くちびるは意外と年齢が出る!? ふっくらリップを目指す時短ケア【本気で始める美容・エイジングケア#23】

くちびるは意外と年齢が出る!? ふっくらリップを目指す時短ケア【本気で始める美容・エイジングケア#23】

くちびるは、意外と年齢が出るパーツです。空気が乾燥してくると、少しのケアでは追いつかずに、ガサガサ・皮むけなどの症状に頭を抱え始める女性も増えますよね。年齢とともに、縦じわも深刻になってくるような気もします。そこで今回は、この季節のリップケアについて、時短美容家の並木まきが実践している方法をご紹介します。


時短でくちびるケアするには何がカギ?

くちびるは、年齢を重ねるにつれて縦じわや色素沈着、くすみなどに悩む女性が増えるパーツだけに、私のもとにも「時短でくちびるケアするには、何をどうしたらベストですか?」などのご相談もこの時期、届いています。

加齢に伴ってどうしてもカラダは老化してきますから「ある程度は仕方ない」とはいえ、日頃のお手入れでお悩みを改善できるなら、少しの手間でウルつやリップを目指していきたいのが女心ですよね。

巷には、優秀なリップケア製品がたくさんあります。そこで今回は、私が実践する時短リップケアの中からとくに効果を実感している方法を2つお話しします。

1:リップスクラブはスティック状のアイテムを使う

リップスクラブは、くちびるにある余計な角質や小さな皮むけをフォローしてくれるので、ウルウルのリップを目指すなら、欠かせないお手入れのひとつです。

しかし、シュガースクラブやリップ専用スクラブ製品で丁寧に“くるくる”しようとすると、意外と「時間と手間がかかる」と、面倒に思っている女性もいらっしゃるのではないでしょうか。疲れているときに、わざわざスクラブをするのって「やらなくちゃ」と思っていても、面倒ですものね。

そこで時短でスクラブケアを完了させるには、アイテム選びがカギ。私は今年の秋から、スティック状のリップクリームにあらかじめスクラブが入っているアイテムを愛用して、“ながらスクラブケア”をしています。唇に乗せるとバーム状になるテクスチャーなので、スクラブ効果もありながらしっかり保湿できるので、これ一本でケアがすむのが嬉しいですね。

わざわざスクラブを準備する必要がなく、リップメイク直前にも手軽にスクラブケアができるところも、気に入っていて、毎日の相棒に選んでいる理由でもあります。刺激が弱いものを選べば、すき間時間を活用して、1日に数回スクラブケアを繰り返すこともでき、手軽です。くすんだくちびるに口紅を塗ると、リップメイクの仕上がりもくすみがちですが、メイクの直前にスクラブケアをしておくと発色が良くなるメリットもあります。

2:温めるケアでデリケートなくちびるにスペシャルケアを加える

くちびるは角層が薄く、デリケートなパーツでもあるため、専用お手入れを導入してのケアが安心かつ手軽です。

私は日々のお手入れを、パルス波で温感ケアができるくちびる専用美容機器に頼っていて、保湿成分が入った美容液と併用しています。パルス波とは電気信号で、くちびるにほどよい刺激を与えることで、くちびるの美容液が浸透しやすくなるメリットがあり、“ながら”かつ“時短”でリップケアが叶います。

年齢が気になり始めたくちびるには、お肌同様に潤いを与える保湿ケアもカギだけに、より浸透を高めてくれるグッズに出会うのも、時短美容では大事だったりします。

「専用美容器を導入するまではちょっと……」と思う方は、はちみつをくちびるに薄く塗り、ラップで10分ほどパックするだけでもうるおいチャージになります。「カサつくかも」というタイミングで、週1回程度でもラップパックをすると、くちびるの柔らかさの違いが実感できると思うので、ぜひお試ししてみてください。

くちびるを舐めるのはガサガサのもと!

秋冬は、空気が乾燥するので「くちびるがガサガサ!」になってしまう方も少なくないですよね。

しかし、乾燥したくちびるを舐めて湿らせようとするのは、水分が蒸発したあとにかえってガサガサになるってしまうのでウルつやリップにはご法度です。

外出先にリップクリームなどを持ち歩いておくと安心なのはもちろんのこと、ご自宅でも少しの手間を加えて、エイジングに負けないくちびるをキープしてくださいね。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


膣内が硬くなる!? 年齢とともに変化するデリケートゾーン『ちつのトリセツ 劣化はとまる』著者 原田純さんインタビュー

膣内が硬くなる!? 年齢とともに変化するデリケートゾーン『ちつのトリセツ 劣化はとまる』著者 原田純さんインタビュー

年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


エイボンのピンクリボン活動2017が東京ミッドタウンで開催されました!

エイボンのピンクリボン活動2017が東京ミッドタウンで開催されました!

「口紅一本でできるボランティア」として、エイボンの「the company for women」の企業理念の基、2002年にスタートしたピンクリボン活動。今年は靴職人の花田優一さんを迎えて東京ミッドタウンで開催され、多くの人が参加しました。


ズボラさんでも大丈夫!「超保湿」なのにかんたんな時短美容法 3選【本気で始める美容・エイジングケア#20】

ズボラさんでも大丈夫!「超保湿」なのにかんたんな時短美容法 3選【本気で始める美容・エイジングケア#20】

気温が下がり空気が乾燥してきて、いよいよ“乾燥”が本格的に気になり始めるシーズンに突入。しかし、時間がない主婦やワーキングマザー、「スキンケアは面倒で……」と思っている女性も多いでしょう。そこで、時短美容協会理事長の並木まきが「これさえやっておけば、とりあえずは大丈夫!」な時短保湿テクニックをお話していきます。


いよいよ乾燥の季節! 秋冬もカサつきと無縁の肌を作るテク3つ【本気で始める美容・エイジングケア#19】

いよいよ乾燥の季節! 秋冬もカサつきと無縁の肌を作るテク3つ【本気で始める美容・エイジングケア#19】

乾燥する季節は、年齢を重ねた肌には特に乾燥が気になります。いつも通りに、メイクをしても粉っぽくなったり、カサついたり…といった状態に心当たりがある方も少なくないのでは。そこで今回は、エイジングを重ねると気になりだす乾燥肌に負けないこの時期の時短美容テクを3つご紹介します。


SUQQUから新スキンケアラインが登場☆肌悩みを引き起こす「大人の乾燥肌」にアプローチ!

SUQQUから新スキンケアラインが登場☆肌悩みを引き起こす「大人の乾燥肌」にアプローチ!

大人だからこその肌悩みに向き合い、肌が欲するうるおい満たされるときめきを突き詰めて、肌のツヤへと変える新しいモイスチャーラインがSUQQUから登場です☆


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

いよいよこの時期がやってきました!そう、バレンタインデーです。「もう年だしバレンタインデーなんて面倒」と思っているあなた、もったいない!この手のイベントは積極的に利用しましょう!ではアラフォーはどんなチョコをプレゼントしたらいいのでしょうか?気になる彼氏未満の男性には何円ぐらいのチョコを上げたらいいのか迷っている方はぜひ読んで参考にしてください。


宮本真知のタロット占い【2月11日(月)~2月17日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月11日(月)~2月17日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
http://pillsbank.org

mybud.com.ua

my-mebel.net