【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんな時、引っ越し祝いのパーティに図々しく愛人がやってきた。激しく動揺し思わず衝動的な行動に出てしまった百合ー。



第一話を読む
第二話を読む

第一章・百合の場合(3)

 東京に上陸しようとした台風が、朝方には太平洋の海上に進路を変更した。台風一過の清々しい朝、寝室にある南側の窓を開けると、多摩川から秋の風が入ってきた。百合の隣にある健司のベッドは、週末にメイキングをされたまま静まり返っていた。

 引越しパーティーの日に、キッチンでオイスターナイフを及川美和に突き付けたことを、健司は美和から聞いていた。だが百合をとがめると、不倫を認めてしまうことになる。だから健司は無言を貫いているが、夫婦の間のすき間風は日に日に強くなっていった。

 いつものように朝食を用意した百合は、明日香と匠を玄関で送り出してから出勤すると、代官山駅で秋吉瑤子から「デザイン画すべて完成」というメールをもらった。瑤子との打ち合わせのために、その日の予定を急いで調整して、百合は門前仲町にある瑤子のアトリエに向かった。

 想像以上に、素晴らしい出来栄えだった。外に出ると、夕方の空の色があたりを包み込んでいた。瑤子から富岡八幡宮の参拝を勧められた百合は、深川不動堂の前で立ち止まった。
深川不動堂から深い橙色の柔らかな光が放っている。旅人が囲炉裏に手をあてて心身を温めているようなイメージが浮かび上がった。参拝する人を惹きつけるようなうっとりさせる光は艶やかで色っぽい。百合は引き寄せられるように参道を歩いた。

 すると「楠本さん」と後ろから呼び止められた。同じ会社の新垣歩だった。

「あら、どうしてここに」

「この辺に住んでいるんです」

「仕事は?」

「今日は有休なんです。休みたくないけど、係長がどうしても取れって」

 東陽町にある倉庫部門主任の新垣は30歳で管理者に抜擢された優秀な社員だ。35歳の今、肉体の逞しさだけでなく、精悍さも漂っている。新垣に憧れている独身女性社員も少なくないが、プライベートのことは全く聞こえてこない。

「楠本さんこそ、どうしたんですか。まさか神社仏閣が趣味で、深川不動堂に参拝しているとか」

「まさか」

 くすっと百合が笑った。

「ですよね」

 新垣も笑うと、ほっとした。二週間前の引越しパーティーから、笑ったこともなければ、笑顔を振りまいてくれる人もいなかった。

「デザイナーと打合せの帰りなの、深川不動堂があまりにも艶っぽいから、つい」

「ですよね。深夜の深川不動堂はもっとエロいですよ。花魁の亡霊が出てくるみたいで」

「亡霊が出るの?」

「まさか」

 新垣が声を挙げて笑った。

「楠本さんはすぐ真に受けるんですよね。そこがいいところでもあるんだけど」

「年上をバカにしないで」

「してないですよ」


 新垣のスマホからメールの着信音が鳴った。メール画面をちらっと見てから「楠本さん、お茶しませんか」と誘ってきた。

「18時まで社に戻りたいんだけど」

「じゃあ、30分ぐらい」

「どうして」

「あ、いや。約束していた友達がキャンセルになったんで」

「友達の代わりになれないけど」

「お休みに誰かと話したいんですよ」

「へえ。意外と孤独なんだ」

「はは。『意外と』というのは、なしで」

 新垣の半歩後からついていくと、路地の向こうにガラス張りのカフェが現れた。下町ならではの和カフェを期待していた百合には驚きだった。
 意外と言えば、男性とふたりきりでお茶をするのは結婚後、初めてだった。しかも本社以外の社員というのも異例中の異例。きっと話は、会社の人事や今後の動向かなと百合は思った。世間話だけで30分も持ちそうにない。

 窓際のテーブル席に新垣と向かい合って座り、カフェの名物というのジンジャーティーでほっこりした百合は、新垣に入社時期を尋ねた。7歳年下の新垣は同期が3人で、そのうち2人が転職したという。

「同期がいなくなったのね。私と同じね」

 あと10分で社に戻ろうと決めた時だった。新垣が真顔になった。

「前から気になっていたことを、今ここで言ってもいいですか」

 百合は驚いたが、否定する理由もなかった。

「嫌と言えば、もっと言いたくなるでしょ。いいわよ」

 すると新垣がコホッと小さな咳ばらいをしてから、再び百合を正面から見た。

「人に好かれようとしているのをやめたほうがいいと思うんです」

「え? 何を言っているの」

 百合は驚いた。

「もっと自分らしく生きて欲しいんです。楠本さんなら、それができると思うんです」

「あなたは……」

 私の何を知っているというの。ただ同じ会社というだけで、どうしてそこまで言えるの。
 新垣が注文した珈琲がカップの中で黒く澱んでいた。目の前の男を警戒し始めた百合だったが、新垣は意外なことを口にした。

(つづく)



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、恋愛、婚活、結婚をテーマにコラム、ルポ、小説など幅広く活動中。

関連する投稿


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。Bramanoliでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


【Bramanoli 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【Bramanoli 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

あらゆる角度から不倫について考察した著書『不倫』をテーマに中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回はよりよりコミュニケーションをとるための方法や自分が本当に望むものは何なのか知ることの大切さについてお話を伺いました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング