機内で大活躍! アラフォー女性のための旅便利グッズをご紹介♪

機内で大活躍! アラフォー女性のための旅便利グッズをご紹介♪

窮屈で退屈というイメージがある飛行機ですが、ちょっとした工夫で快適に過ごすことができます。そこでアラフォー女性が快適に機内で過ごすための便利グッズをご紹介!


のどの乾燥を防ぐマスクは必須

飛行機で目的地について窮屈なフライトからようやく解放される、と思ったらなんだかのどが痛いな、という経験はないでしょうか? 実は飛行機の中はけっこう乾燥しています。外気との温度差で起こる結露を防ぐためともいわれていますが、スタートから体調がイマイチでは旅が楽しめませんよね。そこで、機内ではマスクをすることをおすすめします。

また、飛行機のなかでは寝てしまうことも多いもの。うっかり大口を開けて熟睡しているところを同行者や他人に見られないためにも、マスクは必需品なのです。

軽くてかさばらないので荷物にもなりませんし、ぜひ、行きと帰り分の2枚を忘れずに持ち込み手荷物の中にいれていきましょう。

トラベル用ネックピローで寝違え防止

若いころならともかく、アラフォーともなると体も硬くなってきます。飛行機のなかひと眠りした後、首が寝違えたような状態に…という事態を避けたいなら、トラベル用のネックピローを持っていくといいでしょう。

よく見かけるUの字のものから、シートベルトのように体の前にたすき掛けするもの、頭の片側に沿わせるもの、ネックウォーマー型ものなど、いろいろな形のものがあります。

荷物が増えるのがイヤという人は、空気で膨らませるタイプのものを選んでみてはいかがでしょうか?

寒っ!と思ったら使い捨てカイロをペタン

窓際の座席をよく指定するという人は、上空を飛行中に寒い思いをしたことがあるのではないでしょうか? 客室乗務員に毛布を追加で持ってきてもらうこともできますが、忙しくしていたりするとちょっとためらってしまったり、そもそもLCCでは毛布の利用は追加料金がかかります。そんなときに便利なのが、使い捨てカイロ。服の上から腰かお腹のあたりに貼れば、体全体があたたまります。冬だけでなく夏でも機内は寒いことが多いので、季節に関わらず、荷物に入れておくといいでしょう。

航空会社が定める危険物にはあたらないため、日本出国の際に問題になることはまずありませんが、海外からの帰国の際は使い捨てカイロの原料である鉄粉が手荷物検査の金属探知機で反応してしまう可能性があります。大量の持ち込みは避け、手荷物側に入れてしまうことをおすすめします。

着圧ソックスでつらいむくみを軽減

飛行機内で同じ姿勢で座り続けていると、血流が滞って足がむくんでしまいます。それを軽減するために効果的なのが、部位ごとに圧力を変えて編まれた着圧ソックス。女性なら持っている人も多いでしょう。これを手荷物に入れていき、飛行機に乗ったらさっと履き替えてしまいましょう。

五本指のものや足指を広げるクッションがついたものなら、よりリラックス効果が高く、足がスッキリします。これで、飛行機内で足がむくんでつらい思いをしなくてすむだけでなく、目的地についてすぐ元気に歩き回ることができますね。

ただし、あまり長時間の利用はかえって足に負担をかけることがあります。商品の説明書に書かれた時間を目安に利用しましょう。また、妊娠中の方、糖尿病などの持病がある方は事前に医師に相談してから使用してください。

足の疲れに差が出るフットレスト

着圧靴下でもずいぶん軽減されるものの、やはり足が疲れてしまうという人は、足を置く台(フットレスト)を用意するといいでしょう。キャンプで使うような折り畳み式の小さな椅子を持ち込む方もいますが、難点は、荷物が増えてしまうことと、航空会社によっては使用を控えるよう注意される場合があること。

最近ではアイデア商品として、ストラップを座席テーブルに引っ掛けて足を乗せる、小さなハンモックのようなものが販売されています。これなら持ち運びの時には小さく丸めてしまえばいいので便利。ストラップの長さを調整すれば、足を乗せたりふくらはぎをのせたりと楽な姿勢がとれます。


海外旅行にはつきものの飛行機での移動。少しでも快適に過ごすことで、旅そのものが楽しくなるのはもちろん、目的地に着いてからの行動力に差が出てきます。いろいろなグッズの力を借りて、フライトタイムをリラックスタイムにしてしまいましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

旅行雑誌、留学情報誌の編集を経てフリーランスのライターに。好きな旅行先はアジア。

関連する投稿


【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

Bramanoli編集部が注目している、気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】こんにちは! Bramanoli編集部デスク和氣です。今回は私が大好きな作家・益田ミリさんの最新刊「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」をご紹介します。


【エモまと】ドラマティックにわくわくしたいあなたへ

【エモまと】ドラマティックにわくわくしたいあなたへ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


【東伊豆・北川温泉 吉祥CAREN】女性必見“おもてなし”づくし♡インスタ映えの優雅な滞在を演出する無料サービス

【東伊豆・北川温泉 吉祥CAREN】女性必見“おもてなし”づくし♡インスタ映えの優雅な滞在を演出する無料サービス

東伊豆・北川温泉「吉祥CAREN」は、滞在を彩る女性が喜ぶ多彩な“おもてなし”が大好評! 到着後に、海を眺めながら優雅に愉しむアフタヌーンティー、就寝前の伊豆スイーツ、パジャマ・アロマポットなどのルームアメニティ、ライブラリーでのティーサービスなどインスタ映え必至の“おもてなし”で迎えてくれるんです♡


家族と?彼氏と?友人と? 一緒に行く人別に旅を楽しむコツ教えます

家族と?彼氏と?友人と? 一緒に行く人別に旅を楽しむコツ教えます

一緒に行く人によって、旅の楽しみ方を変えることでより旅を充実したものにすることができます。そこで、同行者のタイプ別、旅を楽しむコツをご紹介します。


こちらもチェック!
Recommended by

オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


独身の子供おばさんがやりがちな、あるある行動とは?【脱・子供おばさん!#02】

独身の子供おばさんがやりがちな、あるある行動とは?【脱・子供おばさん!#02】

第一回目で子供おばさんとはどんな人かご紹介しました。第二回目の今回は子供おばさんのなかでも特に“独身”の方に多い、あるある行動についてご紹介します。


子供と一緒にお金の勉強 つみたてNISAとジュニアNISAの違い【ぐうたらさんでもお金が増える#09】

子供と一緒にお金の勉強 つみたてNISAとジュニアNISAの違い【ぐうたらさんでもお金が増える#09】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。お子さんがいる人がこれから投資を始めよう、NISAをやってみようというときには、「ジュニアNISA」という選択肢もあります。いままで何度かお話ししてきた「つみたてNISA」と比較しながら、使い分けるポイントについて考えていきましょう。


夫婦カウンセリングって効果ありますか?  夫婦仲を改善したい時【夫婦問題お悩み相談室 #16】

夫婦カウンセリングって効果ありますか? 夫婦仲を改善したい時【夫婦問題お悩み相談室 #16】

夫婦関係も長く続けていると、だんだんマンネリ化して、感謝の気持ちが薄らいでしまうことも……。夫婦関係に溝が入ってしまう前に、早めの対処が必要です。最近耳にする「「夫婦ペアカウンセリング」とはいったいどんなものなのか? 具体的な内容とメリットについてお伝えします。


親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

様々な情報があふれる昨今、子どもに早いうちからきちんと性教育をしたいと思う親が増えています。しかし実際どのようにいつから始めたらいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきましょう!


人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#8】

人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#8】

前回より人生100年時代の性への向き合い方について三松先生にお話いただいたいておりますが、今回はより踏み込んで40~79歳のセックス事情とシニア、高齢者セックスについて語っていただきます。「もうセックスしなくてもいいや」と思っている皆様。アラフォーでセックスを諦めてしまって本当にいいのでしょうか?










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング