【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


なんとなく自暴自棄になって、私はなんて孤独なんだ…なんて思う時、ありますよね。ちょっと悲劇のヒロインムードになっちゃってるのかな? ってそうじゃない時は思えるけど、渦中にいたらもう切実に苦しかったりする。そんな時…

一人で戦い抜くリアルな女性のお話です

正直、好き…という気持ちより、好奇心の方がまさったお付き合いでした。両親に反対されながら家を出て、一緒に暮らし始めました。その当時、彼は日本に来たばかりでまともな職には就いてなくて…ほぼヒモ? のような状態で、一緒に暮らしていました。そんななか妊娠したんです。



自分以外の人はみんな幸せそうに見える? あの人はいつもニコニコ笑ってるきっと悩みなんてないんだろうな。そんな風に思ってしまっているのなら…。みんな一緒。ものすごく苦しんで悲しんで悩んで一生懸命生きています。

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/前半】好奇心の赴くままに突き進む怒涛の人生

http://bramanoli.info/articles/1385

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。

嫌いな人がいない人なんているんですか?

あなたには嫌いな人、苦手な人がいますか? 仕事やプライベートでどうしても関わらなきゃいけない人たちのなかにそういう人がいると辛いですよね。私が我慢しなきゃいけないのかな?このままじゃストレス溜まるいっぽう・・・大人の悩みは尽きません。そんなあなたに自分らしさはそのままに、うまく彼や彼女らと付き合う方法をお教えします!


“嫌い”と“苦手”は同義語ですかね? 違うかな? 嫌いな人と苦手な人…うーん…思い浮かべると私は同じような気がします。要するに関わりたくない人ってことですね。「ものすごく嫌いだー!」と意識するってことは、もしかしたら「好き」なのかもしれないな、って思ったりもするけど、今のところそういう人はいないなあ。

嫌いな人がいて当たり前! 大人の上手な人付き合いのコツ

http://bramanoli.info/articles/721

あなたには嫌いな人、苦手な人がいますか? 仕事やプライベートでどうしても関わらなきゃいけない人たちのなかにそういう人がいると辛いですよね。私が我慢しなきゃいけないのかな?このままじゃストレス溜まるいっぽう・・・大人の悩みは尽きません。そんなあなたに自分らしさはそのままに、うまく彼や彼女らと付き合う方法をお教えします!

Bramanoliには頼もしい専門家の方たちがたくさんいるんです!

Bramanoliがメディアとしてスタートして約1年。多くの専門家の先生にご執筆いただきました!

人生に迷った、あんなときやこんなとき、ひとりで悶々と考えていてもきっとダメなんだと思います。そんな時こそ、外の世界の扉を開いてみる。それぞれの悩みの分野にはかならずエキスパートがいます! Bramanoliの専門家の方たちの記事を読んで、この人だ! と思ったら、ぜひコンタクトをとってみてください。きっと力になってくれますよ。

高校中退で駆け落ちして妊娠出産、6人の子持ちのママが今や一家の大黒柱です

今でこそ明るく話せることですが、実は子ども時代に母がストレスから精神を病み、おまけにアル中で子どもを“育てる”ということを放棄してしまったんです。いわゆるネグレクトですね。父と父の両親、妹2人という家族でしたが、父は母から虐げられていて母には頭が上がりませんでした。私は学校の給食費からなにから自分で用意しなければいけませんでした。


女性の働くに迫るインタビュー企画。女性たちはみな、それぞれの人生のなかで様々な経験をして、頑張って仕事をして生きています。そんなリアルに迫りつつ、過去と現在、未来について語っていただいています。今キラキラして見えるあの人もこの人も、人生をひも解いてみたら、みんな本当に色々あるんだなあ…といつも思います。

Bramanoliで執筆していただいたメンタルボディアドバイザー小山内 愛さんもその一人! 楽してキラキラ生きてる人なんていない!

メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(前編) 【女性の仕事クローズアップ #4】

http://bramanoli.info/articles/1056

スピリチュアルの観点からカウンセリングを行い個人の潜在的な能力を見抜き、それを独自のメソッドで本人に気づかせ、能力開花させる講座を開講する小山内愛さん。その他にアロマブランド「フレグラントハート」を展開。プライベートでは6人の子どものママでもあります。精力的に活動する小山内愛さんにご自身のことについて伺いました。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連するキーワード


辛い ひとり 苦しい

関連する投稿


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


 【彼女が自分らしく生きられるようになったワケ #3】独身会社員Hさんの場合(39歳・埼玉県在住)

【彼女が自分らしく生きられるようになったワケ #3】独身会社員Hさんの場合(39歳・埼玉県在住)

能力開花講師の小山内愛です。私はスピリチュアルな観点をロジカルに落とし込みアプローチしていくことで、ご本人自身が問題に気づき、自分らしく生きるお手伝いをしています。私のところを訪れた方々をご紹介し、どのようなアプローチで自分らしく生きられるようになったのかお伝えしたいと思います。今回は埼玉県在住Hさんの場合です。


どうしよう! 結婚式をキャンセルしなきゃいけなくなりました。【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#5】

どうしよう! 結婚式をキャンセルしなきゃいけなくなりました。【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#5】

様々な理由が考えられると思いますが、予約金を払っているのに結婚式をキャンセルしなければいけなくなったとき、どうしたらいいでしょうか? 1000組以上のカップルの結婚式をプロデュースしてきたウエディング&イベントプランナー 葉山泰子さんに教えていただきましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

いよいよこの時期がやってきました!そう、バレンタインデーです。「もう年だしバレンタインデーなんて面倒」と思っているあなた、もったいない!この手のイベントは積極的に利用しましょう!ではアラフォーはどんなチョコをプレゼントしたらいいのでしょうか?気になる彼氏未満の男性には何円ぐらいのチョコを上げたらいいのか迷っている方はぜひ読んで参考にしてください。


宮本真知のタロット占い【2月11日(月)~2月17日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月11日(月)~2月17日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
покраска стен

укладка ламината киев

масло aral 5w30