夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

結婚して子どもが産まれると、どうしても夫婦の会話は子どものことが中心になります。気がつけば「男女」としての話題を忘れている…なんてことも。家族の話はもちろんするべきですが、ひとりの女性として夫と接する機会を持つなら、女性らしさの演出に凝るよりまずは夫がリラックスできる空間を心がけることが近道です。


「母親」の顔が中心になるのは幸せなこと

夫とふたりで過ごすときも、子どもの幼稚園や学校、習い事の話などが中心になってしまう。それは、親であれば当たり前のことです。家族のことを積極的に話すのは、健全なつながりでいるためにも大切な時間。子どものことはしっかり夫婦で共有するべきです。

特に子どもが小さいうちは、いつの間にかできるようになっていた動作や新しく覚えた言葉など、新鮮な話題がたくさんあります。それは、夫婦だから、家族だからこそ一緒に楽しめる幸せ。「すっかり母親になっちゃったなぁ」とため息をつくことはありません。

夫の方はどうでしょうか。きっと、自分では見られなかったそのときの子どもの様子を想像して、笑顔になっているのではないでしょうか。妻が話してくれる子どもの日常は、夫にとって重要な情報です。夫婦なんだからお互いの話をしたいと思うのも当然ですが、その前に、共有すべき情報はしっかり話し合うことを忘れないでくださいね。

「母親」として自立しているからこそ「女性」の魅力が活きる

「いつまでも夫には女性として扱われたい!」そう思う妻は多いですが、勘違いしてはいけないのは、母親という役割を疎かにしてまで頑張るものではないということです。

実際にあったエピソードでは、夫が帰宅する時間に合わせてメイクも服もバッチリ、ご飯も作っているけど、幼稚園へのお迎えは遅いし帰ってきても子どもは着替えもさせず放置したまま、という妻がいました。自分を見てくれる、褒めてくれることだけを考える妻に夫は不安を覚えて自分の実家を頼るようになり、最後は別居まで発展しています。

妻でもあるけれど親でもあるなら、まずは母親として子どもへの愛情を忘れてはいけません。育児を放ってまで夫に女としていつまでも見られたいと自分のことばかりにかまけていては、夫も家族の一員として受け入れがたく、ひいては夫婦の絆が崩れる原因にもなります。妻がどんなに美しく着飾っていても、その隅で暗い顔をしている我が子を見れば、妻への愛情なんて吹き飛んでしまうでしょう。

妻も子どもも笑顔で帰宅を迎えてくれるような家。夫がまず望むのはそんな幸せです。女性としての魅力が活きるのは、母親として自立した行いができているからこそ。そんな妻を見て、夫も育児により積極的に関わりたいと思うようになります。

色気も欲しいけど、くつろげる妻でいて欲しい!

夫に女性として見てもらいたい、ひとりのオンナとして接したい。そんなとき、やはりメイクやファッションなどで女性らしさを出すことを考える妻は多いでしょう。視覚でうったえることは、雰囲気が伝わりやすく夫もリアクションが取りやすいものです。

夜、子どもが寝たあとでちょっとセクシーなランジェリーで迫ってみるのも良いし、もっと手軽に休日のスウェットをやめてジーンズ姿を見せるのも楽しい変化です。身だしなみを整えることは、身近な家族こそ目につきやすくて気分が上がります。

夫の方は、妻にいつもセクシーであって欲しいと思っているわけではありません。もちろん色気は歓迎だけど、いつもそれでは応えることにも疲れてしまいます。それよりは、カジュアルでいいから一緒にいてリラックスできること、くつろげる妻でいてくれることが、夫にとって嬉しい日常。薄いメイクでも、妻の顔色が明るくて思わずキスしたくなるような輝いた唇なら、夫は十分愛情を感じます。

子どもがいるときと、ふたりきりのときで会話の親密度を変える

子どもの目を気にせず話せるときは、夫がリラックスできる雰囲気を心がけましょう。「今日の仕事はどうだった?」という気軽な質問でも、「大変だったよ~」とため息をつけるのは妻の前だからこそ。いつもありがとうと労りの言葉をかける、マッサージをするなど、甘えさせてあげるのも良い時間ですね。

夫の趣味の本やゴルフの話、また妻の方も新しく覚えた料理の話など、気さくに会話できる時間がふたりにとって良い息抜きになります。それは、より身近に自分のことを理解してくれる女性がいる、という意識を夫に呼び起こします。子どもがいるときと、ふたりきりのときで会話の親密度が違うこと。プライベートなことを気楽に打ち明けあえることが、夫婦としての絆を深めるのですね。

女性らしさの演出に頑張りすぎると、自然体でいられません。それは窮屈な感じを夫に与えます。それよりは、リラックスできる空間を心がける方が、夫の意識も妻に向きやすくなります。母親として、妻として、両方の顔を楽しめる女性でありたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。Bramanoliでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

あらゆる角度から不倫について考察した著書『不倫』をテーマに中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回はよりよりコミュニケーションをとるための方法や自分が本当に望むものは何なのか知ることの大切さについてお話を伺いました。


【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働く大貫詩織さん。おふたりとも性教育の講演会を全国で行っています。そこでアラフォー世代代表としてやまがたさん、アラサー世代代表として大貫さんにお越しいただき、なぜ今、性教育が大切なのか、ということについてお話いただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第五回目はやさしい気持ちになりたい夜に読みたい心がじんわりあたたまる絵本です。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
шкаф купе в гостиную

https://ford.niko.ua

www.start-sport.com.ua