休みがない? でも大丈夫! 週末でもここまで行けちゃう弾丸ツアー

休みがない? でも大丈夫! 週末でもここまで行けちゃう弾丸ツアー

海外旅行に行きたいけど仕事が忙しくてなかなか休みが取れない…そんな方へ朗報が。会社を休まなくても海外旅行は行けるのです! 週末を利用して出かけられるエリアと楽しみ方をご紹介します。


人気急上昇中の台湾は日帰り旅行も可能!

日本各地から2~4時間程度のフライトで行ける台湾は、小籠包やマンゴーかき氷、タピオカミルクティーなど、安くておいしいグルメを堪能できます。ジブリアニメ「千と千尋の神隠し」の雰囲気が味わえる観光地「九份(きゅうふん)」や、格安で受けられる足つぼマッサージ、かわいい雑貨など、女子なら誰でもハマってしまう要素が盛りだくさん。治安も良いので、アラフォー女性の一人旅でも安心です。

東京出発の方の場合、現地で過ごす時間をできるだけ長く確保したいなら、羽田(東京)発--松山空港(台北)着の便を選ぶのがおすすめです。どちらも街中から近く、往路早朝発、復路夜着の便を選べば丸2日たっぷり楽しめます。朝早くから空いている朝ごはん屋さんも、夜遅くまでやっている夜市もあちこちにあるので、時間を持て余す心配はいりません。

逆に、ちょっとがんばれば日帰り旅行も可能。たとえばLCCのピーチからは「0泊弾丸キャンペーン」と称した、お得な往復航空券が発売中※1。お財布とパスポートだけカバンにいれて海外旅行というのもなんだかカッコイイですね。

グルメ、エステなどお楽しみがたくさんの韓国

同じく日帰りでも行けるのが韓国・ソウル。こちらもLCCのピーチから東京発、大阪発で「0泊弾丸キャンペーン」が設定されています※1。サムギョプサルを食べて、エステを受けて、デューティーフリーでショッピング……という女子旅定番の内容なら、1日でも充分こなせます。

とはいえ、韓国は夜もお楽しみがたくさんあります。たとえば、巨大ファッションビルと昔ながらの問屋市場が共存する東大門(トンデムン)が賑わうのは日が暮れてから※2。朝4時ごろまでオープンしているので、1泊すればプチプラの服やアクセサリーなどをゆっくり見て回れます。ワンシーズン限りの流行ものを手ごろな価格で手に入れて、手持ちの服と上手にミックスして組み合わせるのはアラフォーが得意とするところではないでしょうか。買いもので疲れたら、屋台でトッポッキや韓国式おでんを食べ歩き。友人との女子旅なら、韓国伝統サウナ「汗蒸幕(ハンジュンマク)」に行くのもおすすめです。

韓国第2の都市釜山や、韓国きってのリゾート地済州(チェジュ)島も1泊2日なら楽しめます。ソウルには何度か行ったことがあるという人は、ぜひ検討してみてください。

香港&マカオでセレブ旅はいかが?

ちょっとゴージャスな旅を楽しみたいなら香港&マカオへ行くのはどうでしょう? 昼はミシュラン掲載店の飲茶や一流ホテルのアフタヌーンティーを。夜は海沿いのホテルのおしゃれなバーでカクテル片手に100万ドルの夜景を楽しめば、日ごろのストレスがすっかり解消されること間違いなし!

もちろん、お粥や雲吞麺、菠蘿飽(パイナップルパン)などローカルフードも絶品なのですが、長らくイギリス領だっただけあって、A級グルメは見た目だけではなく “本当に”A級の味わいなのです。アジアにいながらちょっと贅沢をしたいなら、やはり香港をおいてほかにはありません。

日曜日は朝からマカオへ。というのも、香港では日曜日は東南アジアから働きに来ているメイドさんたちの休業日。繁華街では至るところで女子会が繰り広げられていて、観光やショッピングのための移動がしづらいのです。マカオなら、香港島からも九龍半島からもフェリーで約1時間。5分~15分感覚で運行されているので、好きな時間にターミナルに行けばOKです。30か所以上もあるといわれる世界遺産をのんびりまわりながら、香港とはまた違った風景が堪能できます。

金曜日の午後発なら中国や東南アジアへ行ける

金曜日の午後の便で出発すれば、上海や北京など中国のいくつかの都市、またベトナムやタイ、フィリピン、シンガポールなどの東南アジアの各国に行くことも可能です。

プレミアムフライデー開始後、最近では金曜日に有給を取りやすい会社も増えているといいます。また、目的地によっては定時に退社できれば間に合う便があるケースも。金曜日に移動してしまえば、土曜日は朝からたっぷり楽しめます。金曜日の夜に日本を出発し、土日を現地で過ごして月曜の早朝に帰国後、空港から会社に出社という強者も増えているそうなので、体力に自信がある人は試してみるものいいかもしれません。

1泊プラスすれば、グアム、サイパン、オーストラリアも!

金曜日もしくは月曜日に1日有給が取れれば、選択肢はかなり広がります。たとえば、グアム、サイパン、オーストラリア(ケアンズ)、ロシア(ハバロフスク、ウラジオストクなど)など、アジア以外の地域へも行けるんです。

ただし、フライト時間が長くなる分、現地での滞在時間は短めになりがち。旅の目的をひとつに絞って、予定をしっかり立てていくのが、短い滞在時間でも満足するコツです。


※1 2018年2月5日までの販売。過去何度も延長が続いているため、この期間後も料金を改定して継続される可能性も。詳細はピーチのウェブサイトでチェック!
※2 問屋のなかには土日は休みになる店舗もあります。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

旅行雑誌、留学情報誌の編集を経てフリーランスのライターに。好きな旅行先はアジア。

関連する投稿


自宅サロンで独立したい!何を準備すればいい?【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

自宅サロンで独立したい!何を準備すればいい?【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

技術はある、必要な道具も揃っている! あとはスペースだけ…でもどこか借りるのは家賃もかかるし避けたいな…だったら家でやればいいか! と思い立ったはいいけれど、具体的にどんな準備をすればいいのか調べるのはなかなか大変ですよね。そんな自宅サロンに必要な情報をすべてマルッとお伝えします。


【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

Bramanoli編集部が注目している、気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】こんにちは! Bramanoli編集部デスク和氣です。今回は私が大好きな作家・益田ミリさんの最新刊「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」をご紹介します。


 ソフィーナ ビューティパワーステーションで美のレッスンを体験♡その3 【編集長の潜入レポ #5】

ソフィーナ ビューティパワーステーションで美のレッスンを体験♡その3 【編集長の潜入レポ #5】

銀座にあるソフィーナ ビューティパワーステーションでビューティレッスン体験。今回のレポートは、前回のレッスンから約1か月後、総合解析の結果を聞きに行ってきました。42歳の私のお肌…結果はいかに!?


【エモまと】ドラマティックにわくわくしたいあなたへ

【エモまと】ドラマティックにわくわくしたいあなたへ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

前回、オッサン化予防は、まず筋力をつけるところから始まるとお伝えしましたが、同時に妻が気をつけなければならぬことは「食事」です。今回はその「食事」についてお話します。


37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれるまではラブラブだったのに、出産後、何だか旦那さんの態度が冷たい。育児にも参加してくれない。子どもが産まれてから、旦那さんの態度が変わったと悩む女性は多いですが、原因は環境の変化かもしれません。まず生活を見直してみることが大切です。改めて旦那さんへ愛情を向ける時間を持ちましょう。


義理の両親や兄弟と揉めないために。夫の相続【弁護士が教えるかしこい相続相談所#5】

義理の両親や兄弟と揉めないために。夫の相続【弁護士が教えるかしこい相続相談所#5】

これまでの連載で相続する権利がある人は誰かということを説明してきたので、夫が亡くなった時に妻が相続人であることはお分かりかと思います。しかし妻は夫の財産のすべてを相続することはできません。子どもと分けたり、親や夫の兄弟と分けることになります。ここで問題をはらむ場合が多いのです。 今回は、夫の相続についてご紹介します。


マジメすぎ!失敗しないように生きてきてずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #25】

マジメすぎ!失敗しないように生きてきてずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #25】

「婚活するほど結婚したいわけじゃないけれど、ずっと独身でいるつもりもなかった」そんなアラフォーでずっと独身だった女性は真面目すぎる性格の方が多い。「今から婚活をしてもうまくいかないかも」と情報収集はするものの怖くなって動かない。自己完結しすぎて周りに助けを求めるのが苦手。そんな方がやるべきことをお伝えします。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
baly.com.ua

www.dekorde.com

start-sport.com.ua