たるみの原因はコラーゲン減少? ぷるんとハリ肌にする2つの美習慣【本気で始める美容・エイジングケア#22】

たるみの原因はコラーゲン減少? ぷるんとハリ肌にする2つの美習慣【本気で始める美容・エイジングケア#22】

年齢を重ねるごとに「お肌のハリが減っちゃった!」と、お嘆きの女性もいらっしゃるのではないでしょうか? エイジングの波は容赦なく押し寄せてくるので、日々のスキンケアや食生活から、お肌のハリをなるべくキープしていきたいところです。時短美容家の並木まきが、ぷるんとしたハリ肌を育む40代女性の美習慣についてお話します。


加齢によって減ってしまうコラーゲンやセラミド

「美肌成分」とも言われる「コラーゲン」や「セラミド」。年齢を重ねると、これらの成分がだんだんと減少してしまうため、加齢とともにからお肌のハリが失われたり“たるみ”が出たりするのは、極めて自然な現象でもあります。

コラーゲンのピークは25歳頃と言われていて、40代になると急激に減少していくことから、アラフォーはお肌に変化を感じやすくなります。「セラミド」はお肌に水分を保持してくれる保湿成分ですが、こちらも20歳頃をピークにだんだんと減ってしまうのが一般的な流れ。20代の頃と比較して、どんどん肌が劣化すると感じるのは、美容成分の減少も大きく関係しています。

セラミドにはバリア機能を助けながらお肌の乾燥を防いでくれる役割があるので、年齢を重ねてセラミドが減ると、それだけお肌の乾燥を招きやすくなるというわけです。

諦めるのはまだ早い!美習慣でハリ肌を目指そう

そんなエイジング肌特有のお悩みは、「自然現象だから諦めるしかないの?」と、思わずため息をつきたくなるもの。

けれど、諦めるのはまだ早い!

日々のスキンケアや食習慣によって、ハリのある肌を目指すことは可能です。そこで、ハリを取り戻すスキンケアの鉄則と食生活で心がけたいことをご紹介します。時短でできる2つの方法から、まずは試してみてくださいね。

1:スキンケアの鉄則は…保湿にアリ

乾燥が加速すると、お肌のハリが失われやすくなり“たるみ”を引き起こす要因にもなりかねません。
そのため、エイジング肌のスキンケアでも、忘れてはならない鉄則は“保湿”。

ただし、闇雲に化粧水や乳液の量を増やすよりも、年齢肌に合った成分が配合されているクリームや美容液のパワーを借りるのが、時短かつ確実なお手入れになります。

うるおい不足を痛感している女性は、セラミド配合のコスメを試しみるのもアリでしょう。成分表記には「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」などと書かれていますが、保湿だけでなくシワにも働きかける「セラミド3」配合のコスメが、OVER40歳の肌には最適です。ちなみに、時短でうるおいスキンケアをしたいときには、軽く手のひらでプッシュしながら肌を温めていくよう心がけると、よりうるおいを感じることができるでしょう。

ちなみに、セラミド同様に加齢によって失われる「コラーゲン」配合のスキンケアコスメも多くありますが、コスメに配合されているコラーゲンはお肌に塗っても期待しているほどに肌に浸透するわけではないのでご注意を。また、一般的なコラーゲンよりも“低分子コラーゲン”のほうが浸透しやすいと言われています。なので、低分子コラーゲンと表示されているものを使ってみるのもいいかもしれません。

2:コラーゲンとイソフラボンを食生活で補う

エイジングに負けない肌を育むには、内側からのケアも重要です。加齢によって失われていく成分を補うべく、食生活ではハリのある肌を育むと言われる食材を意識的に食べると安心でしょう。

「コラーゲン」が豊富に含まれる鶏肉の軟骨や豚足などの食材と、コラーゲンの生成を促してくれる「イソフラボン」を大豆製品で補えば、相乗効果が期待できる“ハリ肌育成メニュー”になります。

コラーゲンを食事によって摂取することでどのくらいお肌に効果が出るのかについては諸説ありますが、私の経験ではコラーゲンがたっぷり入ったスッポンや水炊きを食べると、やっぱりお肌の調子はアガる気がしています。お鍋に入れるコラーゲンボールなども売られているのでチェックしてみてくださいね。また、食事だけでは限界があるので、サプリメントで補うこともあります。

ただし「大量に摂ればといい」というわけではありませんので、サプリやドリンクで補う場合には、パッケージに書かれている適量を守るのが鉄則です!

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


顔より大事な、デリケートゾーン保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーンのケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーンのケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ってくださいね。


美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

一年中しっかり日焼け止め対策をしている優秀なアラフォー女性も多いと思いますが、実は季節や場所によって使い分けた方がいいってご存知ですか? 漫然と同じ日焼け止めをつけていればいい…という簡単はものではないようです。


プロ直伝! 自宅でできるエステ級 スキンケアテクニック【アラフォーから始める美肌作り#4】

プロ直伝! 自宅でできるエステ級 スキンケアテクニック【アラフォーから始める美肌作り#4】

保湿成分が40代は20代の約半分!ってご存知ですか?そう聞くと、アラフォーの肌トラブルも納得ですよね。当然20代とは違うスペシャルケアが必須なわけですが、そんなにお金もかけられないというのがホンネのところ。そこで今回はお金をかけずにちょっと手間をプラスしてできるスペシャルケアを教えていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【8月13日(月)~8月19日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月13日(月)~8月19日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】インスタグラマーとして一線で活躍している大人の女性にインスタの極意を聞きました!

【#FocusOn】インスタグラマーとして一線で活躍している大人の女性にインスタの極意を聞きました!

年々勢いを増すインスタグラムの世界。フォロワーを増やしたいけどなかなか…というアラフォー女性も多いのではないでしょうか?そんな女性たちへ向けて、インスタグラマーとして一線で活躍している皆さんへインタビュー!フォロワーを増やすコツなど教えていただきました。


無口で連絡無精な彼氏の本音が知りたい!【オトナの幸せ恋愛心理術 #11】

無口で連絡無精な彼氏の本音が知りたい!【オトナの幸せ恋愛心理術 #11】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


“大人になる=我慢する” と思っていませんか?【“心のマナー”メソッド#07】

“大人になる=我慢する” と思っていませんか?【“心のマナー”メソッド#07】

大人になるってどういうことでしょうか。感情を外に出さないよう我慢したり、その場が和むよう取り繕ったり、ケンカになるぐらいなら何も言わない、など、大人になるイコール我慢できる人、だと思っていませんか?本当の意味で“大人になる”とはどういうことなのか、大網理沙さんに教えていただきます。


生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

毎月の生理周期で気分にムラがある、体調が悪くなる。女性なら一度はこうした症状を感じたことがあるのではないでしょうか。アラフォーになるとホルモンバランスの変化から、急にPMS(月経前症候群)の症状が出る場合があります。今回は「吐き気」に悩まされる女性のお悩み相談です。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
http://www.babyforyou.org

levitra ohne rezept

rikon-ya.com/cost.html