実は私も…「排卵日付近」の気になる臭い対策は?【本気で始める美容・エイジングケア#7】

実は私も…「排卵日付近」の気になる臭い対策は?【本気で始める美容・エイジングケア#7】

デリケートゾーンのニオイ対策って、文字どおり「デリケート」な話題です。パートナーはもちろん、親しい友人にもなかなか相談しにくいですよね。生理中だけでなく排卵日付近のニオイに敏感になっている女性も少なくないのでは。今回は私、時短美容家の並木まきが、排卵日付近のニオイ対策についてお話していきます。


排卵日付近の「気になるニオイ」原因は…

生理中のニオイではなく、排卵日付近に気になるニオイの原因としては、まず“おりもの”が考えられます。実は、“おりもの”にも生理と同じような周期があり、量や状態はそれぞれの周期によって変化をしているものだそう。

そのせいもあって、排卵日付近の“おりもの”の状態によっては、ニオイにも変化が生じている可能性があるのです。
「普段はあまり感じないけれど、排卵日付近になると特にニオう」と感じているなら、“おりもの”の変化にも気をつけてみてください。

一般的に、通常の“おりもの”と排卵日前後の“おりもの”には、違いがあるとも言われます。

排卵日と普通の日はおりものが違う!?

カラダの周期によって、量や状態が変わると言われる“おりもの”。
通常、排卵日付近は最も“おりもの”が増えるタイミングです。受精の準備として“おりもの”の量が増えるとも言われるだけに、人によってはニオイが気になるタイミングにもなりやすいのではないでしょうか。

けれど、排卵日前後に“おりもの”が増えるのは自然な現象とは言っても、気になるニオイはできるだけ防ぎたいところ。
となると、排卵日付近のニオイ対策としては“おりもの”へのケアが、ニオイにアプローチできるお手入れになりやすいのです。

アラフォー女性が実践したい排卵日付近のニオイ対策2つ

そこで、排卵日付近にほんのりニオう気になるニオイ対策としては、次のようなケアが大切になってきます。

その1:通気性の良い肌着を選びムレないように配慮
デリケートゾーンが高温・多湿な状態になってしまうと、気になるニオイも加速する環境に。そのため、通気性の良い肌着を着用し、湿度が上がりすぎないように気をつけてみて。『Bramanoli』の以前の記事「暑い夏…カラダの汗臭さだけじゃなくデリケートゾーンの臭いも気になる!」でご紹介したような“シルクのショーツ”を意識的にセレクトしてみるのも対策に。

その2:おりものシートを活用する
また、肌に触れる部分を清潔に保つためには、手軽な“おりものシート”の活用が便利です。
「ニオうかな?」と感じている日には、できるだけショーツを清潔な状態に保ったほうが対策になるので、上質な“おりものシート”を活用してこまめな交換を。
通気性やかぶれにくい素材に注目して選ぶと、シートのせいで痒みが……という事態も防ぎやすくなります。

キツいニオイがなかなか消えないときには…

日常生活でそれなりのケアを意識しているけれど、一向にニオイが改善されない、それどころか強くなってきている気がする……という場合には、医師の診断を受けたほうが賢明。

ひょっとすると、何かの病気が原因となってキツいニオイが発せられている可能性も、ゼロではないからです。
通常“おりもの”のピークは20~30代と言われているだけに、40代を過ぎて大量の“おりもの”が出ていたり「なんだか様子がいつもと違う」と感じたりするときには、自己判断による過信は禁物。

「たかがおりものでしょ?」とあなどらず、状態をよくチェックして、医師に相談するようにしてくださいね。

デリケートゾーンのお悩みは清潔感がカギ

生理中でも排卵日付近でも、デリケートゾーンのニオイ対策は女性にとっては身だしなみのひとつに。美容的な観点からは、とにかく清潔な状態を保持できるよう努めることがニオイ対策にもつながります。

セルフケアでは、下着やおりものシートに意識を向け、まずはこまめに清潔な状態をキープするよう気をつけてみてください。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


アンダーヘアはいる?いらない?アラフォーこそ考えたいこれからのデリケートゾーンケア【デリケートゾーンのケア方法#9】

アンダーヘアはいる?いらない?アラフォーこそ考えたいこれからのデリケートゾーンケア【デリケートゾーンのケア方法#9】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本ケアからスペシャルケアのマッサージ、そして膣トレなどについてお伝えしてきましたが、いよいよ今回で最終回。最後はアンダーヘアのケアについてお伝えします。


かずのすけの“しない美容” 足裏やデリケートゾーンは必死に洗うほど臭くなる

かずのすけの“しない美容” 足裏やデリケートゾーンは必死に洗うほど臭くなる

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


閉経はオンナが終わる? いいえ、新たな“セクシャルステージ”到来と捉えるべし!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#19】

閉経はオンナが終わる? いいえ、新たな“セクシャルステージ”到来と捉えるべし!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#19】

40代に入り、更年期の症状が徐々に表れ生理も不順になってくると「ああ、オンナとして終わっていくのね…」と感じる人もいるでしょう。ですが!決してそうではないと夫婦仲研究所所長の三松真由美先生はおっしゃいます。


「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?

「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?

彼の方から積極的にセックスに誘われていますか?どんなに容姿が美しくても、セックステクニックがあっても、それだけでは男性の心を繋ぎとめることはできません。実はセックスにおいて、男性が絶対に外せないと思っているポイントがあります。「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?!


「粘液力」アップする食べ物でからだの中から“膣”ケア【デリケートゾーンのケア方法#8】

「粘液力」アップする食べ物でからだの中から“膣”ケア【デリケートゾーンのケア方法#8】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージ、そして膣トレについてお伝えしてきましたが、今回は粘液力をアップする食べ物についてご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

ユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターはもうチェックしましたか? ラム素材で肌触りが最高♡カラーも豊富ですので、好きなカラーをチョイスすることができます! 今年は断然ダボッとサイズがおすすめ。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://militarycenter.com.ua

Узнайте про классный веб сайт , он рассказывает про фото высокого разрешения https://photolifeway.com/designer/259-stock-foto
read more thailand-option.com