ゆらぎ期(更年期)はイソフラボンを取り入れましょう

ゆらぎ期(更年期)はイソフラボンを取り入れましょう

女性ホルモンの減少によって起こるゆらぎ期。女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は30歳を境に徐々に少なくなりはじめ、40歳を迎えると徐々に減少し、そのまま閉経まで減り続けます。そんな時有効とされているのが大豆製品に含まれる大豆イソフラボン。女性ホルモンと似た作用があるというイソフラボンについてみていきましょう。


女性ホルモン(エストロゲン)の変化

女性ホルモンにはエストロゲン(細胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。このふたつのうち、大豆イソフラボンはエストロゲンと同じような働きをしてくれます。そこで、まずはエストロゲンの役割と、減少によって引き起こされる症状についてみていきましょう。

●エストロゲンの役割
乳房を発達させ女性らしいからだをつくり、子宮内膜を厚くする働きをします。
・自律神経のバランスを整える
・血流をよくし肌に潤いを与える
・髪の毛をゆたかに保つ
・骨を丈夫に保つ
・内臓脂肪をつきにくくする
・悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす
・脳を活発に動かす

<減少によって引きおこる症状>
・肉体疲労
・肉体疲労の回復の悪化
・肌にはりがなくなる
・薄毛
・骨粗しょう症
・瞳の乾燥
・髪がパサつく

いかがでしょうか?エストロゲンの減少により、上記のようなさまざまな体の不調が引き起こされます。それでは次にエストロゲンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンについてみていきましょう。

大豆イソフラボンはどうしてゆらぎ期に効果があるの?

大豆イソフラボンとは大豆や大豆製品に含まれる栄養素です。大豆の胚芽に含まれるフラボノイドとよばれるものの一種で、ダイゼイン、ゲニステインなど15種類ほどある成分の総称です。日常的に食事やサプリメントから適量を摂取することでその効果を体感することができます。

大豆イソフラボンはエストロゲンと構造がたいへんよく似ているため、エストロゲンの受容体に結合し、女性ホルモンにとてもよく似た働きをしてくれます。そのため、大豆イソフラボンを摂取することでゆらぎ期にどんどん減少するエストロゲンを大豆イソフラボンが補い、ゆらぎ期の症状を和らげてくれるのです。

また抗酸化作用があり、体内で発生する活性酸素を除去してくれます。本来、活性酸素はウイルスなどの外敵からからだを守ってくれますが、増えすぎると自分自身の細胞を攻撃しはじめ、老化の様々な原因をつくりだしてしまいます。そのため活性酸素を適正に保つためにも、大豆イソフラボンを摂取することは大切です。

大豆イソフラボンを効果的に食事に取り入れよう!

加齢とともに減少する一方のエストロゲン。同じ働きが期待できる大豆イソフラボンは、どんな食材に多く含まれるのでしょうか? 大豆イソフラボンを含む食材と、接種のポイントを紹介します。

大豆イソフラボンが含まれる食材

・大豆・豆腐・豆乳・納豆・厚揚げ・油揚げ・きな粉など

大豆イソフラボンが含まれる調味料

・味噌・醤油

大豆イソフラボンを摂取するときのポイント

一日の推奨摂取量があるので一日を通して大豆製品を摂りすぎないように注意しましょう。目安は納豆なら2パック、豆腐は1丁程度です。また、大豆イソフラボンにはアグリコン型とグリコシド型があり、グリコシド型は周りを糖に囲まれているので吸収されるのが遅く、腸内細菌によってアグリコン型になってはじめて吸収されます。

豆腐や枝豆、納豆、豆乳などの大豆食品のほとんどがグリコシド型です。味噌はアグリコン型ですでに糖が外れているので、腸内細菌に関係なく胃や腸で効率的に吸収してくれます。

いかがでしたか? 大豆イソフラボンは味噌や豆腐など日本人の食卓になくてはならない素材に含まれるありがたい成分です。ぜひ積極的に取り入れて、健康的にゆらぎ期を乗り切ってくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連する投稿


「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

ホットフラッシュとは? 夏でもないのに滝のような汗をかく、突然体がカーッと熱くなるというホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)の症状は、更年期中の女性の6割が経験すると言われています。今日は、そんな更年期の代表的な症状ホットフラッシュの予防法、対策とケア方法をお伝えします。


「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「ぐっすり眠ったのに疲れが取れない」「昼間なのに、眠くてやる気が出ない」。これの症状はもしかしたら更年期によるものかもしれません。今回は、「疲れやすい」「やる気が出ない」ときにオススメの心とカラダのケア方法をお届けします。


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

「手に力が入らない」「肌がピリピリする」「最近手や足がしびれるようになった」思う通りに動かないカラダにショックを受ける方も少なくない更年期。一体、わたしのカラダはどうなっちゃているの?!今回は、更年期症状の1つ「知覚の異常」についてです。かんたんな対策ケア方法もあるので、ぜひ実践してみてください。


更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

若いときはもりもり食べてもへっちゃらだったのに、この頃は食欲があまりなくなってきた。そんなことはありませんか? 更年期に、食欲が減ってしまったり、胸やけや胃腸の不調で悩む方も少なくありません。今回は、更年期によくある食欲不振や、胃腸の不調のケア方法についてお伝えします!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

いよいよこの時期がやってきました!そう、バレンタインデーです。「もう年だしバレンタインデーなんて面倒」と思っているあなた、もったいない!この手のイベントは積極的に利用しましょう!ではアラフォーはどんなチョコをプレゼントしたらいいのでしょうか?気になる彼氏未満の男性には何円ぐらいのチョコを上げたらいいのか迷っている方はぜひ読んで参考にしてください。


宮本真知のタロット占い【2月11日(月)~2月17日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月11日(月)~2月17日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://kinder-style.com.ua

Этот важный интернет-сайт с информацией про купить ковер из вискозы https://www.3kovra.com.ua/kovry/kovry-iz-viskozy/
http://arbud-prom.com.ua