実録!ラブマッサージレッスンで人生が変わった【大人のラブ♥パートナーシップ#16】

実録!ラブマッサージレッスンで人生が変わった【大人のラブ♥パートナーシップ#16】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回、ラブマッサージレッスンについてご紹介しましたが、今回は実際にレッスンを受講された3名の方のビフォーアフターを大公開します! 年齢も状況も違う3名が、ラブマッサージで人生を変えた実話、ぜひご覧ください。


離婚も考えた夫婦関係が劇的に改善!

東北にお住いの50代の淳子さんは旦那様とのセックスレスに悩んでいらっしゃいました。年上の旦那様は体の不調から、まったくセックスができなくなってしまい、淳子さんは離婚まで考え始めていたそうです。

そんな時に、ラブマッサージを知り、最初はこの歳でそんなことを教わるなんて恥ずかしいし、変な風に思われたらどうしようと不安だったそうなのですが勇気を出して受講されました。

淳子さんのように、長くセックスレスだったところから、いきなりマッサージというのも、なかなか抵抗があると思います。そこで、まずは毎日「お疲れ様」と笑顔で迎える、何気ない挨拶や、肩もみ、というところからコミュニケーションを築いていきます。いきなりラブマッサージができなくても、心配しないで大丈夫。

淳子さんも、小さなコミュニケーションを続けて、やがてラブマッサージもできるようになり、少しずつ旦那様と仲良くなれたそうなんです。セックスは昔のようにはいかないけど、ハンドマッサージだけでも満足してもらえて、淳子さん自身も身体が楽だそうです。なにより旦那様が優しくなったとのこと。本当に良かったです!

20代の彼ができました! ラブラブです♡

40代の看護師の真紀子さんは当時、気になる20代の男性Aさんがいました。そこで最初に「痩せてきれいになって、その方とラブラブになる!」という目標を立てました。もともとマッサージが大好きだった真紀子さん。自分が好きなことで相手によろこんでもらえる! と張り切っていました。

でも、自分と彼の年齢差や、彼がとてもモテることに、いまひとつ自信を持てずにいました。そこで、大人の女性にしか出せない魅力を発揮するチャンスと気持ちを切り替え、素敵なバーやレストランでデートをして、真紀子さんが彼をリードする方向に完全転換! 若い女の子ができない仕事の相談にのったり、彼の上司とも会って交流を深めたり、次第に彼との距離が近くなっていきました。

自信がつきはじめた真紀子さんはAさんに「マッサージを習い始めたので練習台になって♡」とお願いし、その日から頻繁に会えるように。やがてAさんとお付き合いも始まってラブラブになったそうです。もうひとつの目標だった“痩せる”も見事に達成されました!

ラブマッサージで大好きな彼と結婚!

30代の会社員T.Nさんは、なんとラブマッサージを受講して彼と結婚されました。大好きな彼に、ずっと一緒にいてほしい、と思ってもらえる自分になりたいと思い、ラブマッサージを受講されたんです。

彼に対する愛しい気持ちが手を通して優しく伝わっていく感じがすると仰ってくださっています。ラブマッサージの魅力は、なんといっても「女性が自然体で愛を伝えられる」ことにあります。過剰ニ何かをする必要はなく、またお金もまったくかからず、本当に真心とやさしさと愛が伝わるスキンシップです。

逆にやってはいけないNGポイントは、「マッサージしてあげてる」という見返りを求める言動や雰囲気。「これをしたら結婚してもらえるはず!」「私を選んでくれるわよね?」という感じだったら、T.Nさんは彼からプロポーズされてなかったと思います。あくまでも、愛や感謝を伝えるコミュニケーションとして活用してくださいね。

今回はラブマッサージを使って、人生をよりよくした3名のストーリーをご紹介しました。大人のラブコミュニケーションとして、ラブマッサージが使えるといざという時に大変役立つと思います。

今、魅力的なアラフォー女性が選ばれる時代になってきていると感じています。ぜひハッピーなラブパートナーシップを楽しんでくださいね!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

大手新聞の夕刊に“セックスレス”や“不倫”の文字が並ぶ…性に対してオープンになりつつある今でも少しの驚きをもって読み進める朝日新聞の「オトナの保健室」企画。記者の皆さんは朝日新聞という大手メディアのなかでどんな想いをもって、この企画に取り組んでいるのか伺いました。その後半です。


朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞夕刊に月に一回掲載になる「オトナの保健室」という企画をご存知でしょうか? 先日、企画をまとめた一冊の本が発売になりました。そこには2015年4月にスタートしたオトナの保健室に寄せられた読者の赤裸々な想いが詰まっていました。日本を代表する大手新聞の夕刊にこんなことを掲載していいんだ…という衝撃が走り、どうしても記者の方々にお話を伺いたくなり、インタビューを申し込みました。その前半です。


【#FocusOn】『〈女子力〉革命』刊行記念 萱野稔人×ジェーン・スー対談「人生100年時代の女子の生き方」イベントレポート

【#FocusOn】『〈女子力〉革命』刊行記念 萱野稔人×ジェーン・スー対談「人生100年時代の女子の生き方」イベントレポート

人生100年時代と言われている今、従来通りの人生モデルが通用しなくなりつつあります。そんな時代をどう生きればいいのか? という問題に津田塾大学・萱野稔人教授と学生たちが真正面から向き合って対策を練ったものをまとめたのが『〈女子力〉革命――人生100年時代を生きぬくために』(東京書籍)です。刊行を記念して萱野稔人教授と作詞家でコラムリスト、ラジオパーソナリティのジェーン・スーさんの対談が行われるということで行ってまいりました。


アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

ご結婚されたアラフォーの方々のお話を聞くと「昔の私ならば絶対に選ばない男性と結婚しました。見落とさなくてよかった」なんてことをよく聞くのです。 以前は「ナシ」にしていたけれど、彼のことを知っていくうちにいい人だと思えてきたというのです。かつてならば「ナシ」にしていたのはいったいどんな理由からなのでしょうか?


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。


“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第一回目は【アラフォーの今読みたい 心をうるおす大人の絵本】です。


夫の股間を撫でてみよう「モーニングエレクションチェック」のすすめ【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#23】

夫の股間を撫でてみよう「モーニングエレクションチェック」のすすめ【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#23】

セックスレスの専門家、夫婦仲研究所 所長 三松まゆみ先生。毎回ビビットなテーマで大人気ですが、今回もまたとがっています! 朝こそ夫の股間を撫でてみようとはいったい…!?


【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松真由美さん。数万組の夫婦のお悩みに答えてきた三松さんがなぜ今のようなお仕事をしようと思ったのか、今、アラフォー夫婦たちになにが起こっているのか、セックスレスとはなんなのか、なぜセックスが大切なのか、などについてお話いただきました。刺激的なインタビュー第一回目です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://avtomaticheskij-poliv.com.ua

http://biceps-ua.com/

https://start-sport.com.ua