堀切菖蒲園「のんき」もつ焼きと下町ハイボール 人々に愛されて70年以上【中沢文子の女・酒場巡礼#6】

堀切菖蒲園「のんき」もつ焼きと下町ハイボール 人々に愛されて70年以上【中沢文子の女・酒場巡礼#6】

中沢文子の女・酒場巡礼第6回は、堀切菖蒲園でもつ焼き!全国からのんべえが訪れるほど京成立石をはじめ下町エリアの酒場巡りが流行中ですが、酒好きがひそかに通い、名店が揃い踏みしているのが堀切菖蒲園。なかでも、もつ焼きなら「もつ焼 のんき」です。名物「しろたれ」や下町ハイボールの味わい深さ、アットホームな雰囲気にノックアウトです!


3代続くエリア屈指のもつ焼き

今、じわじわブームになっている琥珀色の「下町ハイボール」。京成堀切菖蒲園や立石、鐘ヶ淵といった下町エリアで主流のお酒で、通称“ボール”といわれています。素に焼酎、炭酸を加えて飲むのが倣いで、素のベースは梅エキスなどと言われています。が、各店で入れているものや調合の仕方が異なり、何が入っているかはシークレット。そして微妙に味が違うから、ついついはしごをしてしまいます。

口の中でシュワシュワ弾け、後味さっぱりしたボールに合わせるなら、もつ焼きでしょう。といえば、筆頭に挙がるのが京成堀切菖蒲園駅のそばにある「もつ焼 のんき 堀切本店」です。70年以上続く名店で、現在の店主山﨑敦さんは3代目にあたります。

代々引き継がれた手法と味を守り、その変わらぬおいしさから多くの人々に親しまれ、2代で通う家族もいるほど。口開けから満席になることも多々です。

70年守られた技が冴える「しろたれ」はぜひ

もつ焼きは、仕入れた肉を店ですべて手でさばき1本1本串に刺し、注文ごとに炭火で焼き上げます。

焼き物は、かしらやはつなどありますが、ぜひ食べてほしいのが「しろたれ」です。表面はほんのり香ばしいのに、とろけそうなほどトロットロ。しかも特有の臭みがないのは、独自の手法で数時間茹でているからと推測。さらに肉の旨味が詰まった“秘伝のタレ”のほどよい染みこみ具合に、ただ感動するばかり。丁寧な仕事ぶりが伺えます。

次にお試しいただきたいのが、「レバネギ」です。ほどよい加減に焼き上げられたレバと、ごま油、ネギなどが絶妙のハーモニー! 一度口にした人は病みつき間違いなしです。

ハツモトはコリコリした食感がたまりません。

注文の仕方としては、1皿4本400円。例えばシロ2本、レバネギ2本のハーフ&ハーフ4本の組み合わせは可能ですが、1種類ずつ4本はNGなので、お気を付けを。

マニアに支持される「ポテサラ」

焼き物だけではなく、一品料理も頼んで欲しいものばかり。まずは「ポテサラ」(400円)です。じゃがいもときゅうり、玉子、マヨネーズといたってシンプルですが、毎回頼んでしまう滋味深さ。お好みでソースをかけるのが下町流です。

「がつ刺」(400円)は、コリッとした食感をアクセントに残しつつもやわらかく、臭みがないあたりに技が光ります。こちらタレはにんにく、しょうが、酢味噌の3種から選ぶことができます。また箸休めにぴったりなのが

「おしんこ」(290円)です。70年の糠床で漬けられ、年季を感じます。

お酒で女性に人気なのが、しそうめ味の「バイス」(360円)、冒頭で登場した「ボール」(290円)、抹茶が濃厚な「抹茶ハイ」(390円)です。「ボール」は口当たりの良さからつい飲みすぎてしまうので、注意しましょう!

伝統を継承しつつも、新たにチャレンジ!

こちらの歴史で注目すべき点は、店主は世襲制ではなく、のんきを愛する常連客が受け継いでいる点です。一番右が3代目の山﨑さん、中央がマネージャーの空さん、一番左が店長の孝さんです。

現3代目の山﨑さんも常連客かつサラリーマンでしたが、この味をなくしたくないことから継承しました。
アイデアマンの山﨑さんは伝統の味を守りつつも、ハルピンキャベツといった新しいメニューも積極的に取り入れ盛り上げています。

またTシャツやバッグをはじめとするオリジナルグッズも販売。2015年には綾瀬駅のそばに綾瀬店も開店しました。綾瀬店は、テーブル席がメインで、「もつ鍋」(要予約・2人前2800円)や「炭火焼きハンバーグ」(680円)など本店にはないメニューも揃えています。

味よし、雰囲気よし、笑顔にしてくれる店

店内は二の字の対面式のカウンターになっていて、スタッフとお客の距離の近さがいいところ。スタッフと話をしているうちに、肩を並べた隣席のお客といつのまにか話していたというケースも多々。酒や料理を楽しむだけではなく、ほのぼのしていて和ませる独特の雰囲気も魅力といえましょう。

いつも飲んでいる店から、ちょっと冒険をして違う店へ足を延ばしてみませんか? いい出会いが人生をいい方向に変えてくれるかもしれませんよ!

酒場&グルメライター 中沢文子

のんき
住所:東京都葛飾区堀切5丁目20−15
TEL:03-3601-4052
営業時間:17:00~22:00(日祝は~21:00)
定休日:水曜



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

お酒が大好きなグルメライター。女性が楽しく飲める酒場を発信。

関連する投稿


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

中沢文子の女・酒場巡礼第8回は、センベロの聖地「野毛」にある「ぴおシティ」。赤い提灯が目印の立ち飲み店「国民酒場じぃえんとるまん」は、昼12時から営業し、なんとサッポロの赤星大瓶が400円のうえに、料理は100円~楽しめる正真正銘の「せんべろ」店です。しかも女性店長で、女性一人でも安心して立ち寄れるのも魅力です。


【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

中沢文子の女・酒場巡礼第5回は、横浜・お加代。日本ならでは食のひとつ「焼鳥・モツ焼き」。焼く芳しい香りにそそられ、ついついお店に入って飲んでしまった…なんてことがありませんか? 代名詞のしろはもちろん、アイデア光る創作串を味わうなら、横浜駅で昭和28年から続く焼鳥の「お加代」です。ご主人も常連さんも温かく、女性も1人で気軽に飲むことができます。


上野「遊食家 Boo」キャラクター“ウアモウ”に心癒されながら飲める洋風居酒屋【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #3】

上野「遊食家 Boo」キャラクター“ウアモウ”に心癒されながら飲める洋風居酒屋【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #3】

中沢文子の女・酒場巡礼第3回は、上野・遊食家 Boo。「食べて飲んで遊べる楽しい家」をコンセプトにバール×居酒屋を組み合わせた「遊食家 Boo」キャラクターのウアモウちゃんがお出迎え。雰囲気よし! 味よし! コスパよし! で、女性ひとりでも心置きなく楽しむことができます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


経年劣化だけじゃない! 地震に豪雨、何かあった時のお家のトラブルを最小限にする方法

経年劣化だけじゃない! 地震に豪雨、何かあった時のお家のトラブルを最小限にする方法

お家の小さなトラブルをそのままにしていませんか?建ててから10年程たつと修繕が必要になってくるといわれるお家のトラブルをほうっておいてはいけません。ホームラボなら全国津々浦々あらゆるお家のトラブルに対応する修理業者を無料で紹介します。いつでも気軽にお問い合わせください。


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
aboutviagra.info

сколько стоит услуги суррогатной матери