テカるのに乾燥する…それ「インナードライ肌」かも!【本気で始める美容・エイジングケア#24】

テカるのに乾燥する…それ「インナードライ肌」かも!【本気で始める美容・エイジングケア#24】

年齢を重ねるごとに、お肌が「テカるのに、乾燥する」という状態に頭を抱える女性も増えてきます。そんな方は、ひょっとすると「インナードライ肌」かもしれません。今回は、インナードライ肌のスキンケア方法について、時短美容家の立場からお話します。


よく聞く「インナードライ肌」ってなに?

「インナードライ肌」とは、文字どおり、内側は乾燥しているのに、外側はテカテカにテカっているお肌のこと。

つまり、外からお肌に触れるとベタつきを感じたとしても、お肌の内部はカラカラの潤い不足に陥っている状態を指します。インナードライ肌になると、外側には皮脂がたくさん分泌されるため、テカリやベタつきを感じやすくなり、一見すると、全体的に脂っぽい肌になったように見えるのですが、実際には「脂性肌」というわけではありません。

ですので、「脂っぽいから、さっぱりタイプのスキンケアにしなくちゃ!」というのは、実は間違いというパターンも多いのです。

このような「インナードライ」の状態を招く原因はさまざまですが、お肌は乾燥状態に陥ると、自分の防衛本能で“うるおい”をキープしようとして、皮脂を分泌します。そのため、手で肌に触れるとベタつくような感触が起こりやすいのです。

インナードライ肌のバランスを整えるには?

もし、ご自身の肌が「インナードライ肌」かもしれないと感じる場合には、まず試してみるべきお手入れは、とにかく“今まで以上の保湿”です。

内側がカラカラになっている肌に潤いを与え、油分と水分のバランスが整う状態を目指していきましょう。

よく「顔がテカるから、しっかり洗顔しよう」と、表面の油分を落とすことだけに意識を向けてしまう方もいらっしゃるのですが、皮脂の取りすぎは、さらなる皮脂の分泌を招くことも。肌の内側がカサカサになっている点に着目したお手入れのほうが、「インナードライ肌」には適しています。

具体的には、保湿力の高い化粧水に切り替えたり、うるおい成分がたっぷり入った美容液を導入するなど。肌に合うアイテムを見つけていくことが先決です。時短でケアを終わらせたい場合には、ハンドプレスが便利。化粧水や乳液、美容液などを塗るたびに、角質層への浸透を促すべく、手でやさしくプレスして。このとき、手が温まっていたほうが、温熱効果でうるおいを補給しやすくなるため、手が冷たい場合には、温めてから行ってみてください。

メイクのテカリはどうすれば?

「インナードライ肌」になっているときは、メイクをしてしばらく経つと、Tゾーンにベタつきを感じることもあります。

お肌の状態を改善しようと、うるおい力の高いスキンケアに変えても、バランスが整うまでの間、しばらくはテカリやベタつきが気になる時期が続く方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、外出先でテカリが気になるときには、あぶらとり紙でサッと油分をとってしまうのが、もっとも手軽な方法になります。しかし、油分をとりすぎてしまうと、体がお肌をバリアしようとしてさらに皮脂が出てくることもあるので、“とりすぎ”にはご注意を。

「インナードライ肌」への対策の基本は、まずはスキンケアで内側をうるおすことにあるので、大事な商談前でどうしてもテカリを抑えたいなど、「ここぞ!」な場面でだけ、あぶらとり紙のお世話になるようにするといいかもしれません。

また、メイクを仕込む段階でテカリを抑える工夫としては、下地がマスト。下地には、余計な皮脂を吸着するなど油分のバランスを整える成分が入っているアイテムが多いので、時短でベースを整えたい場合でも、省略しないほうが安心です。

下地は、大量に使うとベタつきが加速する原因になるので、薄く伸ばすように意識してください。

「もしかして私も?」と思ったらコスメの見直しから始めましょう

「インナードライ肌」は、年齢に関係なく起きる現象だと言われていますが、アラフォーあたりから、体のバランスが崩れて、突然「インナードライ肌になったみたい?」というお声も聞きます。

「もしかして……」と思ったときには、まずスキンケアを見直し、その上でメイクでもテカりにくい工夫を取り入れていきましょう。「脂っぽい」と思っても、脂性肌になったわけではなく、実は内側は乾いていた……というパターンは、意外と少なくないのです。心当たりがあった方は、ぜひスキンケアコスメの見直しからスタートさせてみてください。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

ユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターはもうチェックしましたか? ラム素材で肌触りが最高♡カラーも豊富ですので、好きなカラーをチョイスすることができます! 今年は断然ダボッとサイズがおすすめ。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。


“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第一回目は【アラフォーの今読みたい 心をうるおす大人の絵本】です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング