暑い夏… 「デリケートゾーン」の臭いが気になる時は?【本気で始める美容・エイジングケア#5】

暑い夏… 「デリケートゾーン」の臭いが気になる時は?【本気で始める美容・エイジングケア#5】

暑い夏、皆さまいかがお過ごしですか? こんにちは、時短美容家の並木まきです。汗をかく季節だけに、日々の汗対策も重点ケアに。けれど、アラフォーを超えたくらいから体から出る汗のニオイだけでなく、デリケートゾーンのニオイに頭を悩ませている女性も少なくないのでは。今回は、デリケートゾーンのニオイへの対策をお話していきます。


デリケートゾーンのニオイが気になります!

生理前や生理中だけでなく「エイジングとともにデリケートゾーンのニオイが気になりだした……」という声は、よく耳にします。
加齢とともに体質が変わることから、デリケートゾーンのニオイも以前とはどこか違うような気がしている女性も少なくはないのではないでしょうか。
けれど、このお悩みは仲がいい友人であってもなかなか相談しにくいのもホンネのところですよね。
けれど、アラフォーを超えたら本気で対策していきたい部分でもあります。

デリケートゾーンが臭う原因は?

デリケートゾーンから不快なニオイが生じる最大の原因は、“雑菌”。

雑菌が出す老廃物によって、気になるニオイが発生しやすくなると言われています。デリケートゾーンにも汗腺がありますが、どうしても高温・多湿な雑菌が好む環境になりやすく、皮脂やアンモニアの影響もあってニオイが発生しやすくなるパーツ。

カラダが汗をかく夏場は、デリケートゾーンもそれだけ汗をかきますので、ニオイが気になりやすい季節とも言えます。

気になるニオイ対策はバスタイムがカギ

ですので、雑菌を繁殖しにくい環境を整えることが、何よりのニオイ対策に。汗をかく夏場は、とにかく清潔な状態をキープするためにバスタイムのケアが大切です。

デリケートゾーンの構造は複雑ですので、指の腹を使いながら丁寧に汚れを落とし、清潔な状態をキープして。このとき、石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと膣内のバランスが崩れて、かえってニオイを発生させやすくなると言われるだけに、刺激を与え過ぎないよう配慮しながら汚れを落とすのが重要です。

昨今は、デリケートゾーンをケアする専用のアイテムも豊富ですから、“アラフォー女性のたしなみ”としてひとつ常備しておくと安心感も上がります。

シルクのショーツがニオイ対策になる!?

そして、清潔な状態をいかに長く持続させられるかも、ニオイ対策では重要です。
デリケートゾーンはただでさえ高温・多湿になりやすいパーツですので、通気性の良いショーツを選んだり“おりものシート”を活用したりして、快適な環境をつくるのも対策のひとつです。

「通気性の良い下着」と聞くと、最初にコットン素材を思い浮かべる人も少なくないかもしれませんが、それ以上にシルクのショーツがベスト。シルクは、繭の温度や湿度を快適な状態に保つ性質がある繊維なので、デリケートゾーンを快適に保つためにも積極的に選びたい素材なのです。

「シルクのショーツ」には、“オトナ”な響きもありますよね。アラフォーを超えたオトナの女性が身につけるのにも違和感がなく、デリケートゾーン対策に加えエイジングなりの身だしなみも叶うと思えば、一石二鳥の素材なのです!

対策は「清潔な状態をいかにキープできるか」にかかっている

今回は、なかなかお友達にも話しにくい“デリケートゾーンのニオイ”についてお話しました。オトナの女性の身だしなみとしても、ニオイ対策には意識を向けておきたいところ。

たくさんの汗をかく夏場のケアでは、カラダの汗だけでなく、デリケートゾーンの汗にも配慮したほうが安心です。そして、ニオイ対策は1にも2にも「清潔な状態をいかに長くキープできるのか」にもかかってくるので、お手入れだけでなく身につけるものにも気をつけてみてくださいね。

時短美容家 並木まき




本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


アラフォーの妊活 ちゃんと排卵してる?「続発性無月経」「無配卵性月経」について【アラフォーからの性教育 Q&A#16】

アラフォーの妊活 ちゃんと排卵してる?「続発性無月経」「無配卵性月経」について【アラフォーからの性教育 Q&A#16】

妊活中の方にとって、月経の有無というのはとても大切なことですよね。排卵をしているのに月経がない…そんなこともあるのでしょうか?助産師で看護師のやまがたてるえさんに教えていただきましょう。


顔より大事な、デリケートゾーン保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーンのケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーンのケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーンケア#4】

“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーンケア#4】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。今回は、デリケートゾーンの基本ステップその1「洗い方」についてお伝えします。これまで丁寧にケアしてこなかったという方も、遅くはありません。一緒にこれからケアを始めましょう!


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーンケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーンケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


 「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーンケア#1】

「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーンケア#1】

いよいよ待望のデリケートゾーンのケア方法の連載が始まります!植物療法士であり「潤うからだ」の著者・森田敦子さんは様々なメディアでデリケートゾーンのケアがいかに大切か語っていらっしゃいます。その森田敦子さんにたっぷりとデリケートゾーンについて語っていただきます。今こそしっかり自分のデリケートゾーンに向き合いましょう!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。Bramanoli的にこれは見逃せません!


【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

40代での再婚になると、どちらかが子連れであることも珍しくありません。血の繋がりがない人間が親となる家族は一般的にステップファミリーと呼ばれますが、最初は対応に戸惑うことも多いでしょう。幸せなステップファミリーになるには、何よりお互いの信頼が欠かせません。子連れでの再婚で気をつけたいことについて、お話します。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング