オールシーズン徹底予防!40代からの正しい紫外線対策

オールシーズン徹底予防!40代からの正しい紫外線対策

太陽の光はなくてはならないものですが、無防備に紫外線を浴び続けていると、肌の奥の紫外線の貯金箱にどんどん貯金されていくのだとか。若いころ浴びた紫外線は40代になって急に現れることも。これ以上紫外線の貯蓄を増やさず、美肌を保つために日焼け対策をしっかりおこないましょう。


うっかり日焼けを防ぎましょう

紫外線貯金を増やしてしまった人の多くが、「ちょっとのことだから大丈夫だろう」と紫外線を浴びていたのが原因と言えます。

<うっかり日焼けとは?>
曇っているからと無防備で洗濯物を干したり、部屋の中にいるから、日陰の公園だからと紫外線を甘く見ることで、うっかり日焼けをしてしまいます。
実は曇っていても、晴れた日の70%の紫外線が雲を通して肌にダメージを与えています。
また、紫外線A波はガラスを通すので、室内にいても電車に乗っていても日焼けをしてしまうのです。

*紫外線A波は長波紫外線と言われ、エネルギーは弱いもののジワジワと肌の奥に浸透します。紫外線B波は短波紫外線と呼ばれ、エネルギーが強いものの、雲やガラス窓などである程度さえぎられます。

日焼け止めクリームは絶対必須アイテム

紫外線対策の第一歩は、やはり日焼け止めクリーム。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織と3層になっていますが、紫外線のUVAは真皮まで達してしまうので、将来的にシミになるのを防ぐためにも日焼け止めクリームは絶対必須アイテムです。

日常生活に必要なUVクリームのPAとSPFはPA++、SPF15~25位、
外出時はPA+++、SPF30ぐらいが適しています。

海や山に行くときはPA+++、SPF50位のものを選びましょう。

普段使う日焼け止めなら、「紫外線吸収剤不使用」もしくは「ノンケミカル」と標示がされているものを選ぶと、お肌への負担も少なくてすみますよ。

SPFとPA値について知っておきましょう!

日焼け止めを選ぶ前に、SPFとPAについて知っておきましょう。

<SPFとは?>
SPFは紫外線B波をカットする力を示しています。
日常使いならSPF20くらいが適しているといわれていますが、これは外で過ごす時間が2時間以内位なら大丈夫という意味です。

外出時間が長い場合は、もう少し高めの数値を選ぶようにします。
しかし、高ければ高いほど良いと言うわけではなく、状況によって使い分けるようにしましょう。日焼け止め化粧品は、多少は肌に負担をかけるからです。

<PA値とは?>
PA値は紫外線A波をカットする力を示しています。
+で表示されているわけは、紫外線A波は数日後に皮膚が黒くなるなどの症状がでることから、数字で正確に表示できないようです。

また、紫外線クリーム以外にも、UVカットのパーカーやネックカバー、コットンマフラー、アームカバー、手袋、帽子、サンバイザー、メガネなど多くのUV商品の中から自分に合ったものを選んで、紫外線対策をするとより効果的ですね。

食事で紫外線対策!抗酸化物質がカギ

また、美肌を保つためには、ビタミンやポリフエノールを含む食品を摂取するとよいと言われています。

ビタミンAやCを含む緑黄野菜やビタミンE を含む大豆や玄米、ポリフエノールやカロテノイドを含む緑茶や赤ワイン、柑橘類やトマト、人参などを意識して摂るようにすると、紫外線が生み出す活性酸素が除去されるのだとか!

また、活性酸素の除去には微量のミネラルの摂取が必要です。
鉄(レバー)、亜鉛(牡蠣)、マンガン(クルミやアーモンド)、銅(イカ、タコ)、セレン
(タマネギや長ネギ)なども摂るようにしましょう。

体の中からもケア“紫外線対策サプリ”

近年美容家の間で飲む日焼け止めとして大注目の「紫外線対策サプリ」。配合されている“ニュートロックスサン”という成分は、活性酸素をコントロールし紫外線に強い肌へ導く働きが。この成分は、太陽研究の本場、スペインのミギュエル大学が10年かけて研究されたのだとか。紫外線対策と同時に炎症を抑えメラニン色素などの肌ダメージの要因を抑えてくれます。

こちらのページで、おすすめのサプリメントを紹介しています。→紫外線対策は体の中から! 話題の日焼け止めサプリ 4選

まとめ

日々の紫外線対策はエイジングケアの基本。紫外線を浴び続けると、光老化によってシミやシワが生じ肌全体がくすみ、見た目年齢を上げてしまいがち。これ以上光老化を避けるためにも、紫外線対策をしっかり行うことが大切です。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美容が大好き。体の中からキレイになるために腸内美活推進中!

関連する投稿


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

予想外の陽射しに真っ赤に日焼けしてしまった…そんな経験をされた方も多いと思います。若い頃ならいざしらず、アラフォーでこの体験は正直ツライですよね。そこで今回は日焼けでダメージを受けた肌の応急ケア方法について教えていただきます。


美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

気づくと肌はくすみハリがなくなっていた…スキンケア頑張ってるつもりなのになんでこんなにツヤがなくなってしまったんだろう…。なんてお悩みのアラフォー女性も多いことでしょう! ツヤ肌には食事も大切、ということをご存知ですか? アラフォーから始めるツヤ肌食事法をご紹介します。


プロ直伝! 自宅でできるエステ級 スキンケアテクニック【アラフォーから始める美肌作り#4】

プロ直伝! 自宅でできるエステ級 スキンケアテクニック【アラフォーから始める美肌作り#4】

保湿成分が40代は20代の約半分!ってご存知ですか?そう聞くと、アラフォーの肌トラブルも納得ですよね。当然20代とは違うスペシャルケアが必須なわけですが、そんなにお金もかけられないというのがホンネのところ。そこで今回はお金をかけずにちょっと手間をプラスしてできるスペシャルケアを教えていただきます。


美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

新連載、アラフォーから始める美肌作り。第一回目はズバリ“クレンジング”です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに美肌の秘密をたっぷりと語っていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
www.best-cooler.reviews

more information best-cooler.reviews

https://webterra.com.ua