実は私も…「排卵日付近」の気になる臭い対策は?【本気で始める美容・エイジングケア#7】

実は私も…「排卵日付近」の気になる臭い対策は?【本気で始める美容・エイジングケア#7】

デリケートゾーンのニオイ対策って、文字どおり「デリケート」な話題です。パートナーはもちろん、親しい友人にもなかなか相談しにくいですよね。生理中だけでなく排卵日付近のニオイに敏感になっている女性も少なくないのでは。今回は私、時短美容家の並木まきが、排卵日付近のニオイ対策についてお話していきます。


排卵日付近の「気になるニオイ」原因は…

生理中のニオイではなく、排卵日付近に気になるニオイの原因としては、まず“おりもの”が考えられます。実は、“おりもの”にも生理と同じような周期があり、量や状態はそれぞれの周期によって変化をしているものだそう。

そのせいもあって、排卵日付近の“おりもの”の状態によっては、ニオイにも変化が生じている可能性があるのです。
「普段はあまり感じないけれど、排卵日付近になると特にニオう」と感じているなら、“おりもの”の変化にも気をつけてみてください。

一般的に、通常の“おりもの”と排卵日前後の“おりもの”には、違いがあるとも言われます。

排卵日と普通の日はおりものが違う!?

カラダの周期によって、量や状態が変わると言われる“おりもの”。
通常、排卵日付近は最も“おりもの”が増えるタイミングです。受精の準備として“おりもの”の量が増えるとも言われるだけに、人によってはニオイが気になるタイミングにもなりやすいのではないでしょうか。

けれど、排卵日前後に“おりもの”が増えるのは自然な現象とは言っても、気になるニオイはできるだけ防ぎたいところ。
となると、排卵日付近のニオイ対策としては“おりもの”へのケアが、ニオイにアプローチできるお手入れになりやすいのです。

アラフォー女性が実践したい排卵日付近のニオイ対策2つ

そこで、排卵日付近にほんのりニオう気になるニオイ対策としては、次のようなケアが大切になってきます。

その1:通気性の良い肌着を選びムレないように配慮
デリケートゾーンが高温・多湿な状態になってしまうと、気になるニオイも加速する環境に。そのため、通気性の良い肌着を着用し、湿度が上がりすぎないように気をつけてみて。『Bramanoli』の以前の記事「暑い夏…カラダの汗臭さだけじゃなくデリケートゾーンの臭いも気になる!」でご紹介したような“シルクのショーツ”を意識的にセレクトしてみるのも対策に。

その2:おりものシートを活用する
また、肌に触れる部分を清潔に保つためには、手軽な“おりものシート”の活用が便利です。
「ニオうかな?」と感じている日には、できるだけショーツを清潔な状態に保ったほうが対策になるので、上質な“おりものシート”を活用してこまめな交換を。
通気性やかぶれにくい素材に注目して選ぶと、シートのせいで痒みが……という事態も防ぎやすくなります。

キツいニオイがなかなか消えないときには…

日常生活でそれなりのケアを意識しているけれど、一向にニオイが改善されない、それどころか強くなってきている気がする……という場合には、医師の診断を受けたほうが賢明。

ひょっとすると、何かの病気が原因となってキツいニオイが発せられている可能性も、ゼロではないからです。
通常“おりもの”のピークは20~30代と言われているだけに、40代を過ぎて大量の“おりもの”が出ていたり「なんだか様子がいつもと違う」と感じたりするときには、自己判断による過信は禁物。

「たかがおりものでしょ?」とあなどらず、状態をよくチェックして、医師に相談するようにしてくださいね。

デリケートゾーンのお悩みは清潔感がカギ

生理中でも排卵日付近でも、デリケートゾーンのニオイ対策は女性にとっては身だしなみのひとつに。美容的な観点からは、とにかく清潔な状態を保持できるよう努めることがニオイ対策にもつながります。

セルフケアでは、下着やおりものシートに意識を向け、まずはこまめに清潔な状態をキープするよう気をつけてみてください。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

腟周りのケアの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースする日本の植物療法士 第一人者の森田敦子さん。これまで腟まわりのケアがいかに大切かということについてインタビューしました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。Bramanoliでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【Bramanoli 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【Bramanoli 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。Bramanoliでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


アンダーヘアはいる?いらない?アラフォーこそ考えたいこれからのデリケートゾーンケア【デリケートゾーンのケア方法#9】

アンダーヘアはいる?いらない?アラフォーこそ考えたいこれからのデリケートゾーンケア【デリケートゾーンのケア方法#9】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本ケアからスペシャルケアのマッサージ、そして膣トレなどについてお伝えしてきましたが、いよいよ今回で最終回。最後はアンダーヘアのケアについてお伝えします。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
Узнайте про классный веб сайт , он рассказывает про фото высокого разрешения https://photolifeway.com/designer/259-stock-foto
read more thailand-option.com