夫を「フラリーマン」にさせないためにできること【幸せ夫婦コミュニケーション術 #53】

夫を「フラリーマン」にさせないためにできること【幸せ夫婦コミュニケーション術 #53】

先月、NHKのニュース番組で取り上げられ話題になった、仕事が終わっても真っ直ぐ家に帰らない「フラリーマン」。彼らは家の中に居場所がないと感じることで帰宅を拒みます。帰ってこない夫を受け入れてしまうと、お互いに不満や寂しさを抱えたまま、夫婦の間にも溝が生まれます。「フラリーマン」を避けるために何ができるのか、お話します。


家事は「手伝う」ものじゃない

番組では、仕事が終わって家に帰れるにも関わらず、カフェに寄ってコーヒーを飲んだり公園で本を読んだり、バッティングセンターで遊ぶ夫の姿が取り上げられていました。共働きの妻は帰宅後家事をやっています。

どうして帰らないのか、理由は「まだご飯ができてないと言われる」「家事を手伝っても下手だと言われる」等、ネガティブなものでした。しかも、妻には内緒です。男性は、「自分が家事を手伝っても妻の負担を増やすだけだから」と言っていましたが、「家事は手伝うもの」という感覚を持っているのが、放送後のインターネットでは批判の対象になりました。

同じ家に住み、同じように仕事をしているなら、家事の負担は平等であるはずです。「文句を言われるから」と手を出さないでいるのは、妻からすれば腹が立つでしょう。ですが、男性にとっては、そんな妻の態度こそが帰宅を拒む原因になっているのです。

帰っても居場所がない夫

男性は、妻がご飯の用意をしているからその間に洗濯物をたたんでも、「下手だね」と言われてうまくいかない、と話していました。最初からやる気がないのではなく、自分のしたことを否定されるから、それが「妻の負担を増やす」という結果になるのです。

帰宅したのに、妻から返ってくる言葉が「まだご飯できてない」だったら、どんな気持ちがするでしょうか。「帰ってくるな」と感じてしまえば、誰だって足が鈍ります。帰宅を歓迎されないのは、とても寂しいことです。

家事をしたくても妻の満足は得られず、帰ることも拒否される。これでは、夫は家にいても自分の居場所がありません。番組に登場した妻は、夫の寄り道を認めていました。「8時か9時くらいに帰ってくれればちょうど良い」と話していましたが、それは早い時間に帰宅されても嬉しくない、と言っていることと同じです。

こんな妻の態度が、夫を「フラリーマン」にします。早く帰って妻に渋い顔をされるくらいなら、どこかで時間を潰して家で過ごす時間を減らそうとするのは当然のことですよね。居心地が悪いんですから。家事を自分の仕事にさせてくれない妻に対して、距離を取るしかないのです。

コミュニケーション不足を解消することで負担が減る

会社で疲れて帰っても、家で食事の支度や洗濯物などの新しい「仕事」がある。夫が手を出してくれるけど、下手だし二度手間になるとストレスだから、いっそ何もしてくれないほうが楽。妻にもこんな気持ちがあります。

ですが、たたんでくれた洗濯物を「下手だね」で済ませてしまっては、それ以上夫は何もできなくなります。自分の負担も変わりません。その場で「こうして欲しい」と伝える余裕がなかったら後で改めて口にすることができれば、夫もまたチャレンジする気になります。

夫も同じ家に住む家族なら、家事は分担が基本です。夫を拒否してしまえば自分のやることが増えるだけでなく、夫の意思を受け入れないことになります。「手伝う」意識ではなく「するもの」と思うのは、それを認めてくれる妻、家族がいるからです。

コミュニケーションを諦めずに、ふたりで上手なやり方を考えていくこと。それが、お互いの負担を減らす一番の近道です。

「ひとりの時間」はあらかじめ伝える

番組の中で、妻は「自分もひとりの時間が欲しいから遅く帰ってくれていい」と言っていました。夫の寄り道を認めるのはそれも原因です。確かに、夫婦であってもお互い自由に過ごす時間は大切ですが、問題なのはその気持ちを伝えないこと。妻は夫の帰宅が遅い理由を「うすうす勘づいてはいたけど」と話していましたが、放置するのは夫の寂しさまで無視することになります。

ひとりの時間を持ちたいときは、あらかじめ伝えること。妻がゆっくり家で過ごしたいなら、「ご飯は8時にするから、それまで外で過ごしてもらってもいい?」と話しておけば、夫は拒絶感を持たずに外で自由に過ごせます。「まだご飯できてない」だと何時に帰れば良いタイミングなのかもわかりません。

「フラリーマン」になるのは、コミュニケーションが足りないことで夫が家庭に疎外感を持ち、家事にも関わることをやめてしまうからです。家事がふたりで負うべき負担なら、拒否ではなく工夫を提案していけば、片方だけで完結させるのを避けられます。

家はふたりの居場所です。早く帰りたいと思うのは、その後の家事もストレスなくこなせる安心感があるから。笑顔で「ただいま」と「おかえり」が言えるように、普段から会話する時間を大切に過ごしてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれるまではラブラブだったのに、出産後、何だか旦那さんの態度が冷たい。育児にも参加してくれない。子どもが産まれてから、旦那さんの態度が変わったと悩む女性は多いですが、原因は環境の変化かもしれません。まず生活を見直してみることが大切です。改めて旦那さんへ愛情を向ける時間を持ちましょう。


勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

今の世の中、スマホが欠かせない存在となり、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSも盛んですよね。とても楽しくてためになる情報も満載ですが、SNSに抵抗感を持つ人がいるのも事実です。今回は、夫が家族写真をSNSにアップするのをやめてほしいと願う妻からの相談です。


「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#3】

「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#3】

恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生による連載【40代夫婦の寝室事情】。第三回目は“夫と3回セックスしたくないと思ったら見直し時”というなんとも厳しいテーマです。しかし…人生100年時代、たしかに考えさせられます。


夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

結婚まではラブラブだった夫との関係。結婚生活が長くなると、慣れもあってつい関係をないがしろにしていませんか? 趣味が合わなかったり会話がつまらないと感じると、関心を向けることを止めてしまいがち。愛情まで失ってしまう前に、夫を親友にすることで前よりもっとラブラブな関係を目指しましょう!


夫が「男性更年期」かも? 本人に言うべきでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #9】

夫が「男性更年期」かも? 本人に言うべきでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #9】

夫のイライラした態度や言動。近くで見ているこちらもイライラしますよね。しかしアラフォー世代は、夫も妻も加齢やホルモンバランスの崩れによる身体の不調が起こりがち。健康な身体を維持するためのメンテも欠かせません。今回は夫の体調を心配するアラフォー妻からのご相談です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。Bramanoli的にこれは見逃せません!


【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

40代での再婚になると、どちらかが子連れであることも珍しくありません。血の繋がりがない人間が親となる家族は一般的にステップファミリーと呼ばれますが、最初は対応に戸惑うことも多いでしょう。幸せなステップファミリーになるには、何よりお互いの信頼が欠かせません。子連れでの再婚で気をつけたいことについて、お話します。


この前が「5年前」の独身アラフォーが変えるべき5つのポイント【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #27】

この前が「5年前」の独身アラフォーが変えるべき5つのポイント【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #27】

「いつか結婚したい」「いい人がいれば結婚したい」そう思いながら、家と職場の往復。まだいける、まだまだいけるから大丈夫と思っていたらアラフォーでようやく重い腰を上げて婚活をしようかなと思ったあなた。 アラフォーにとって「5年前」は「この前」かもしれませんが、縁遠くなっている原因は5年前からアレが変わっていないからです。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング