親のせいで結婚できない? 母との関係を見直す婚活【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #10】

親のせいで結婚できない? 母との関係を見直す婚活【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #10】

真面目で空気を読み、相手の顔色をうかがいがちな方。「いつまでも独身で親に悪いな」と親を安心させるために結婚しなくてはいけないと責任を感じていませんか? しかし、親のために結婚しなくていいのですよ。もし、あなたの婚活がうまいくいかないとしたら、親との関係を見直すタイミングかもしれません。


いつまでも独身で親に悪いな・・・という罪悪感

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

「親が勧めるから結婚相談所に入りました」
という方は非常に多いです。親が思いつく古風な出会いの場といえば結婚相談所ですし、アラフォーの親世代は半数がお見合い結婚。

親が結婚相談所を勧めるのはよくある話なので、きっかけの一つが親の意見でもいいと思います。

ところが真っ先に「親が言うから」というあなたはご自分の意思はありますか?

「親に結婚式を見せてあげたい」
「いつまでも独身だと親に悪い」

そう思う方は、親の期待に応えるためにこれまでやってきたことを思い出してみましょう。

親に言われて進学し、親が安心する勤務先を選んできていませんか? あなたが探す「いい男」は親に紹介しやすい男ではないですか? あなたが思う「いい結婚相手」は本当にあなたが決めた条件の男性ですか?

親が決めた「いい学校」を“いい学校”と思い込み、親が決めた「いい仕事」を“いい仕事”と思い込み、今度は親が決めた「いい男」を“いい男”と思い込んでいるとしたら、危険です。自分の軸がないとただ振り回されるだけです。

みんなが結婚するから結婚しなきゃダメって誰が決めた?

「独身だと親に悪いな」
という罪悪感を持つ原因を振り返ってみましょう。

これまでご相談にいらっしゃったアラフォー女性の中にはずっと実家暮らしだったという方や、頻繁にお母さんと買い物や旅行に行くという方もおりました。

「あなたのためにやっているのよ」
「ほら、お母さんのいう通りにしなかったから失敗したでしょ」

もしかしたらお母さんはあなたが子どものころ、こんな口癖が多かったかもしれません。結果的に人の気持ちを先読みして、相手の顔色をうかがいがちになる。自分の意思より人がどう思うかばかりを気にするようになる。そのお母さんから言われたことをきちんとこなしながら成長した真面目ないい子ほど、残念ながら婚活は苦戦しやすいのです。

だって結婚に「正解」も「正しい」もないから。
反抗期もなく、素直で従順だった子どもは親からすれば育てやすい子だったでしょう。しかし、「○○がしたい」という自己主張が乏しい女性は喜ばせ方が分からず男性からすると扱いにくいのです。

自分のやりたいことではなく周りにあわせてなんとなく生活してきて、進学、就職、結婚などの人生のターニングポイントも「親が言うから」「みんながやるから」と大きな決断を他人に依存しがち。

そして、親はあなたに「この学校がいい」「この会社がいい」「こうしなさい」といろいろ指示をしてきませんでしたか?

そして、親の意向に沿って生きてこなかった? 親のために結婚しようとしているなら、あなたは婚活をリセットしたほうがいいです。自分の人生を使って親の期待に応えないでもう自由になっていいのです。

「自分に原因がある」と考えるアラサー。「親のせい」にするアラフォー

「親が過干渉で躾に厳しかったから結婚できない」
「親が結婚しなくていいから、家にいて自分の世話をしろというんです」
「親がずっと一人暮らしはあなたにはムリといって一人暮らしができなかった。だから私は結婚できなかった」

親のせい、実家のせいで結婚ができなかったというアラフォー女性は多いです。

ですが、親が過干渉だったという方は20代でもアラサーでもご相談にいらっしゃいます。

若いうちに気が付いた方は親のせいにせず

「今、私が変わらないといけないですよね」

と自分のことととらえていることが多いです。32歳ぐらいまでの方は親のせいにしない。若くて挽回ができるからといえばそれまでですが、ある日突然アラフォーになったわけでもないのにアラフォーの方が出会いがない原因を自分にあると思わず責任転嫁しがち。

成人してから10年以上たって「結婚できないのは親のせい」って甘えすぎです。

行動しなかった責任を親に擦り付けるな

「なぜ、私は結婚できないと思いますか?」

という質問をする方がいるのですが

「結婚したいけどどうしたらいいですか?」

と自分で結婚したいと決意をしない方は難しいです。だって自分のことなんですよ。

誰かが決めたことはその決めた誰かのせいにできるでしょう。親が決めたとおりにやってきて、今が独身だから親のせいにするアラフォー独身者に足りないのは自分の責任で決断することです。

うまくいかないことがあっても自分の責任。失敗が怖いかもしれません。しかし、失敗する恐怖を超えて行動する方は全て経験にして行きます。

確実に成功する方法を探して行動しないでアラフォーになれば、行動しなかった責任を親に押し付けたくなるでしょう。
でもその幼さ、依存体質で重いところが出会いのチャンスを遠ざけるのです。
安心・安全が保障されている結婚なんてないのですから。

今から反抗期をやろう。結婚・婚活に親の理解は不要

今のあなたに必要なのは反抗期。
あなたの結婚や婚活に親の理解は必要ないのです。

「これをやるからね」

と決定してから事後報告でいいのです。

親の方が

「私が過干渉すぎたからあの子は自立できなかった。控えたほうがいいな」

と反省して行動を変えることはありません。だってもう70歳ぐらいではないですか? 親はそのまま人生逃げ切れるのですよ。

結婚してからも人生は大きな決断が続きます。その時に旦那より実家に相談するような娘ではいずれ夫婦関係は破たんするでしょう。独身のうちに気が付いたならラッキーですよ。

誰かの娘の人生を辞めて、ひとりの女性として生きていきましょう。

今、出会いがないのだとしたら、それはきっと親との関係を見直すタイミング。あなたはどう生きたいのでしょうか? 答えはあなたの中にあります。

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。

関連する投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【Bramanoli 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【Bramanoli 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

「何をしたら結婚できるの?」と何か新しく始めようとする方も多いのですが、ちょっと待って欲しい。“何かを始める”ことより、“何かをやめる”ことの方が効果があるのです。40代で結婚した方がやめた5つの悪習慣をご紹介します。あなたもやっているなら、即やめましょう。


私の彼は“派遣社員” そろそろ結婚したい【オトナの幸せ恋愛心理術 #15】

私の彼は“派遣社員” そろそろ結婚したい【オトナの幸せ恋愛心理術 #15】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング