女性であることを楽しんでキラキラ輝く!【ライフスタイル“美”メソッド #6】

女性であることを楽しんでキラキラ輝く!【ライフスタイル“美”メソッド #6】

ついつい型にはめて「こういう立場なんだからこんなことしちゃダメだよな」とか「もうアラフォーなんだからこんなこと始めるなんて遅いよね…」など考えてしまいませんか? でももっと一人の女性として“女”であることを楽しめばいいんです! 今回はそんな“一人の女性として輝く”ヒントを栗本さんに教えていただきました。


思い通りにならないことを許せる心を持つ

昔は私自身、“○○○だから”こうでなければならない(こうしないといけない)という枠にはめて行動をする女子でした。その傾向がもっとも強かったのは20代のモデル時代です。

「モデルだからこうでなければならない」

と強く思っていました。今から思うと力んで生きているな~と可愛く思えますが(笑)

結婚してからも“結婚しているから”“子供がいるから”は私の中で少なからずありました。特に子供に関しては強かったです。

「子供がいるから夜は外出してはいけない」
「子供がいるからいい母親でいないといけない」

“子供がいるから”と。とにかく子供にこだわっていたんです。

そうやって勝手に自分でプレッシャーをかけていたので正直、育児が辛かった時期もあり“ストレス”もすごく感じていました。

“○○○だから”こうでなければならない(こうしないといけない)という枠から抜け出すには、前々回の記事でも書かせて頂きましたが「柔軟性を持って思い通りにならないことを許せる心を持つ」に繋がるのではと思います。

自分が“女性である”ということを常に意識する

私は自分が“女性である”ということを意識するために【目配り】【気配り】【心配り】の3点をいつも心がけています。

女性の特徴としてすでに持っているものですので、これを少しのぞかせるだけでもグッと女性らしさがアップするんです。そしてどんなシーンでも使えますのでどんどん実践してみて下さい。男性からあなたへの接し方に変化があるはずです。なぜなら、あなたを【女性である】と男性が意識するからです!

ママ友達に【目配り】【気配り】【心配り】の素晴らしい方がいます。

まず、【目配り】とは相手の事をしっかりと注意して観察する事です。

私が体調が優れないなぁ〜と思って座っていると、スッとお水を出してくれて「大丈夫? 良かったら」と優しい一言…。私が男性なら確実に恋しますね(笑)

【気配り】とは相手を思いやって、気をつけることはないか考えることです。

学校の名札をよく一緒に洗濯してしまうのですが「これだと一緒に洗濯しても汚くならないよ」とテプラで息子の名前も作ってきてくれる優しさ…。

【心配り】とは相手のためになるような行為行動をとること。

突然、息子の目が赤く痒みが出て「どこかいい眼医者さんはないかな?」と話していたらすぐに調べて情報を教えてくれました。

彼女にしたらちょっとした事かもしれませんが、その優しさに触れた人は心を奪われてしまいますよね! そんな彼女は立ち振る舞いもとても美しく女性としての魅力に溢れています。

ファッション、香り、立ち居振る舞いで女性スイッチオン!

私は女性であることを楽しむためにファッションをスイッチにしています。

日々、忙しくても月に1,2回はおしゃれをして出かける時間を必ず作るようにしているんです。子供と過ごす時にハイヒールを履くことはないので、一人時間の時にはハイヒールを履いてより女性を意識した装いで美容室に行ったり、その帰りに必ず素敵な空間でお茶をしたり、ぶらりとウインドーショッピングをしたり人間ウォッチングをして楽しんでます。

近所を歩くときも、ミネラルファンデーションで薄化粧をしてラフですがきちんと感を心がけています。

そして何より香り! 香りは人によって好き嫌いがありますので自分が楽しむくらいのふわっと香る程度を意識して、その日の気分によってボディークリームやネイルオイル・香水など好きなものを色々と楽しんでいます。

あとは姿勢・ウォーキング・立ち居振る舞いです。職業柄、ほかの方の姿勢や歩き方などを観察する癖がありますが、自身の動きも見直すいい機会となっています。姿勢・ウォーキング・仕草で【女性らしさ】を楽しむことはさらに自分を向上させることに繋がっていきます。

感性と自分自身を磨き続けることで自分らしく素敵に年齢を重ねていけたらと思っています。

ひとりひとりの女性がありのままで楽しむことで生きやすい世界へ

とにかく【こうでなければならない】を取っ払うことで、妻として母として一人の女性として自分らしく楽しみながら生きることができると私は思います。

そして、ひとりひとりの女性がそういう意識のもと活躍することで社会が活性化して生きやすい世界になるのではないかと思っています。

女性であることが当たり前すぎて意識しない日々から、女性で生まれたことに喜びと感謝をし、楽しむことでキラキラと光輝いてほしいなと思います。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

モデル・美姿勢トレーナー/クラシックバレエのメソッドをアレンジしたオリジナルエクササイズをもとに美姿勢、仕草などを発信

関連する投稿


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


【Bramanoli 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【Bramanoli 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

「何をしたら結婚できるの?」と何か新しく始めようとする方も多いのですが、ちょっと待って欲しい。“何かを始める”ことより、“何かをやめる”ことの方が効果があるのです。40代で結婚した方がやめた5つの悪習慣をご紹介します。あなたもやっているなら、即やめましょう。


私の彼は“派遣社員” そろそろ結婚したい【オトナの幸せ恋愛心理術 #15】

私の彼は“派遣社員” そろそろ結婚したい【オトナの幸せ恋愛心理術 #15】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

ご結婚されたアラフォーの方々のお話を聞くと「昔の私ならば絶対に選ばない男性と結婚しました。見落とさなくてよかった」なんてことをよく聞くのです。 以前は「ナシ」にしていたけれど、彼のことを知っていくうちにいい人だと思えてきたというのです。かつてならば「ナシ」にしていたのはいったいどんな理由からなのでしょうか?


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
blue roses symbolism

別れさせ屋