【アラフォーがキャリアを考える時 #2】“Will” “Can” “Must”で自分の未来を設計しよう

【アラフォーがキャリアを考える時 #2】“Will” “Can” “Must”で自分の未来を設計しよう

こんにちは、キャリアコンサルタントの朝生容子です。転職を考える時に自分自身の“Will” “Can” “Must”について考えることはとても大切です。第2回目はそんな“Will” “Can” “Must”のお話です。


▶この記事をBramanoliのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

“Will” “Can” “Must”とはそもそもなに?

“Will” “Can” “Must”とは、自分の現在のキャリア上の課題を見つける枠組みです。それぞれの定義は以下のようになります。

Will ・・・ 自分がこうありたいと思う姿

Can ・・・ これまでの経験や積み上げてきたスキルなど、すぐに発揮できる能力

Must ・・・ 会社や家庭など、自分以外から求められていること

それぞれを円にし、上のような図を作ります。
3つの枠の重なりが大きければ、それだけ理想的な状況にあると考えます。つまり、能力が活かせて、周囲の期待にも応えられ、やりたいことも実現できているのです。

しかし、それを完全に実現することは現実には難しいですね。
だとしたら、どの部分を充足させていったらよいか? 能力なのか、周囲の環境か?
それを明らかにしていくのが、この枠組みです。

足りない部分を知ることが、次のアクションへの一歩となる

「Will」と「Can」の部分は、連載1回目で考えていただいた内容が活かせます。

Willは「理想の1日」で考えたことが使えます。その中でも優先順位の高いものから書き出してみましょう。
「Can」については、ライフラインチャートで棚卸した過去の経験から、自分が身につけたことを見つけることができます。

では、具体的にどう「Will」「Can」「Must」の枠組みを使っていくか、ご説明しましょう。

まず3つの枠組みに対応する事実を、思いつく限り書き出していきます。そのうえで、「Will」の実現に関連づけられる「Can」「Must」の項目に〇をつけていきます。つけた〇が多ければ枠も大きくするといったように、○の数を3つの枠の大きさに反映させます。

第1回でご紹介したAさんを例にして具体的に取り組み方をみていきましょう。
「Will」のうち、Aさんが重要視しているのは「指示を受けるだけより、自分で考えて改善・工夫が求められる仕事をしたい」ということでした。

次に、「Can」に書き出した能力のうち、「Will」の改善や工夫につながる能力に〇をつけます。たとえば「あらかじめ問題を予測し対策を考える力」「トラブルの発生の根本原因を見つける根気」などがそれに当たります。一方、現在の勤務先の「Must」は「マニュアルに基づいて間違いなく書類を処理すること」「事務担当者からの改善提案は期待されていない」などです。「Will」に照らすと、〇をつけられるものは少ないようです。

それぞれの枠内で〇を付けたものの数を、枠そのものの大きさに反映してみると、Aさんの状は以下のようになります。(図2)

Mustが小さくなった分、3つの枠が重なる部分が狭くなりますね。Aさんの現状への飽き足らなさは、職場の環境にあることがはっきりしました。

Aさんは、職場環境を変えるべく、転職活動を始めることにされました。同時に、会社をやめなくても自分の創意工夫が活かせる場として、ボランティア活動の参加なども検討されるそうです。

現実には、「Must」「Can」にしても、すぐに状況を変えるのは難しく時間がかかるのが大半です。「子どもが小さく、まだ手がかかる」が「Must」にあれば、「フルタイムで思い切り働きたい」と希望しても、実現に数年かかることもあるでしょう。

ただ、そこで何も手を打たなければ、「Can」と「Will」のギャップがどんどん広がってしまいます。
いざ「Must」の状況が変わったときのために、維持しておいた方がよいものがあれば、磨き続ける手立てを考えていきます。
「Will」「Can」「Must」の枠組みは、自分を理想の未来に近づけるアクションを具体化していく方法なのです。

「Will」「Can」「Must」で自分の真の喜びを知ることが大切

Getty logo

「Will」「Can」「Must」の3つの枠のうち、どれでも自分が考えだしやすいものから取り組まれればよいと思います。私は「Will」を考えると、ワクワクし力が湧いてくるので、いつもそこから考え始めています。

「Will」を考えるうえで注意していただきたいのが、「Willは不満要因と満足要因の二つの条件がある」ということです。

人が満足するためには、「これが実現されたらいいな」という満足要因と、「ないからいやだ」という不満要因があると言われています。それぞれが別のものであり、双方が充足することが必要なのです。

チェーンの飲食店勤務から、30代後半で内勤へのキャリアチェンジを希望したBさんの例でみていきましょう。
Bさんは、新卒で入社以来、新卒で入った飲食店で勤務、店長も務められました。しかし、立ち仕事で体力的に今の仕事を続けることが難しいと考えたことから、一般事務の仕事に転じたいと相談にいらっしゃいました。

当初、お話を伺った際、Bさんから出てきたのは今の職場に対する不満要因ばかりでした。「体力的にきつい」のほか、「休みが定期的に取れない」「給与が安い」と不満が続きました。

その不満の解消方法として事務職を考えていたのですが、お話を進めていくうちに、それではBさんのWillが充足されないことがわかってきたのです。

Bさんは、お客様から「ありがとう」と言われることに仕事のやりがいを強く感じていました。そのために、接客の工夫をしたり、部下や後輩の指導に熱心に取り組んでこられたのです。つまり、Bさんの満足要因は「お客様に喜んでもらえる」点にありました。

しかし、事務の仕事の大半は、スムーズにできていて当たり前と言われるもの。ミスで怒られることがあっても、うまくいったことに感謝されることはなかなか少ない。

Bさんは、ご自身の「満足要因」に気づいたことで、希望する仕事内容を、内勤で勤務時間も規則正しいコールセンターに方向転換されました。これまで培ってきた接客スキル(Can)も、フルに活かせることができるでしょう。

いかがでしたでしょうか? みなさんも、「Will」「Can」「Must」の枠組みでご自身の現状を明らかにして、ぜひこれからのアクションプランを考えてみてくださいね。

キャリアコンサルタント 朝生 容子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

2012年にキャリアコンサルタント・研修講師として独立。社会人のキャリア相談に乗るほか、セミナーや研修講師、執筆等に取り組む。

関連する投稿


【Bramanoli 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【Bramanoli 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第3回目はアメリカのイクメンパパ事情について。アメリカのパパたちはとってもコミュニケーション上手のようです。


更年期の「不安・気分の落ち込み・うつ」の予防&ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #34】

更年期の「不安・気分の落ち込み・うつ」の予防&ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #34】

不安になったり、気分が落ち込んでうつうつとしたり、涙もろくなったり、外に出ることや人に会うことが億劫と感じたり・・・。特にこれという理由がないのにどうして? と思うことはありませんか。今回は、更年期によくある心の不調や改善方法を紹介します。


41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

転職があたり前となった時代、キャリアを見直すタイミングが人生で何度か訪れると思います。しかし、数回のことだからこそ面接でどう話していいかわからないのは当然ですよね。今回は、面接対策をロジカルに考えて解説します。


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月22日(月)~7月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月22日(月)~7月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


“卵巣年齢”気になりませんか? 自宅で手軽にチェックできる「F check」

“卵巣年齢”気になりませんか? 自宅で手軽にチェックできる「F check」

日本は不妊治療大国だということをご存知でしょうか?「国際生殖補助医療監視委員会(ICMART)」の報告によると、日本の2010年の体外受精実施件数は24万2161件。これは第2位のアメリカの約1.6倍!多くの女性が子どもを望み、不妊治療をしている現実がありますが、不妊治療を取り巻く環境が整備できているとはとても言えない現状です。そんな中、卵巣年齢が自宅でチェックできるという「F check」が発売されプレス発表会が行われたので行ってまいりました!


腹立つ! もう我慢の限界…そんな時におすすめのえほん【心をうるおす大人の絵本 # 10】

腹立つ! もう我慢の限界…そんな時におすすめのえほん【心をうるおす大人の絵本 # 10】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】あーもうイライラする! 我慢の限界! 子どもに友人に同僚に後輩に部下に…腹が立つことありますよね。そんな時、気持ちを落ち着かせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 自分の機嫌は自分でとる、そんなオトナになりたいですね。


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
アラフォー・40代女性のお悩みは│Bramanoli [Brama]
@Bramanoli_jpさんをフォロー
BramanoliアプリダウンロードバナーPC_news_フッター
start-sport.com.ua/obuv/butsy/butsy-adidas

У нашей фирмы интересный веб портал на тематику подушки пуховые киев www.shopvashtextil.com.ua