた。初夏を告げる夕方の光が二人を包みこむと、二人はよろよろと立ち上がって深呼吸し、セーラー服についた土を手ではらったーーー


「伊藤先生、亡くなったのよ」

カフェモカを飲み干した飛鳥が、ぽつりとつぶやいた。百合は言葉を失った。

「いつ」

「去年よ。うちの母から聞いたの。交通事故だったそうよ」

伊藤先生は赴任してきたばかりの30歳の社会科の先生だった。黒い眼鏡をかけた長身の伊藤教諭が、いじめを見抜いて学校に報告したが、リーダーの父親が理事の親友だということがわかると、学校側がもみ消そうとした。放課後に伊藤先生から呼び出された百合と飛鳥は、伊藤先生から転校を勧められたのだ。

「伊藤先生がいなかったら……私たちどうなっていたかしら」

あの日、学校から見える景色がモノトーンから、色彩を帯びたように見えたことを百合は鮮明に覚えている。たった一人でも、大人が味方についてくれている。涙が出そうに嬉しかったが、同時に自分が力を持っている大人じゃないことが悲しかった。自分自身を守れないほど弱い自分が歯がゆかった。

「私もそうだったわ」

飛鳥が声を震わせた。

「早く大人になりたいと思った。大人になっていじめられたあの時の自分を超えたい、強くなりたいと必死に闘ってきた。でも……」

「でも」

と百合も繰り返した。

「大人になってから、大人になり続けることが難しいとわかった。なり続けようとすると不安が広がる。こんなはずじゃないことも、たくさん起こる」

「わかるわ」

言いたいことがわかるから、百合も苦しくなる。

「娘にはいじめを経験させたくないと必死に守ってきた。でもあの時の自分だって、いじめなんか、されたくなかった。知らなければどんなに素敵な14歳だったんだろうって悔しくなることもあった」

飛鳥がぎゅっとこぶしを握った。目に涙を浮かべている。

「飛鳥さん」

百合は思わず、飛鳥を両手で抱きしめた。あの時のように。守ってあげたかった。あの時の自分を。14歳の幼かったわたしを。

「でもね」

と飛鳥は涙をぬぐって、前をじっと見つめた。

「知らなければいいことを、私たちは知ってしまった。知ってしまったことを後悔しても始まらない。知ってしまった私たちは、だから幸せにならなければいけないと思う。それが知ってしまった私たちが成し遂げられること。大人を続けるために」

振り返った飛鳥が、百合に微笑んだ。

「だから、私たちは大人になり続けるために、幸せになりましょう。ねえ、百合ちゃん」

(つづく)ー次回は12月24日(日)公開です。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、恋愛、婚活、結婚をテーマにコラム、ルポ、小説など幅広く活動中。

関連する投稿


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。Bramanoliでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

あらゆる角度から不倫について考察した著書『不倫』をテーマに中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回はよりよりコミュニケーションをとるための方法や自分が本当に望むものは何なのか知ることの大切さについてお話を伺いました。


悔しい!「夫の浮気は私のせい」と言われました【夫婦問題お悩み相談室 #30】

悔しい!「夫の浮気は私のせい」と言われました【夫婦問題お悩み相談室 #30】

夫の浮気、心がざわつきますよね。自分は悪くないのになんでわたしばっかり嫌な思いをしなければいけないの!?ただでさえ辛い思いをしているのに、姑から「そうなったのはあなたのせい」と言われたら、なおさら悔しいですよね。そんなやるせない思いを抱えている妻からのご相談です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング