【エモまと】私なんて…って自己否定していませんか? ちょっと気分転換しましょう

【エモまと】私なんて…って自己否定していませんか? ちょっと気分転換しましょう

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


なんだかネガティブモードになると、ついつい「私なんて…」と自己否定しちゃったりしますよね。しょうがないことだけど、それってとっても自分が可哀想。そんな時は上手に気分転換しちゃいましょう。

知ってましたか? 天性のネガティブ思考の人なんていないんですって!

ついついネガティブな思考になってしまう…そんなあなた。必ず原因があるのです。

例えば両親からの影響。日ごろから厳しく子供に接し、朝起きられなければ、「前の日に早く寝ないからダメだ」と言われ、提出物を無くしたら、「日頃部屋を掃除してないから無くなるのだ」と注意される。何かする度に怒られてきた経験があると、行動をしようとする時にうまくいかない未来をイメージするようになってしまいます。そして「自分はできないからダメだ」と行動を起こす前から勝手に判断し、行動しなくなります。すると結果的に、達成するという経験がなくなり、出来ない経験を増やしていき、余計に「自分はダメ」と決めつけます。


ねっからネガティブな人なんていない! それは環境による思考の癖によって作られた産物である! とメンタルボディアドバイザー小山内 愛さんは言います。つまりトレーニングすることにより、ネガティブ思考を手放すことができるんですね。自己肯定感が強くなれば、自分に素直でいられます。そうすると自然と周囲からも愛されるようになるんです。ネガティブな感情に満たされてしまった時、「あ、悪い思考の癖に入り込んじゃったな」と思って、この記事この記事を読んでみてくださいね。

自分らしく♪ ネガティブ思考を治して気持ちのいい毎日を過ごす方法【アラフォーからの自分らしく生きるコツ#3】

http://bramanoli.info/articles/631

いつもなんだかネガティブになってしまう。ついつい、「私なんて」と思ってしまう。嫌だと言えず「いいよ」と答えてしまう。本当は大好きなのに「嫌い!」と言ってしまう。ついつい心と裏腹のことを発言したり、行動したりする自分にほとほと嫌気がさしているあなたへ。ネガティブ思考をやめて気持ち良く暮らすにはどうしたらいいのでしょう?

自分なんて…っていう思考がますますマイナスを引き寄せてしまうかもしれません

仕事や人間関係などで、「がんばっているのにどうしていつも私だけ…」と不満を感じていませんか? 実はこの考え方ってとても損なんです。潜在意識が「自分はダメな人間」、というマイナスのエネルギーを感じ、身体がそのような行動をさらに引き寄せてしまうのだとか。そこで今回はそんな状態にならないための言葉を贈ります。


「自分にはふさわしくない」とか、「どうせ自分なんて」「自分はダメな人間」なんて思う気持ちに体がどんどん浸食されてしまうと、カラダまでそんな状態になってしまうんだそう…。でもちょっと心当たりが…。ショックなことが起こると次々と連鎖するように嫌なことが起こるって言う経験したことないですか? 私はあります…。そうなるとますますどん底に落ちて行ってしまうわけです。ポイントは平常心。頑張らない。私は私のままでいい。幸せになるキーワードがちりばめられた【アラフォーからはがんばらない! しあわせは“平常心”で感じるもの 】をぜひ読んでみてくださいね。

アラフォーからはがんばらない! しあわせは“平常心”で感じるもの 【言葉は心の美容液#03】

http://bramanoli.info/articles/613

仕事や人間関係などで、「がんばっているのにどうしていつも私だけ…」と不満を感じていませんか? 実はこの考え方ってとても損なんです。潜在意識が「自分はダメな人間」、というマイナスのエネルギーを感じ、身体がそのような行動をさらに引き寄せてしまうのだとか。そこで今回はそんな状態にならないための言葉を贈ります。

なにかに自信が持てないなら、新しいなにかを始めてみてはどうでしょう?

20代や30代の習い事の定番といえば、英会話教室やヨガ教室などですよね。日常をアクティブに楽しむためのツールとして、通われる人が多い印象です。けれども40代になったら、視点を変えて、心が豊かになる習い事を始めるのもいいかもしれません。今回は、そんなアラフォー女子におすすめの習い事をご紹介します!


今、目の前にあることに自信が持てなくなっているなら、新しい何かを始めてみてはどうでしょうか? 仕事が上手くいっていない、周囲の人間関係がギクシャクしている…そんな状態から脱却するには新しい居場所をつくるのが一番早い! しかも興味や好きなモノが同じ人どうしなら、すぐに打ち解けられて楽しい時間を過ごすことができるかもしれません。アラフォーからは心が豊かになる、習い事を始めてみてはいかがでしょうか。

心もお財布も余裕がでてくるアラフォー女子だからこそ 始めたいひと味違う習い事

http://bramanoli.info/articles/546

20代や30代の習い事の定番といえば、英会話教室やヨガ教室などですよね。日常をアクティブに楽しむためのツールとして、通われる人が多い印象です。けれども40代になったら、視点を変えて、心が豊かになる習い事を始めるのもいいかもしれません。今回は、そんなアラフォー女子におすすめの習い事をご紹介します!

現実逃避にはファンタジーの世界にどっぷりつかるのが一番!

 運転席に座った健司と助手席の若い女が二言三言やりとりをすると、すっと健司の頭が若い女に被さる。それはまるでスローモーションのようなゆっくりとした動きに見えた。ものの10秒の出来事が、1時間以上の出来事のようだった。夫の頭が動いて女から離れると、女の唇が濡れていた。百合の動悸が激しくなる。車と車の間にへなへなとしゃがみこむと、ボルボのエンジンの音が響いた。通り過ぎていった瞬間に、若い女と目が合い、再びスローモーションのように目の前の景色が流れていった。若い女は、どこかで見た顔だった。


自分に充満しているマイナス思考から逃れるには別の世界にいくのが一番! 大人の恋愛小説【眠れない夜】を読めば、ドラマティックな大人のラブストーリーの世界に浸れること間違いなしですよ♥

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(1)

http://bramanoli.info/articles/1578

眠れない夜…大人の上質な恋愛小説はいかがですか? 第一章、ふたりの子どもの母として妻として、責任ある仕事を任される大人として生きる百合のお話です。

自己評価を形成するのは何だと思いますか?

無意識の中で作られて行く自己評価とは、自分の置かれた場や環境からの影響を「本人がどう受け取るか」ということが大きく関係しているのではないかと思うのです。そして、「自分自身が自分をどう構築しているのか」というのが自己評価になります。

例えば、どんなにキャリアや資格があって豊かな生活をしていても自己評価の低い人がいます。どんな状態が自己評価が低いのかと言うと「言われた事だけを淡々とこなし自己主張をしていかない」状態です。


自己評価は自分で作り出した評価軸です。ということは、いくらだって自分で修正することができるんです。自分でつくりだした自己評価をあげるだけで素晴らしい未来が待っていますよ! みんなでどんどん自己評価上げていきましょうー!

低い自己評価をグンッと上げる! 今こそ自分で自分を認めて幸せライフを始めよう♪【アラフォーからの自分らしく生きるコツ#4】

http://bramanoli.info/articles/664

褒められても信じられない。ついつい「私なんて」「ぜんぜんそんなことない」否定で返してしまう。自分の価値を自分で認められない。なんでだろう?と思いつつもそういうマインドに陥ってしまう。だけどそれがいいとはちっとも思っていない。そんなあなたへ、きちんと自己価値を感じ、自己評価を上げる思考法を教えます。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連する投稿


【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


素敵な女性ほどよく笑い、よく泣くんです【ライフスタイル“美”メソッド #5】

素敵な女性ほどよく笑い、よく泣くんです【ライフスタイル“美”メソッド #5】

感情を表に出すことは大人のすべきことではない。そう思っていませんか? 多くの日本人は周りの目を気にするあまり、自分の気持ちを正直に表現することが苦手の様に思います。ですが感情を表現することで実は愛され度がアップするそうなんです!それはいったいなぜなのか…モデルで美姿勢トレーナーの栗本奈央さんに教えていただきましょう。


更年期のカラダの変化を知って、人生を愉しむベースを作ろう!【更年期は人生が輝くチャンス #2】

更年期のカラダの変化を知って、人生を愉しむベースを作ろう!【更年期は人生が輝くチャンス #2】

誰もがとおる「更年期」は、症状も捉え方も十人十色。ダイナミックにカラダが変化をするこの時期は、ときに自分の心やカラダが自分の思い通りにいかないことがあります。しかしメカニズムを知れば更年期はこわくありません。正しく知ること、対策に取り組むことで、人生を愉しむベースを作りましょう!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
fish bag

marine cooler

kysek coolers