感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

こんにちは。行政書士であり、離婚カウンセラーの阿部貴子です。夫婦の話し合いで夫が家庭に戻ってきた。夫と愛人の関係が自然消滅した。ようやく嵐が過ぎ去り平穏を取り戻せるかと安堵した妻。しかし、夫の浮気という危機は再び訪れる可能性があることは前回お伝えしました。今回は、その後、離婚に向ってしまったケースについてお伝えします。


夫の浮気に対し、妻が「離婚したい」と思うようになる経緯

初めての浮気の発覚の時は、「もうこれでトラブルは二度と訪れない?」という期待から修復を考える妻は多いものの、浮気が2回、3回と続くと、さすがに「もうこれはダメだ」と離婚を決意する妻も増えます。

また、

妻が修復に向けて努力しても、夫がまったく変わらない、という場合もあります。

妻にだけならまだしも、子供にまで冷たい態度を取るようになれば、貴女の堪忍袋の緒が切れてしまうでしょう。

子供の受験が迫っていても、学力への影響なんて気にするのは面倒で、早く不倫の事実をオープンにして、堂々と不倫をしたい、というとんでもない夫もいます。

愛人のもとへ出ていった夫に対し、「子供がパパに会いたい、会いたいと言っている」ことを伝えると、「お前が離婚を受け入れるまでは、子供に会わない」と言う、以前はイクメンだったはずの夫もいます。

これにはさすがに、心が折れてしまう妻は多いでしょう。

そして、離婚を前向きに考え始めるのです。

浮気発覚後、早めから証拠集めを意識したい

夫の浮気が発覚して、今後の方針が決まらなくても、早めに証拠集めを始めましょう。スマホから証拠を集めるのが一番多いのですが、夫に「浮気しているでしょう?」と言ったとたんに、スマホをロックされてしまう妻が続出しております。

浮気を責めて、すぐに止めてくれるならいいのですが、どんどん水面下に潜っていく事の方が多いと思いのでご注意ください。

自力で証拠収集が難しいケースでは、探偵を雇うことも考えます。しかし、探偵費用は高額になりますので、本当に雇う必要があるのかどうかを、今後の方針と併せて総合的に考えることをお勧めします。探偵を頼り、しっかりとした証拠をつかんでも、「それで?俺が浮気したのは、もう夫婦関係が破たんしていたからだよ。」と堂々と開き直る夫も多いです。

そして、ここが重要なのですが

「証拠があるといっても、自動的に慰謝料がもらえるようにはなっていません」

金銭の余裕のないなかで、高額な出費をする際には、先のことまでよく考えてから判断しなければいけません。そして、探偵を雇うお金がなく、また、用心深い夫のために、証拠がつかめていない妻も沢山いるのです。

証拠はあった方が良いです。しかし、無いからといって、落ち込む必要はありません。

“できないことはできない”

現状の限られた条件の中で、ベストな方法を採れるように、考えを切り替えましょう。

優先順位をつけて、考えを整理する

・今の家に住み続けたい。
・子供が転校したくないと言っている。
・子供が離婚は嫌だ、と言っている。
・子供に習い事をさせたい、塾通いさせたい。
・子供との時間を大切にしたいので、仕事は限定したい。

これらすべて、叶えることはできるのでしょうか?

高額な養育費や財産分与が見込める、実家からの援助がある、自分の収入が十分にある、という恵まれた条件の方は良いのですが、

そうでない場合は、優先順位をつけて、あるものについては順位を下げる、諦めるという柔軟な判断が求められます。

協議離婚における離婚公正証書の重要性

そして、この限られた条件の中でベストを尽くすためにも、もらえるべきものはもらう、というところは抑えておきたいですね。

身近な離婚経験者が、「離婚公正証書なんて作っていない」と言っていたとしても、貴女はしっかりと作成しましょう。そして、その内容が重要です。

「養育費って、相場4万円くらいですよね?」
「夫が払わないっていっているので、もらえないですよね?」

という誤った情報が、巷に流れていることもあります。貴女は、正しい知識をもとに出来る限りの手を打っておきましょう。正しい知識を得ようと書籍を読んでも、それを実例に活かすことは難しいでしょう。

そのようなときは、行政書士や弁護士の力を借りることをお勧めします。

ざっくりと計算すると、今5歳の子が22歳の大学卒業まで、毎月6万円(子の年齢、数、夫婦の収入で異なります。)の養育費をもらうとしましょう。
17年間に及びますから、合計1224万円となります。この金額を、諦めることができますか?

離婚という選択は子どものためでもなんでもありません。すべては自分のためです。自分自身がよりよく生きられる方法を、離婚を機に真剣に考える、そういった姿勢で離婚に向きあっていってくださいね。

行政書士 離婚カウンセラー 阿部貴子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一橋大経済学部卒、大手保険会社勤務後、専業主婦経験ありのアラフォー2女児の母の行政書士 離婚カウンセラー。

関連する投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。Bramanoliでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
www.dekorde.com

www.start-sport.com.ua/sport/tenis/raketki-dlya-nastolnogo-tenisa

защита двигателя бмв