セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

夫から求められなくなって数ヶ月。楽だな~と思っていたら、ある日いきなり夫の浮気が発覚! これってセックスレスを放置していた私のせい? 夫の浮気は誰でもショックを受けますが、そんなときこそ冷静な行動が必要です。いきなり夫を責め立てるのは避け、まずは自分が今後どうしたいかを考えましょう。


まずは冷静になる

夫の浮気がわかったら、妻がとる道は二つあります。離婚するか、そのまま夫婦を続けるかです。どちらにせよ大変な選択ですが、気をつけたいのは頭に血が上った状態で夫に詰め寄ると話がこじれてしまうこと。浮気がバレたショックを受ければ、夫の方も冷静な判断ができなくなります。なので、まずは気持ちを落ち着けて今後のことを考える時間を持ちましょう。

もしひとりがつらいときは、信頼できる友人に相談することも良い方法です。怒りや悲しみは視野を狭めてしまうので、信用のある第三者の意見は物事を現実的に考える手助けになります。ほかにも行政の電話相談や離婚カウンセラーに相談するなど、ひとりで思いつめないようにしましょう。

確定でないなら証拠を集める

確実な浮気の証拠がある場合は別として、グレーゾーンのまま夫に「浮気したでしょ!」などと問い詰めるのは避けます。もし違っていた場合は夫を深く傷つけることになるし、証拠を掴まれていないことがわかれば、ずる賢い夫ならよりいっそう言動に注意を払うようになるでしょう。浮気が確定でない場合は、まず証拠を集めるのが先。もしなければそれで良いし、あれば次の手を打ちやすくなります。

こちらにバレていないと思っていると、思わぬところで油断が出るのが浮気です。スマホの通話履歴やLINE、お財布に入っているレシートなどは日常触れるものなのでうっかり処分を忘れることも多く、機会を見てチェックしてみましょう。

夫に話すのは気持ちが決まってから

夫の浮気が確定だとして、今後のことについて話すならあなたの気持ちが決まってからにしましょう。離婚するなら、慰謝料や財産分与のこともあるし、関係を再構築するにしても夫の浮気を放置しておくわけにはいきません。

この場合、ふたりで話し合うような形より妻がすでに決断を下した状態で打ち明ける方が話は進みます。妻の気持ちが揺れているとわかれば、何とかなると思った夫は泣き落としにかかったり嘘をついたりと、自分を守ろうとする可能性があります。夫婦関係を続けると決めたとしても、「あなたが浮気をして悲しいしつらいけど、離婚はしたくない」と潔い態度を見せることで、夫も向き合わざるをえなくなるのですね。

「これからどうするの?」と夫に決断を委ねるのではなく、自分はこうしたいという意思を見せることが重要です。もしどうしても気持ちが決まらないときは、それを打ち明けるなら「あなたの浮気を知ったけど、どうすれば良いかわからない。でも、すごく悲しいしこのままじゃダメだと思っている」と、ショックを受けていること、何とかしたいと思っていることは確実に伝えます。

別居は頭を冷やす良い機会

夫の浮気がわかったとき、筆者がおすすめしたいのは別居という方法です。同じ家にいればどうしても相手を意識してしまい、冷静な感情を保つことが難しくなります。浮気は夫婦の信頼を根本から破壊する重大な過失。それを夫にもう一度理解してもらうためにも、また今後冷静に話し合うためにも、一度物理的な距離をとることは有効です。

夫にしてみても、浮気が知られたバツの悪い状態では一緒にいてもまともに過ごせないでしょう。浮気相手とも話し合ってもらう必要があります。もちろん、悪いのは浮気をした側です。臆せず「頭を冷やすために出ていって欲しい」と提案してみてください。

夫が頑として出ていくことを拒む場合は、「ご両親に相談する」と言うのも良い手です。事態を進めるためには、とにかく今のままではダメなのだということを夫にわかってもらう必要があります。また、それだけこちらは本気で今後のことを考えているというアピールにもなります。

やり直すなら、信頼の再構築を考える

セックスレスから浮気に走った場合、「お前が相手をしないから悪いんだ」と口にする男性は大勢います。ですが、セックスレスは夫婦ふたりの問題。浮気に走る前に、妻と向き合うチャンスはあったはずです。もし自分が拒んだことがセックスレスの原因だとしても、浮気をさせたなどと罪悪感を持つ必要はありません。

それよりも、夫婦関係をやり直すならそのようにお互いが心を開いていないことに焦点を当てるべきです。単純にセックスレスを解消すれば良いのではなく、不満やストレスを打ち明けられる、ふたりで何とかしようと努力できるような信頼関係の再構築が浮気の防止には何より重要なこと。浮気相手と縁を切ってもらうことは当然ですが、改めてふたりの関係を見つめ直す時間をしっかりと持つことも忘れてはいけません。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。世界にあって日本にない避妊具も含めてご紹介いただきました。スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもので、そのための選択肢が用意されていて、情報提供もされています。日本の女性たちはそもそも選択肢があることも知らされず、選択できていないのです。第三回目は、避妊具と避妊方法について伺いました。


【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松まゆみ先生。特に先生のセックスレス解消記事は大人気で多くの方に読まれています。しかしいったいなぜ夫婦はセックスレスになってしまうのか…刺激的なインタビューの第二回目です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。世界にあって日本にない避妊具も含めてご紹介いただきました。スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもので、そのための選択肢が用意されていて、情報提供もされています。日本の女性たちはそもそも選択肢があることも知らされず、選択できていないのです。第三回目は、避妊具と避妊方法について伺いました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
http://www.best-cooler.reviews/

best-cooler.reviews/author/bestmake/

https://www.babyforyou.org