ご存知ですか? 不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

ご存知ですか? 不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

セックスしなかったら、気になる男性とふたりで食事に行ってもセーフ? 実際に不倫はしないけど雰囲気は楽しみたいと思っても、気づかないうちに奥底にある不倫願望が見え隠れしています。遊びたい男性からすれば、それは格好のターゲット。自制心を育てるなら、願望をほかに向けることを考えましょう。


相手との関係に自分の欲は持ち込まない

不倫とは、自分が既婚者であったり相手が既婚者であったり、配偶者のいる人間がほかの異性と肉体関係を結ぶことを言います。じゃぁ、セックスしなければOKなの? と思うかもしれませんが、それはあくまで結果論。「そうなるかもしれない状況」に身を置くことで、すでに片足を突っ込んでいると考えるくらいの慎重さを持ちたいですね。

たまには夫以外の男性とも過ごしてみたいなぁ、と思うときもあるでしょう。ほかの男性とドキドキする時間を過ごしてみたい、セックスまでは考えていないけど、ちょっとスリルを楽しんでみたい。そんなささやかな欲望は、結婚生活が長くなれば誰でも頭をよぎる瞬間はあります。

ですが、その欲を身近な人間にぶつけたり、相手を探そうとするのは一番避けたいことです。相手との関係に自分の欲を持ち込むのは、下心を誘います。自分ではただの火遊びのつもりでも、相手が本気で好意をもってきたら。実際にセックスしていなくても、「私は潔白」と言えるでしょうか。

見透かされる「不倫願望」

セックスだけを楽しめる気軽な相手を探している男性にとって、こんな欲望を持つ女性は簡単にターゲットになります。「素敵な女性だ」「旦那さんが羨ましい」「人妻でなければ」など、甘い言葉を並べ立ててその気にさせようとします。

女性の側は「ただ雰囲気を楽しみたいだけ」という気持ちであっても、その奥底にあるのは「本当にセックスまでたどり着くことなんてあるのかしら」という興味と関心。夫以外の男性に抱かれるという未知の経験に、畏れと憧れを密かに持っていることがほとんどです。

不倫に慣れている男性は、女性の欲望を敏感に見抜きます。「押し続けたら落ちるな」と確信できるのは、女性の態度が自分の思った通りに動くから。もう夫からは言われなくなったであろう、容姿を褒める言葉や女性としての魅力を称えるようなセリフを並べるだけで、女性の気持ちが「妻から女」に変わっていくのが手に取るようにわかるからです。

「いけないとわかっていても好きになってしまった」。こんな言葉、自分に対して恋愛感情を抱く男性がまだいる、という女としての喜びを目の当たりにして、動揺しない女性はいないでしょう。その刺激こそ、求めていたもの。「体目当てなんだろうな」という不安があっても、男性の積極的なアプローチに流されていつの間にか関係を持ってしまう女性は大勢います。

自制心は自分のために育てるもの

一度肉体関係を結んでしまえば、もう元には戻れません。夫を裏切り、家庭をないがしろにしたという事実は一生残ります。そんな過ちがバレてしまえば、何もかも失う結末だってあります。不倫はそれだけリスクの高いもの、決して一時の気持ちの盛り上がりで受け入れて良いものではないのです。

ほかの男性ともスリルのある時間を楽しみたい。そんな願望は、他人に向けるのではなく自分の中で消化させましょう。自制心は、何より自分のために育てるものです。他人と関わりたくなったら、親しい女友達を誘っておしゃべりを楽しみましょう。会社の同僚数人でたまには飲み会を開いて騒ぐのもストレス発散。筆者の場合は、大好きなカラオケで歌い倒すのが良い気分転換になっています。

刺激を与えてくれるのは、夫以外の男性だけではありません。子どもと公園で思い切り走り回る時間だって、笑顔が止まらない貴重な時間です。必要とされたい、愛されたい気持ちは、家族からも感じることができます。

願望を持つことそのものがいけない、というわけではありません。そんな自分を感じたら、自制心を持って行動することを思い出すのが賢明な妻であると言えるのです。

改めて夫に恋をする

そして、改めて夫と向き合ってみるのも、女として恋心を再燃させる良い機会です。今さらあんな旦那に恋なんて・・・と気が進まない女性もいるかもしれませんが、あなたにとって一番身近な男性は夫。あなたを誰より満足させてくれるのは、本来夫でしかありえないはずです。

ちょっと豪華なご飯を作って夫を驚かせる。新しい服をプレゼントする。そんな、生活に密着した愛情を伝えられるのも、夫婦という関係ならでは。妻から労りの言葉をかけられることを嫌がる夫はいません。そして、そんな妻の様子に改めて幸せを感じて、大切にしようと思うのも夫なのです。

軽はずみな行動が良い結果を生まないことは、どんなことでも同じです。不倫願望を見透かされること、それを利用されることは、それだけ妻としても女性としても軽く扱われることを指します。そんな扱いを自分に許さないことこそ、最大の自制心であるとも言えますね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

大手新聞の夕刊に“セックスレス”や“不倫”の文字が並ぶ…性に対してオープンになりつつある今でも少しの驚きをもって読み進める朝日新聞の「オトナの保健室」企画。記者の皆さんは朝日新聞という大手メディアのなかでどんな想いをもって、この企画に取り組んでいるのか伺いました。その後半です。


朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞夕刊に月に一回掲載になる「オトナの保健室」という企画をご存知でしょうか? 先日、企画をまとめた一冊の本が発売になりました。そこには2015年4月にスタートしたオトナの保健室に寄せられた読者の赤裸々な想いが詰まっていました。日本を代表する大手新聞の夕刊にこんなことを掲載していいんだ…という衝撃が走り、どうしても記者の方々にお話を伺いたくなり、インタビューを申し込みました。その前半です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。世界にあって日本にない避妊具も含めてご紹介いただきました。スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもので、そのための選択肢が用意されていて、情報提供もされています。日本の女性たちはそもそも選択肢があることも知らされず、選択できていないのです。第三回目は、避妊具と避妊方法について伺いました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
best-cooler.reviews

www.avtopoliv-gazonov.kiev.ua

www.start-sport.com.ua