イライラしても大丈夫! ストレスとの上手な付き合い方【ライフスタイル“美”メソッド #4】

イライラしても大丈夫! ストレスとの上手な付き合い方【ライフスタイル“美”メソッド #4】

ストレスは美容の大敵! 頭では分かったいるけど、社会でも家でもストレスを感じない日なんてない…。そこで、ストレスを感じても“貯めない”コツや、その都度解消する方法をモデルで美姿勢トレーナーの栗本奈央さんに教えていただきます。


結婚後子どもが生まれ、勝手な思い込みからストレスが限界に

私は結婚してからストレスを実感するようになりました。

今から思うと、独身時代は《ストレス》とは無縁でした。もちろんそれなりにあったのでしょうが、クラシックバレエのレッスンで思う存分体を動かし心身共にしっかりとレフレッシュしていたのです。

結婚をしてからは、慣れない子育て・家事・仕事をこなしながら自分のリフレッシュする時間を思うようにとれず顔つきがきつくなり、すぐイライラして子供にも夫にも怒りをぶつけるようになっていました。子育てをしているとついつい、「今しかないこの時この瞬間を子どものそばにいて、できることは何でもしてあげたい!」と、自分自身が勝手に思い込んで頑張った結果、「これはストレスが溜まっているんだ」ということを感じたんです。

日々イライラがまして子どもにも強く当たってしまった時には「私何しているんだろう…」と、情けないやら悲しいやらでとても苦しかったです。

私はかなり我慢強いタイプなのですが、症状が出てくる頃には相当ストレスもたまっていて心身ともに良くない状態だったと思います。

無意識のうちに縛られていた「○○べき」から解放された瞬間、新しい“モデル栗本奈央”に出会った

20代の頃は「モデルとはこうあるべき!!」と強いこだわりを持ち、自分の作った縛りの中で窮屈に生きていたと思います。もちろん、これは今だからわかること…感じることです。

“強いこだわり”と言えばかっこいいかもしれませんが、ただ単に頑固だったんですね私。しかし年齢を重ねるごとにそのこだわりに違和感を感じ始め苦しくなってきました。そして、30歳になる直前、その思い込みや縛りを思い切って捨てたんです。その時の解放感や心地よさ生きやすさを今でもよく覚えています。

自分勝手な思い込みに縛られ、“こうしなければ” “こうでなければならない”と、頑固だった私は自分自身でストレスをかけていたんです。もちろんその時には間違っているともおかしいとも思っていませんでしたし、ストレスだとも感じていなかったですが、「モデルはこうでなければならない・こうあるべきだ」という思い込みを捨てた時、その時代、その年齢にあった新たなモデル栗本奈央に出会えたんです。

柔軟性を持って思い通りにならないことを許せる心を持つ

私は上記のモデルの経験をいかし、今では決めつけや思い込みをなくし、“ただ自分らしくいられる受け入れ方”を心がけています。

受け止め方や考え方はもののとらえ方一つで大きく変わってきます。

例えば…
●何時までにこれをしなくてはいけない
⇒何時までに出来ることをすれば良し!!
(すべて完璧にこなせなくても許せる心をもつ)

●やることがあれもこれもまだまだいっぱいある。時間が足りない
(心も体も煮詰まってきている状態のときはこうなります)
⇒思い切ってリフレッシュしに、レッスン行こう!!
(煮詰まるなら先にリフレッシュしてみる)など・・・

「こうしなきゃいけない、こうあらねばならない」という自分勝手な思い込みを捨て、柔軟性を持つことで、自分が一番幸せな状態でいられる“自分らしい”豊かな人生を過ごせるのではないでしょうか。

自分だけのストレス解消法を見つけて自分を労わる

私はストレス解消法として必ず【自分の為の時間を作る】ようにしています。そしてそれが【好きなこと】【今に集中すること】なら、なお良いんです。

私は大好きなクラシックバレエのレッスンで心地の良いクラシックの曲に合わせながら体と心に向き合い、集中してレッスンをすることで自然とリフレッシュできストレスも上手に発散できています。

集中することで充実感や幸福感をしっかりと感じ、こり固まった体もほぐされて心身ともにスッキリいきいきとします。心身ともに元気であれば美容にも嬉しい効果(肌艶がよく若々しくなります)に繋がっていきますしね。

自分だけのストレス解消法を見つけることで、ストレスと上手く付き合っていけると思います。そして頑張りすぎることをやめ、自分が楽しいと思えることを目安に行動できるようになると、きっと“心身ともにハッピー”になるのだと思います!

モデル・美姿勢トレーナー 栗本 奈央



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

モデル・美姿勢トレーナー/クラシックバレエのメソッドをアレンジしたオリジナルエクササイズをもとに美姿勢、仕草などを発信

関連する投稿


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


【Bramanoli 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【Bramanoli 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


【Bramanoli 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

【Bramanoli 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

年末年始、帰省先で久しぶりに会う身内や友人。久しぶりに会うと話に花が咲きますよね。ただ、聞かれたくないことを聞かれることも…。たまにしか合わない人とのコミュニケーションでつい、「イラ!」っとしたときはこんな記事を読んでみては?


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

「何をしたら結婚できるの?」と何か新しく始めようとする方も多いのですが、ちょっと待って欲しい。“何かを始める”ことより、“何かをやめる”ことの方が効果があるのです。40代で結婚した方がやめた5つの悪習慣をご紹介します。あなたもやっているなら、即やめましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
kapli.kiev.ua/oborudovanie-dla-avtomaticheskogo-poliva/hunter-ssha/

http://aboutviagra.info

代孕机构