男性上司の態度が冷たい気がします…【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#2】

男性上司の態度が冷たい気がします…【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#2】

職場の人間関係は、日常生活でとても大事なもの。毎日、顔を会わせる人たちなので、円滑なコミュニケーションがとれたらいいですよね。今回は、職場の男性上司のことで悩んでいるアラフォー女性の相談を、「ロジかわ」思考で解消します。


【お悩み】男性上司の態度が冷たい気がします。後輩の若い女性には優しく接していて、私はおばさん扱いをされているみたいでイライラします。どうしたらいいのでしょうか?

「最近、同じ部署の男性上司の態度が気になります。以前は友好的だったのに、後輩の女性が入ってきたら、私にはそっけない気がします。やっぱりアラフォーともなるとおばさん扱いされるのでしょうか。毎日、顔をあわせることなのでイライラします。」(Sさん・42歳)

小さな変化に気付く女性の“察する力”

Sさんは、上司の態度が以前は友好的だったのに、最近そっけない態度に変わったことが嫌なんですね。
その原因が、自分よりも若い後輩が入ってきたからではないかと考えていらっしゃる。

きっと、そう感じたのはなにか具体的な体験があったのでしょうね。
女性は、察する能力が高いので、ちょっとした変化を見逃しません。言葉にしなくても、人の態度をみて「今、怒っている?」とか「あの人、○○さんに好意をもっている」と気づきます。とても敏感だからこそ、周囲と自分への接し方が違うのではと比べて気にしてしまいます。

私も似たような経験があります。男性上司が、後輩の女性とニコニコしながら雑談をしていました。その後に、自分が仕事の相談をするとパソコンをみながら、そっけない返事をされて後回しされたことがあります。「えっ・・・なんであの子とは楽しそうに話していたのに、私の話は聞いてくれないの!」とイラッとしました。

そして一度そんな態度をとられると、その相手にレッテルをはってしまいます。

「また、私の話を後回しにした」
「態度が冷たい気がする」
「後輩には甘い」

思い込むと、全てがそういう風に見えてきます。なにをしても「私のこと嫌いなのかな?」とネガティブに考えてしまう・・・気付いたら、私は「エモぶさ女子」になっていたのです。

本当にそうなの?「思い込みか?事実か?」を整理する

その後、しばらくして誤解が解けました。
気になっていたので、後日お酒の席でそのことについて直接上司に話しました。すると、意外な答えがかえってきたのです。
「あれは、タイミングが悪い。お客様からの緊急の連絡が入ってきたからテンパっていたんだよ。今まで、山本の話を聞かなかったことあるか?」と言われたのです。

確かに、必ず話を聞いてくれる上司です。その後も声をかけてくれていました。ですが、私は瞬間的な冷たい態度にショックをうけていたのです。一つの悲しい出来事から、気付いたら勝手な思い込みで、私に対して態度が冷たいと思い込んでいました。

イライラしたり、悲しくなり感情的になると「事実」を見失うことがあります。

Sさんがイライラした最初の原因は具体的にどんなときだったのでしょうか?
自分の意見をいれずに、「事実」だけで整理してみてください。感情的にならず、冷静に整理をすると、意外と「思い込み」や「誤解」だったということも多いのです。

上司が可愛がる部下とは、「若い人」ではなく「素直な人」

それでも上司の態度が変わったことが事実だとしたら、自分に原因がないかをまず振り返ってみてください。過去の自分には友好的だったのに、態度が変わる原因は自分にもないか? ということを問いてみましょう。

もしかしたら、Sさん自身が変わってしまったことはないでしょうか。例えば、長く一緒にいたり、経験を重ねるうちに上司へお礼や感謝の気持ちを言葉にしなくなるという方も多いです。

若い後輩は、経験が浅いこともあり、素直にお礼を言ったり、言われたことをすぐに取り組みます。逆に、経験を重ねていくと、「やって当たり前」だったり、照れくさくて一つ一つにお礼や感謝を言葉にしないということが起きてしまいます。

男性は女性ほど察する能力が高いわけではありません。言葉にして伝えることが大切です。
効率ばかり気にして、感謝の気持ちをきちんと言葉にしない「ロジぶさ女子」よりも、「かわいげのある」素直でポジティブな「ロジかわ女子」を可愛がりたくなりますよね。

是非、イライラの感情は一度横において、そうなった原因を“事実”だけで探してみてください。自分に変化が起きていないか振り返ってみてください。そうすると案外、事実は違うところにあるかもしれません。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく…いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。4月前半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【4月15日(月)~4月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月15日(月)~4月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


衣類用消臭スプレーだけで丸洗いできる!?【かずのすけ・最強の家事(2)】

衣類用消臭スプレーだけで丸洗いできる!?【かずのすけ・最強の家事(2)】

美容化学者のかずのすけさんですが、実は洗剤のスペシャリスト!大学院では「洗剤」や「洗浄化学」について専門に学んでいたのです。そんなかずのすけさんが生活に使用する洗剤のあらゆる疑問に答えた『秒で分かる!最強の家事』(ワニブックス)が発売されました。その一部をご紹介します。今回は「衣類用消臭スプレー」について。


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング