【35歳からのリアル 私たちのホンネ#5/後半】夫が一番のママ友と不倫そして離婚…娘たちとの3人の暮らし

【35歳からのリアル 私たちのホンネ#5/後半】夫が一番のママ友と不倫そして離婚…娘たちとの3人の暮らし

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


後半は…結婚を機に新たな人生のステージへ

「私たちのホンネ」シリーズ5回目後半は…お気楽人生を過ごしてきた貴子(匿名)さんの結婚後のストーリー。どんどん運命の歯車が加速していきます。夫の病気、モラハラ、不倫、そして離婚…可愛い娘たちとの生活を守るために奮闘する貴子さん。後半もお楽しみください。

前半はこちらから≫

薄給の元夫の給料では足りず両親にお小遣いをもらう新婚生活

正直、義理の両親は私のこと嫌ってましたね。うちの家族のことも嫌ってたと思います。でも、会った時にはぜんぜんそんなそぶりは見せないんですよ。うちの家族は「イヤなことはイヤ」で表も裏もなく、その場でストレートに言うので、そういう義理の両親の態度が信じられませんでした。

義理の父も自営業で。結婚して元夫は家業を手伝い始めました。だけどもうね、仲が悪いんですよ。すぐにケンカになるし、それで機嫌は悪いし…。

さらに最悪なのは薄給なんですよね。生活費はこれね、と渡される額が少なくて…それでなくてもお金の管理なんか全然できず、適当に暮らしてきた私がやれるわけない! 結婚して専業主婦になってましたし、親にお小遣いもらってました(笑)そんなこんなしているうちに結婚した年の12月に妊娠がわかったんです。

パニック症候群になった元夫

26、27歳と立て続けに女の子を出産しました。両家ともに初孫だったのでそれは喜んでくれて可愛がってくれました。夫はというと、表面的には可愛がってましたけど、本当のところはどうだったか…まったく育児はノータッチでしたしね。

結婚してからも遊び人生活を平気で続けて飲み歩いてました。キャバクラなんかもしょっちゅう。私はなんかそういうものなのかなーとか思って全然気にしてませんでした。家族団らんとかも全然なかったけど、まあこんなもんかなあと。そんな時、子どもが2、3歳の頃だったと思うんですが、義理の両親と一緒に軽井沢に行こうということになって。私たちは新幹線で行ったんですが、元夫が急に真っ青になって立ち上がってデッキに行ったんです。私はのんきに子どもたちと過ごしていて「なかなか帰ってこないなあ~」くらいしか思ってなかったんですが、しばらくたつと戻ってきて「このままだと倒れるかもしれない」って。

「何事⁉」って感じですよね。結局パニック症候群だったんです。それ以来、スピードがダメ、高速道路も乗れない。はじめは各駅停車は大丈夫だったんですが、結局それもダメになりました。それ以来、私が夫の足となり、送り迎えをしてました。土日のサッカーの試合なんかも全部ついていって…小さな娘たちの世話もあるのに、本当によくやったなと思います。

ネットで中古バイクの販売をスタート

病気で稼ぎも悪い元夫。「このままじゃ生活していけない!」と思った私は当時ブームになっていた情報商材ブームにのっかって夫にすすめたんです。ネットで車を売るっていう。義理の母が中古品を売って稼いでいたので、真剣にやったらいけるんじゃないかな? と思って。

そうしたら、ドンピシャでハマって、ちょっとづつ回り始めたんです。で、そうこうするうちにスピードがダメなくせに、元夫がバイクにはまって免許をとったんです。それで、バイクを買っては飽きたら売って新しいのを買うってことを繰り返しはじめたんです。そのうち、いつも自分が買っている近所の中古バイクの業者が儲かっているということを聞きつけ、仲良くなってノウハウを聞き出したんです。元夫も中古バイクを販売し始めたら、これがまあまあ軌道にのって。

バイクを揃えるならガレージが必要だってことにになり、買っていたマンションを売ってガレージがある中古の一軒家を買ってそこを事務所にして販売を始めました。

一番仲の良かったママ友と夫が不倫

その頃からかなあ…どんどん夫の私へのモラハラが酷くなってきて。毎日飲み歩いて帰ってきては私に暴言を浴びせる「お前ってなんにもないよな」とか。なんか言うと胸ぐらをつかまれて怒鳴られて。私の両親から借金もしているのに、なんの感謝もない。そういう話になるとすぐ「かえしゃいいんだろ!」と怒鳴る。そうこうしているうちに私はどんどん洗脳されていって「私が悪いのかな」ってなってしまって。本当に恐ろしいですよ…。元夫はパニック症候群を持ったままだったから、「病気だししょうがないな」とも思っていましたね。その頃には義理の両親とのケンカで包丁持ち出したりもしてましたけど、みんな「病気だからしょうがないよね」って。最悪ですよ。

どんどんお金周りがよくなっても私の両親にはお金は返さず、夜遊びがますます派手になっていきました。そんなある日です。朝方、でっかい鼻歌歌いながら帰ってきたんです。朝帰りが多くなっていたってこともありますが、なんだろう…女の直感ですよね。携帯を見たんです。そうしたら…一番仲の良かったママ友と不倫していたんです。彼女はシングルマザーだったんですけど…もうなにがなんだかわかんなくて。

叩き起こして、「○○と不倫してたんだね。もう離婚だね!」と怒鳴ったら逆ギレですよ。「テメェなに探偵みたいなことしてんんだ!」って。で、「○○と会えないと寂しい。だから○○とは別れない」って。「はあ?」ですよ。こちらとしては「離婚だ!」って言って、あっちが「ごめんなさい。もう二度としません!」っていうと思ってんのに、「会えないと寂しい。別れない」ってナニ⁉ パニックになってそこから子どもたちを連れて実家に戻りました。

三人の幸せのためにもうパパとは会わない

どう考えても私は悪くない。信頼している人に「絶対に別れたほうがいい」って言われて。なんだか我に返って。やっと自分を取り戻した感じです。それで、離婚届を書いてハンコを押させました。やり直したいというメールやなぜか私の誕生日に指輪が届いたりしましけど、もう私の気持ちは変わりませんでした。元夫の両親は5、6回離婚しては結婚してを繰り返しているような人たちなので、元夫も私の気持ちが落ち着けばどうせまた再婚するだろう、という軽いノリだったみたいです。そんなわけないですよね。

子どもたちには辛い思いをさせました…。小学校低学年の時です。三人で一緒にお風呂に入って、「もう当分の間パパには会えない。それが三人の幸せのためだ」って伝えました。三人の生活をスタートさせるけじめをつけたくて、もう元夫には一切関わってほしくなかったから。「パパと会えないなんて嫌だ!」って号泣する子どもたちを見て、私も泣いて。でも「パパとこれからも会うのならもうママには二度と会えないんだよ」って。それでどうにか納得してくれたのかな…それからは二度と会いたいって言うことはありませんでした。今は高学年になりましたが本当にふたりとも良い子で。自慢の娘たちです。

ママ友の会社で社会人一年目を経験

しばらく実家にいましたが、自立して子どもふたりを私が育てるという自覚を持つためにも3人暮らしをスタートさせました。社会にでる1歩として、家の近所の通販の梱包の仕事を始めました。派遣登録もして融通をきかせてくれる会社で仕事も始めました。その頃、起業セミナーなんかにも行きだしてブログやFacebookも始めたんです。ブログには日常を綴って、Facebookは同じような感覚を持つコミュニティに参加して、どんどん友だちが増えていったんですが、そのうちに「なんか違うなあ」と感じ始めて。なんとなく、弱者をカモにしてビジネスをしているような気がしてきたんです。

そんな時に学童の集まりで、あるママに出会ったんですが、彼女は会社を経営していたんです。で、プライベートで仲良くなって、私の現状を話したら「うちで働かない?」って言われて働き始めました。まともに会社で働くのなんて32歳にして初めてですから、もう完全に新卒扱いです。「本当の新卒よりタチが悪い新卒」と言われたり(笑)そりゃそうですよね。30歳すぎたおばちゃんですから! とにかくがむしゃらに頑張りました。

最初は何もかも始めてで全部が楽しかったのですが、だんだん仕事を続けるにつれ、ママ友が社長の会社で働くというジレンマに陥り始めました。プライベートと仕事の区別がつかなくなってきてしまったんです。毎日イライラし始めて…そんな時に、会社の業績が悪くなって、希望退職者を募りだしたんです。それでちょうどいいかな、と思って退職することにしました。

娘たちに大人っていいもんだなって思われるようになりたい

ママ友の会社で働いていた時に飲み友達になっていた社長さんがいて、私が退職するってことを伝えたら、うちで働かないかって言ってくれて、その会社に入社することにしました。ラッキーですよね。去年の6月のことです。今はようやく仕事の内容も理解して自分の頭で考えて動くことができるようになってきました。

ものすごく遅い…37歳にしてなんですが、近ごろようやく“働く”って言うことに対して真剣に向き合うようになったんです。“働く”ってどういうことなんだろうって。今、働く達成感をものすごく味わっています。仕事をして「あなたのおかげ、ありがとう」なんて言われたらもう最高ですよね。社会の役に立ったんだってものすごく感じます。

仕事を通して自分という人間が見えてきてもいます。自分を知るために仕事は必要不可欠です。お前が言うなって感じですけど(笑)でもね、子どもたちに私が楽しんで仕事をしている姿を見せたいんです。それで、働くって大人って楽しんだなあって思ってもらいたい。私を通して大人っていいもんだって思ってもらいたい。まだまだ新入社員に毛が生えたような私ですけど、これから娘たちと3人毎日楽しんでいきたいと思います! あ、ゆくゆくはパートナーも欲しいです(笑)



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ビール大好き2児の母。食べること飲むこと観ること喋ること大好きです。カミカオツヤハリが超気になる今日この頃です。

関連するキーワード


離婚 別居 留学 不倫

関連する投稿


【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

大手新聞の夕刊に“セックスレス”や“不倫”の文字が並ぶ…性に対してオープンになりつつある今でも少しの驚きをもって読み進める朝日新聞の「オトナの保健室」企画。記者の皆さんは朝日新聞という大手メディアのなかでどんな想いをもって、この企画に取り組んでいるのか伺いました。その後半です。


朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞夕刊に月に一回掲載になる「オトナの保健室」という企画をご存知でしょうか? 先日、企画をまとめた一冊の本が発売になりました。そこには2015年4月にスタートしたオトナの保健室に寄せられた読者の赤裸々な想いが詰まっていました。日本を代表する大手新聞の夕刊にこんなことを掲載していいんだ…という衝撃が走り、どうしても記者の方々にお話を伺いたくなり、インタビューを申し込みました。その前半です。


実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

そんなつもりはなかったのに、ふいに訪れた出会いに心が揺れてしまう。夫以外の男性に関心を向ける瞬間も、長い結婚生活ではあるかもしれません。でも、本当に不倫に走ってしまうのはまた別の話。多くの妻が安易に流されずに踏みとどまっています。実際に不倫に走りそうになった瞬間にはどんなものがあるか、エピソードをご紹介します。


夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

いつどうなるかわからないのが結婚生活。ごく普通に幸せに暮らしていたのに、ある日突然、パートナーから離婚宣言されることもあります。今回は、突然、夫から離婚を言い渡された妻からの相談です。ある日パートナーから「好きな人がいる」「離婚したい」と言われたら、あなたはどうしますか?


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
www.best-cooler.reviews/category/coleman/

gas-energy.com.ua

станозолол