男性上司の態度が冷たい気がします…【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#2】

男性上司の態度が冷たい気がします…【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#2】

職場の人間関係は、日常生活でとても大事なもの。毎日、顔を会わせる人たちなので、円滑なコミュニケーションがとれたらいいですよね。今回は、職場の男性上司のことで悩んでいるアラフォー女性の相談を、「ロジかわ」思考で解消します。


【お悩み】男性上司の態度が冷たい気がします。後輩の若い女性には優しく接していて、私はおばさん扱いをされているみたいでイライラします。どうしたらいいのでしょうか?

「最近、同じ部署の男性上司の態度が気になります。以前は友好的だったのに、後輩の女性が入ってきたら、私にはそっけない気がします。やっぱりアラフォーともなるとおばさん扱いされるのでしょうか。毎日、顔をあわせることなのでイライラします。」(Sさん・42歳)

小さな変化に気付く女性の“察する力”

Sさんは、上司の態度が以前は友好的だったのに、最近そっけない態度に変わったことが嫌なんですね。
その原因が、自分よりも若い後輩が入ってきたからではないかと考えていらっしゃる。

きっと、そう感じたのはなにか具体的な体験があったのでしょうね。
女性は、察する能力が高いので、ちょっとした変化を見逃しません。言葉にしなくても、人の態度をみて「今、怒っている?」とか「あの人、○○さんに好意をもっている」と気づきます。とても敏感だからこそ、周囲と自分への接し方が違うのではと比べて気にしてしまいます。

私も似たような経験があります。男性上司が、後輩の女性とニコニコしながら雑談をしていました。その後に、自分が仕事の相談をするとパソコンをみながら、そっけない返事をされて後回しされたことがあります。「えっ・・・なんであの子とは楽しそうに話していたのに、私の話は聞いてくれないの!」とイラッとしました。

そして一度そんな態度をとられると、その相手にレッテルをはってしまいます。

「また、私の話を後回しにした」
「態度が冷たい気がする」
「後輩には甘い」

思い込むと、全てがそういう風に見えてきます。なにをしても「私のこと嫌いなのかな?」とネガティブに考えてしまう・・・気付いたら、私は「エモぶさ女子」になっていたのです。

本当にそうなの?「思い込みか?事実か?」を整理する

その後、しばらくして誤解が解けました。
気になっていたので、後日お酒の席でそのことについて直接上司に話しました。すると、意外な答えがかえってきたのです。
「あれは、タイミングが悪い。お客様からの緊急の連絡が入ってきたからテンパっていたんだよ。今まで、山本の話を聞かなかったことあるか?」と言われたのです。

確かに、必ず話を聞いてくれる上司です。その後も声をかけてくれていました。ですが、私は瞬間的な冷たい態度にショックをうけていたのです。一つの悲しい出来事から、気付いたら勝手な思い込みで、私に対して態度が冷たいと思い込んでいました。

イライラしたり、悲しくなり感情的になると「事実」を見失うことがあります。

Sさんがイライラした最初の原因は具体的にどんなときだったのでしょうか?
自分の意見をいれずに、「事実」だけで整理してみてください。感情的にならず、冷静に整理をすると、意外と「思い込み」や「誤解」だったということも多いのです。

上司が可愛がる部下とは、「若い人」ではなく「素直な人」

それでも上司の態度が変わったことが事実だとしたら、自分に原因がないかをまず振り返ってみてください。過去の自分には友好的だったのに、態度が変わる原因は自分にもないか? ということを問いてみましょう。

もしかしたら、Sさん自身が変わってしまったことはないでしょうか。例えば、長く一緒にいたり、経験を重ねるうちに上司へお礼や感謝の気持ちを言葉にしなくなるという方も多いです。

若い後輩は、経験が浅いこともあり、素直にお礼を言ったり、言われたことをすぐに取り組みます。逆に、経験を重ねていくと、「やって当たり前」だったり、照れくさくて一つ一つにお礼や感謝を言葉にしないということが起きてしまいます。

男性は女性ほど察する能力が高いわけではありません。言葉にして伝えることが大切です。
効率ばかり気にして、感謝の気持ちをきちんと言葉にしない「ロジぶさ女子」よりも、「かわいげのある」素直でポジティブな「ロジかわ女子」を可愛がりたくなりますよね。

是非、イライラの感情は一度横において、そうなった原因を“事実”だけで探してみてください。自分に変化が起きていないか振り返ってみてください。そうすると案外、事実は違うところにあるかもしれません。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

自分が気にしていることを平気で人前で言われたり、ストレートに物事を言われると傷つきますよね。無神経だなと思う人と普段どのようにお付き合いしていけばいいのか、その接し方について3つご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

相手に自分の気持ちを伝えたいのに、うまく伝わらない・・・自分でも話が整理できていなかったり、相手の顔が怪訝そうだと、せっかくのコミュニケーションが嫌になりますよね。日々の会話を論理的に工夫をするだけで上手に話すことができます。ロジカルシンキングな「話し方」についてロジかわ流の解決法についてお話します。


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

結婚しない=セックスしない、ではもちろんありませんが、それ以上に深い意味がありそうです!夫婦仲相談所所長の三松真由美先生に教えていただきましょう。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

GUのスウェットプルオーバーはもうチェックしましたか? 990円なのに生地もしっかりしていて、裏起毛♪ これからの寒い冬に欠かせない一枚になりそうな予感ですよ! プチプラなので、一度試してみる価値ありそうです。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング