【35歳からのリアル 私たちのホンネ#5/前半】就職する気なんてサラサラなし!3か月で退社のお気楽人生

【35歳からのリアル 私たちのホンネ#5/前半】就職する気なんてサラサラなし!3か月で退社のお気楽人生

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


37歳にして社会人3年目⁉ お気楽に生きていた彼女の場合

「私たちのホンネ」シリーズ5回目は貴子(匿名)さん、37歳。ピアノの英才教育から逃げ出し、お気楽人生を送ってきたと思ったら結婚を機に人生の歯車がどんどん加速していきます。思いもよらない…いや必然的にそうだったのか…貴子さんのインタビューお楽しみください。

4歳の頃から音大を目指しピアノの英才教育

私は厳しい父と教育熱心な母との間に生まれた4人姉弟の2番目です。ピアニストになりたかった夢を娘たちに託した母のもと、4歳からピアノの英才教育を受けました。

学校から帰ってくると、友だちと遊ぶことも許されず毎日ピアノや塾などの習い事に明け暮れる日々…。小学校高学年の時に全国ピアノコンクールで賞をとったこともありました。そんななか、中学生の時にふと、「なんで私は周りの子と違ってこんなに練習ばっかりして遊べないの?」と思いプツンと何かが切れちゃったんです。

反抗期ってこともありましたね。「ピアノはもうやめる!」と宣言。母は大反対しましたが、父は、「ピアノをやめるのはいい。その代わり、ピアノのように打ち込むものをなにか見つけなさい」と言ったんです。

それで、昔から英語が好きで中学の時、代表で英語のスピーチをしたりもしていたので「英語を極める!」と宣言して、英語の勉強に力を入れ始めました。

短大を卒業するも就職する気はゼロ

幼稚園から高校まで地元の学校に通っていて大学は「都内に行きたい!違う世界が見たい!」と、都内の短大へ進学しました。いわゆるキラキラなキャンパスライフを期待していたのですが、まったくつまらなくてガッカリ。友だちも全然できませんでしたね。

唯一仲良くしていた子とふたりで短大2年生の時に休学して、アメリカに1年弱留学しました。ここでもまた遊びまくり、ろくに勉強しませんでした(笑) 仲良くしていた子とは留学中にギクシャクして仲良くなくなっちゃいました。その後、短大に復学し、割とまじめに卒業まで過ごしたんですが、就職する気はゼロでした。まったく危機感もなかったですね。

そもそも両親が自営業で、会社員になるっていう感覚がなかったというか…。バイトも一度もしたことがありませんでした。遊ぶお金はその都度、両親に貰っていたし、洋服や欲しいものは両親と一緒に買い物に行けば何でも買ってくれるし…。私ほんとうに最悪ですね(笑)

わずか3か月の研修期間の後グアムに社員旅行に行き辞職

卒業して何か月間かブラブラしていたんですが、さすがに両親から「これからどうするんだ?」とプレッシャーをかけられ始め、私もそんな生活に飽きてきてもいたので、アルバイトを探す雑誌で旅行会社の仕事を見つけて就職しました。

仕事を始めたのはいいんですが、思った以上に忙しくてハードで辛くって。さらに営業マンの上司からストーキングをされたんです。毎日待ち伏せされたり、しつこく飲みに誘われたり、電話してきたリ…絶対に付き合わないし、無理だって言ってるのに、まったく聞き耳をもたず。同期に相談したら先輩に話をしてくれて、先輩が社長に話をして、社長から直接注意を受けてストーキングは終わりました。

まあそんなこともあり…入社して3か月研修期間でその後グアムに社員旅行があったんですが、その旅行に行ってやめました。私…ほんとなめてますね(笑)

父親には事後報告で、ストーカー被害のことや仕事がハードワーク過ぎたということを泣きながら訴えて許してもらいました。…本当に許していたかどうかはわかりませんでけど…(笑)

高校の先輩とあれよあれよという間に結婚

またしばらくプラプラしていて、そんな時に新聞の折り込みで子どもに向けて英語を教えるアルバイトを見つけてまた仕事をスタートしました。週4日、未就学児童から中学生まで教えていたましたね。本当にゆるーい感じで、完全に暇つぶしのアルバイト感覚です。そんな時に、元夫と仲良くなって付き合い始めたんです。

元夫は同じ学校の先輩。姉と同級生でした。当時からすごくモテる人で高校時代は話したことはありませんでした。たまたま再開してご飯を食べに行くようになって付き合い始めました。22、3歳の頃だったかな。それから1、2年付き合った頃、結婚なんてまったく考えてなくて、漠然と英語力も中途半端だし宙ぶらりんだなあと思い始めて。留学でもして資格でも取ろうかなーと、ポロッと元夫に言ったんです。そしたら不機嫌になって「待たねえよ」と言われ。

同じ時期に父親に付き合っているのがバレたんですよね。両親同士が知り合いだったので「なんで挨拶にこないんだ!」となり、挨拶に行ったら、「当然結婚を考えているんだよな」という話の流れで…25歳の時に結婚しました。

ここまでの人生、貴子さんは特に何かを頑張るわけでもなく流し流されやってきたような感じです。しかし…これからいよいよ貴子さんが踏ん張らなければいけない人生の幕が上がります。後半に続きます。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ビール大好き2児の母。食べること飲むこと観ること喋ること大好きです。カミカオツヤハリが超気になる今日この頃です。

関連する投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

転職があたり前となった時代、キャリアを見直すタイミングが人生で何度か訪れると思います。しかし、数回のことだからこそ面接でどう話していいかわからないのは当然ですよね。今回は、面接対策をロジカルに考えて解説します。


夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

いつどうなるかわからないのが結婚生活。ごく普通に幸せに暮らしていたのに、ある日突然、パートナーから離婚宣言されることもあります。今回は、突然、夫から離婚を言い渡された妻からの相談です。ある日パートナーから「好きな人がいる」「離婚したい」と言われたら、あなたはどうしますか?


39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

せっかく好きな仕事につけたのに、人間関係でストレスを感じる。転職理由の多くは、「人間関係の悩み」というデータがあります。上手に気持ちを切り替えるにはどうしたらいいか。転職する前にできることはなにか?ロジかわ思考でお悩みを解決します!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング