天気はアラフォー女性のカラダに密接に関係している⁉【天気と女性の関係 #01】

天気はアラフォー女性のカラダに密接に関係している⁉【天気と女性の関係 #01】

なんとなく天気とカラダって関係あるのかな? と思っていたけれど、実際のところどうなんでしょう? アラフォー女性だから余計に天気が影響するってこともあるのでしょうか? そこで天気とアラフォー女性のカラダの関係について気象予報士であり、健康気象アドバイザーでもある小越久美さんに解説していただきます。


昔からある気象病や天気痛

頭痛、関節痛、古傷の痛み、むくみ、めまい、肩こり、だるい、イライラなどは、昔から気象病や、天気痛などと呼ばれます。
実際に私も、雨の多い梅雨時になると、毎年、小学生の頃に陸上で痛めた右足の付け根がズキズキと痛みます。
テレビで気象キャスターを務めていた頃は生活が不規則で夜中の0時に出勤することもあれば、仕事を終え夜中の0時過ぎに帰宅することもあり、常にだるさを感じていました。とくに曇りや雨の日は、頭痛や目の奥の痛み、肩こりに加え、アレルギー症状で涙や鼻水にも悩まされました。

2008年に健康気象アドバイザーを取得した私は、こういった症状が、天気の変化による自律神経の乱れが原因であることに気づかされたんです。

外的要因から守ってくれる自律神経の働きがカラダに影響を及ぼす

私達の体は、天気に関係なく体内の環境を一定に保とうとする力、ホメオスタシスが備わっています。このホメオスタシスの管理人こそが”自律神経”です。自律神経には2種類あり、交感神経はアクティブモード。副交感神経はリラックスモード。朝起きたら交感神経を働かせて活動モードに入り、夜は副交感神経の働きで眠くなる。まずはそんなイメージです。自律神経は、天気などの環境の変化に対しても知らない間に様々な仕事をしています。

例えば、夏でも冬でも人の平均体温は約変わりませんよね。暑いときは副交感神経を働かせて血管を広げ、汗をたくさんかいて体から熱を逃がし、寒いときは交感神経を働かせて、鳥肌を立てたり、血管をぎゅっと縮めたりすることで、熱を逃がさないようにしています。

同様に気圧の変化にも無意識で抵抗しています。気圧というのは空気の重さによって押される力のこと。私達の体は約15トンもの力を外側から受けています。これに対抗しなければぺしゃんこにつぶれてしまうので、外側からかかっている力と同じだけの力で内側から押し返しているのです。雨を降らせる低気圧がやってくるということは、外側からかかる空気の重さが軽くなり、空気が薄くなるということ。体が膨張したり酸欠にならないように調節しているのも自律神経です。

酸素の少ない場所で活動するのは危険と判断した体は、副交感神経を働かせて体をリラックスモードへと導きます。雨の日の眠気やだるさは、ちょっとした「高山病」のような状態といえるでしょう。

また、この自律神経は、急な対応がとても苦手。急に暑くなったり、寒くなったり、気圧が変化したりすると、自律神経のバランスを崩し、頭痛、むくみ、めまい、肩こり、だるい、イライラなど、様々な不調につながります。

低気圧女子の処方せん(セブン&アイ出版)を監修して下さった順天堂大学医学部教授、小林弘幸先生のビッグデータ調査によると、降水量が多いときや気温が高いときはアクティブモードである交感神経の活動度が下がり、気圧が高いとき(高気圧に覆われて晴れているときなど)は交感神経の活動度が上がることが裏付けられています。また、耳の奥にある内耳という気圧センサーが気圧の変化をキャッチすることで、一時的に交感神経の働きが高まり過ぎてしまい、慢性痛やうつ病、めまいが悪化するという研究報告もあります。

私が健康気象アドバイザーの資格をとったのが2008年。当時に比べ、天気と体の関係は、アプリなどの登場で裏付けデータがぐんと増しました。また、話題として取り上げられることが多くなったように感じるのは、猛暑やゲリラ豪雨など極端な気象の変化に振り回されることが多くなったこと、ストレスで自律神経のバランスを崩しがちな人が増えていることなどが要因かもしれません。

女性の方が天気の影響を受けやすいってほんと?

もともと女性は、男性よりも気象病に陥りやすいと言われています。ウェザーニューズの調査によると、女性の3人に1人は頭痛に悩まされていて、2人に1人はだるさを感じているといいます。

女性は生理周期によって女性ホルモンが変化し、これに伴い自律神経のバランスが乱れがちです。加えて天気の変化によって自律神経がゆさぶられるわけですから、気象病の症状が出やすいというわけですね。

生理終了後から排卵日までの「卵胞期」と呼ばれる期間は副交感神経の活動が高まることが分かっていて、体温が低く、ゆったりと気分が安定し、血行もよく活動的に過ごせます。ところが、排卵後の黄体期は交感神経が高まり、体温が高く、血行が悪く、気分も不安定でイライラしたり、便秘になったりします。いわゆる月経前症候群(PMS)ですね。
実際に私も、生理前後に雨が重なると、いつも以上に眠気を感じて頭がぼーっとしたりします。

また、今日の雨はいつも以上に頭痛がするな、と思っていたら翌日に生理が来たり、生理中に低温・多湿のじめじめした日が続くと、古傷の痛みが悪化したりします。

アラフォーになるとさらに天気に影響されちゃうの⁉

さらに40歳あたりから、天気の変化をもっと過酷に感じるようになったというお話も聞きます。

女性の体に女性らしさをもたらしてくれるのがエストロゲンというホルモンです。月経を起こして、妊娠、出産を成立させるだけでなく、肌や髪をきれいにしたり、骨や血管をまもり、自律神経を安定させてくれます。

一生のうちで女性ホルモンがピークを迎えるのが20代から30代。40歳を過ぎると、女性は女性ホルモンが低下し、副交感神経の働きも弱まってくることが分かっています。
年を重ねるにつれて、関節痛や古傷の痛み、血行不良やイライラ、便秘などといった気象病に悩まされやすくなるのはこのためでしょう。

低気圧女子の処方せん監修の小林先生によると、生理前はもちろん、普段から副交感神経が働きやすい環境を整えてあげることが大切だそうです。
しゃべるのも食べるもの歩くのも、まずはゆっくり。

ストレスを感じてイライラしたときは、水を飲んで胃腸を刺激したり、4秒吸って8秒吐くのリズムで深呼吸したり、口角を上げて笑顔を作るのもおすすめです。
生理前は入浴で血行を促して。39度から40度のややぬるめのお湯で、最初の5分は肩まで浸かり、次の10分は半身浴、というのが、交感神経から副交感神経へとスムーズに切り替わるポイントです。

イライラや痛みの原因になる交感神経の活動が上がってしまう条件は、生理前のほか、天気が下り坂で気圧が大きく変化するときやゲリラ豪雨と呼ばれるような急な雷雨の前後、急に冷え込むときなど。天気予報のアプリなどを参考に、不調を感じたときの天気マークを記録しておくと、次からは天気予報を見て早めの対策がとれるようになります。

ちなみに私は、生理前に雨が予想されている日は「70%の仕事を100%やる」と割り切って望むことにしています。とにかくストレスをためないことが大切です。

いかがでしたでしょうか? 天気とカラダの不調は密接に関係しているということがお分かりになりましたでしょうか? もちろん全部天気のせいと決めつけて病院に行かない、なんてことは危険ですので、なかなか良くならないカラダの不調はきちんと病院に行って相談してくださいね。

次回は春前に、春先のお天気とカラダの不調の関係についてお伝えします。お楽しみに!

気象予報士/健康気象アドバイザー小越久美





本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

2004年から2013年に渡り日本テレビの気象キャスターを務める。現在は(一財)日本気象協会に所属。

関連する投稿


寒いの苦手~! アラフォー女性 “冬”の体調事情 【天気と女性の関係#5】

寒いの苦手~! アラフォー女性 “冬”の体調事情 【天気と女性の関係#5】

いよいよ本格的な冬がやってきます。アラフォーになって寒いのがますます苦手になった、という女性も多いのではないでしょうか。今回は苦手な女性が多い、冬を元気に乗り切るためのヒントをお天気から読み解いていただきます。


秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

食欲の秋、運動の秋など、秋は心地が良いシーズンとして色々なことを始めるのに適しているし、食も進む、などと言われていますが果たしてそうでしょうか?特にアラフォー女性は秋になると体調が悪くなるから苦手…という人も多いのです。ではいったいどうしてそうなのか?教えていただきましょう。


梅雨や猛暑で起きる体調不良 原因と対策を知って快適に♪【天気と女性の関係#3】

梅雨や猛暑で起きる体調不良 原因と対策を知って快適に♪【天気と女性の関係#3】

雨の日はただえさえ憂鬱…そんな憂鬱な雨の日がずーっと続く梅雨の時期…今から考えただけでうんざりしますよね。憂鬱な梅雨の時期を快適に過ごすヒントと梅雨明けにやってくる猛暑対策について気象予報士で健康気象アドバイザーの小越久美さんに教えていただきます。


春の憂鬱… 原因は天気のせい⁉【天気と女性の関係 #02】

春の憂鬱… 原因は天気のせい⁉【天気と女性の関係 #02】

春の時期はカラダに不調を起こしがちということをご存知でしょうか?「そういえば毎年春になると体調を壊しているな」なんて感じていらっしゃる方もいるかもしれません。それはどうやら天候に関係しているようです。気象予報士で健康気象アドバイザーの小越久美さんに教えていただきます。


今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

そもそも女性ホルモンってなに? 女性のカラダが女の子から大人になるのに関係あるの? 生理と女性ホルモンの関係とは? アラフォーは女性ホルモンってどういう状態になっているの? 助産師のやまがたてるえさんに“アラフォー女性からの性教育”として優しく丁寧に時に笑いを交えながら教えていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
aral 10w40

www.rbt.com.ua

http://rbt.com.ua