モラハラ夫と離婚を決意したとき必ずやらなければいけないコト【離婚を考えた時知っておくべき知識 #4】

モラハラ夫と離婚を決意したとき必ずやらなければいけないコト【離婚を考えた時知っておくべき知識 #4】

前回は、モラハラと修復の可能性についてお話ししました。世の中、「どんな関係でも修復できる」かのような情報も目にしますが、そのような情報を鵜呑みにせず、よく考えてからお金と時間を投資したいものです。今回は、離婚の準備について、お話ししたいと思います。


修復不可と離婚はイコールではない

修復と離婚が二者択一で語られることが多いのですが、そうとは限らないことを、まずは知っておいていただきたいと思います。修復は無理だと、夫婦関係の改善に諦めがついたからといって、すぐに離婚を進める必要はありません。

子供の事情、離婚後の生活のことを考え、今すぐの離婚なのか、3年先なのか、5年先なのか、それとも、離婚しないのか、選択肢はいろいろとあります。しかし、多くの妻は、判断したら今すぐに離婚するかのように、

離婚すべきか、修復すべきか、、、

この人生の重大難問を前に、これといった準備をしないまま随分と年月を費やしてしまうのです。これはモラハラに限らず、浮気の問題の時も同じです。

そこまで夫婦関係に悩むなら、まずは自立の準備を始めよう

あなたが十分な貯蓄がある、生活に十分な稼ぎがある、裕福な実家がいつでも受け入れてくれる。という恵まれた状況ならば、離婚すべきか、留まるべきか、そのことだけを悩んでも良いかもしれません。

しかし、そうでない場合は、修復か離婚か、悩み続けるのと同時に、離婚後の生活について真剣に考え始めましょう。多くの妻は、仕事をしなければならない、という認識は漠然ともってはいるものの、就職に向けての実際のアクションを起こすのは離婚直前か、離婚してからでしょう。

夫婦関係を今後どうするか、毎日悩み続けるほどに現状が苦しいならば、まずは、経済力をつける方向で知恵を絞り、実際に行動に移さなければいけません。

少数ではありますが、早めにモラハラ夫との結婚生活に見切りをつけ、婚姻関係を続けながら、自立に向けて着々と準備を進めている妻もいます。今すぐの離婚が無理な状況であるために、仕事に直結する資格取得という形で準備する方もいます。さらに、資格取得から就職して、ある程度の年収になるまで離婚を待った方もいます。

離婚後の経済レベルを重視するのか、モラハラから一刻も早く逃れるのか、優先順位はそれぞれの事情、妻の価値観によります。この夫といると、外に出て働くことすらできない、メンタルがボロボロになる、そんな状況に置かれている方もいます。

生活が守られるからといってモラハラ夫のもとに留まることだってリスクです。夫婦の日常の有様は、子供の人格形成にも影響を与えます。準備がまだできていないまま離婚に進むのもリスク。他にも子供への影響、世間体、いろいろとリスクがあります。

どのリスクをとって、何を優先するのか、自分の人生は自分で決めていくことになります。悩みは尽きませんが、そうであっても、自分の稼ぐ力は、大きな助けになり、あなたの選択肢を増やします。

離婚修復の難題で立ち止まってほしくない理由

モラハラは、これといった決定打がない分、夫から離婚要求されるか、自分で離婚を切り出さない限り、結婚生活は続きます。自分でこの結婚生活を壊していいものなのか、我慢が足りないのか…多くの妻が悩みます。

この問題を前にして、何もせずただ悩み続けることは早めにやめていただきたい理由があります。

それは、

考え抜いて出した答えが、「離婚しない」だったとしても、その後の何年かで、心が変わることは多々あるからです。その後もモラハラは続く可能性の方が高いのです。

「離婚しない決意」というのも、いつまで続くか非常に危ういものとお考えになっておいた方が良いでしょう。

我慢には、限界があります。

従って、あまり、離婚すべきか、修復すべきか、をただ考え続けていてもしょうがない、ということなのです。

モラハラ夫が慰謝料や家をくれると思いますが?

モラハラに悩む妻の、離婚に向けた具体的なアクション(就職など)が遅れる理由の一つに、「離婚で何がもらえそうか?」「どの程度可能性があるのか?」こういったことが不明確なまま放置してしまっていることが挙げられます。

離婚を決意してから、初めて専門家のもとを訪れ、

「できればこの家に住み続けたいんですが」という専業主婦の妻。

夫が自宅に執着なく、既に夫が別居で家から出ているケースなど、家を妻子にくれそうな場合も確かにあります。しかし、浮気夫が愛人とすでにどこかで暮らして家を出ていっているケースなら望みはあるものの、一般的に一番資産として大きな割合を占める不動産を、モラハラ夫が妻子にくれると思いますか?

現実的に、よく考えておく必要があります。

離婚の際、モラハラ夫から自宅をもらっているケースもありますが、あなたの場合は、どうなのか?

ケチなモラハラ夫で、どう考えても無理そうだなあ~という場合は、自宅をもらえない場合のことも、しっかりと考えておく必要があります。実家に戻れない場合は、家を自分で借りることになるでしょう。

自宅の問題に限らず、養育費、財産分与、慰謝料のこと。

離婚時にどうなりそうなのか? しっかりと今から知識をつけておくことで、現実問題として、今何を準備すべきか、より切実な問題として考え、行動に移すことができるようになるでしょう。

そして、自分で調べて限界がきたら専門家を頼ってくださいね。

行政書士 離婚カウンセラー 阿部貴子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一橋大経済学部卒、大手保険会社勤務後、専業主婦経験ありのアラフォー2女児の母の行政書士 離婚カウンセラー。

関連する投稿


アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

離婚の決断というと、これまで続いた結婚生活を終わりにすることと捉えがちです。しかし、妻にとってはこれから夫と決別し新しい人生を進むための始まりでもあります。そこで離婚の決断前後で起こること、妻が押さえておきたい大事なポイントをご紹介します。


子どもが巣立ったら熟年離婚を考えています【夫婦問題お悩み相談室 #14】

子どもが巣立ったら熟年離婚を考えています【夫婦問題お悩み相談室 #14】

昔と違い今は人生100年時代。子どもが独立した後もまだまだ人生は続きます。そのせいか、熟年世代の離婚も増加傾向にありますが、そう簡単には決断できず、離婚に不安を抱えている妻が多いのも事実です。今回の相談者もその一人。熟年世代の離婚について考えます。


離婚されるかも!モンスター妻になっていませんか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #71】

離婚されるかも!モンスター妻になっていませんか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #71】

ある日突然夫から「もうお前とはやっていけない!」と離婚を言い渡された。私、何も悪いことをしていないのにどうして!? なんていう妻が増えています。夫を尊重せず自分のことばかり優先させているんですね。夫が何も言わないのをいいことに好き勝手していると、いきなりしっぺ返しをくらうかもしれません。あなたは大丈夫ですか?


産後クライシスで離婚の危機⁉ そんな時は“両親”を上手に巻き込もう【幸せ夫婦コミュニケーション術 #69】

産後クライシスで離婚の危機⁉ そんな時は“両親”を上手に巻き込もう【幸せ夫婦コミュニケーション術 #69】

産後、心も体も不安定な時に子育てを手伝ってくれない夫。不満ばかり募って辛いけど、離婚するのはイヤ! そんな時は、自分の実家や夫の両親も育児に巻き込んで、味方になってもらいましょう。子どもが小さい頃からのお付き合いは、今後の生活にとっても大切です。両家との良いコミュニケーションについてお話します。


不倫が離婚に与える影響とは?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#06】

不倫が離婚に与える影響とは?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#06】

こんにちは。弁護士の中川みち子です。最近は不倫をスクープされた芸能人が謝罪をする場面をよく目にします。不貞行為は配偶者への裏切り行為、あってはならないことですが気持ちはコントロールできないこともありますよね。そこで離婚をする際に不貞行為がどう影響するのかお話しします。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

いつか結婚したいけれど、男性と出会う機会をつくろうとしないままアラフォーになった女性達。理由を探っていくと「婚活するのはガツガツしていてイタイって思われそう」「この年で婚歴ナシって何かあるっておもわれそう」と周りを気にしてばかり。自分のことなのに周りにばかり振り回される自分の軸がない女性達の実態と打開策をまとめました。


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング