夫の浮気が発覚!即離婚⁉ まずは冷静に考えて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #1】

夫の浮気が発覚!即離婚⁉ まずは冷静に考えて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #1】

それまで自分は無関係と思っていたのに、ある日突然夫の浮気が発覚し、平穏な日常がいとも簡単に崩れ去る。妻として、女としての力が足りないばかりに、子供たちに申し訳ない。食事ものどを通らず、一つ一つの呼吸さえ苦しい。離婚? 修復? という人生重大な決断を前に、途方に暮れた女性にお読みいただいて安心していただきたいです。


離婚すべきか? 修復すべきか? 難題を前に一歩も前進できない

離婚すべきか? 修復すべきか? そんな難問はいくら考えても、納得の答えは得られないでしょう。迷いを抱えつつ情報を集めて、離婚を決意したところで、本当にこれで良かったのか悩むことになります。また、修復を決意しても、修復というのは貴女一人で頑張っても、そもそも夫が浮気を止めない、修復の意思がまったくないときには、難しいのです。では、いったいどうすればいいのでしょうか?

修復の迷いがあるならば、まずは修復を頑張ってみる!

夫の浮気発覚と同時に離婚につき進む妻もいますが、修復を考えるかどうかはそれまでの夫婦関係が大きく関わってきます。もともと相性が悪い夫婦も沢山います。ですから周囲を見て結論を急ごうとせず、貴女が夫との修復を望む気持ちがあって迷っているならば、まずは修復を試みましょう。

ここで知っておいていただきたいのは、

「妻力をアップさせれば、必ず夫は戻ってくる?」

ということ。これはもうそうとは限らないのです。100%な妻なんて現実的ではありません。また、妻が優れているからといって、夫は浮気しない、というものでもありません。そして夫の人格もそう簡単に変えられるものではありません。

ですから、今からできることにベストを尽くし、それ以上は自分を責めるのはやめましょう。そもそも浮気した夫が一番悪いのですから。

自ら修復の可能性をつぶさないように注意したいこと

浮気発覚の際、夫を責め立てる妻は非常に多いです。これは、ほどほどでやめておきましょう。妻に責められて洗いざらいしゃべってくれる夫もいますが、貴女の責めに対し、ウソの上塗りをしていくタイプならば、要するに「真実を話したくない」ということは明白です。

その夫に対し、貴女が責め立て続けると、夫はウソの上塗りをしていくことになります。そして、貴女も、「こんなウソだらけの信じられない夫! 堪忍袋の緒が切れる」といったように、良い方には向かいません。実際、後者のウソをつくタイプの方が圧倒的に多いです。

浮気したら白状すべき、謝罪すべき、と思い込んでいる妻は多いのですが、このタイプの夫の場合は、対応を変えないと夫婦関係は簡単に悪化します。夫婦喧嘩を繰り返すことはやめて、早い段階で状況を見極め、次に証拠集めや示談など、修復に向けて方針をたてていくことが必要です。

修復がかなわない場合は、自然に心が決まってくる

浮気相手の属性、恋愛の進行度にもよりますが、修復は簡単ではありません。貴女が美しさを取り戻す、夫の喜ぶように料理を頑張る、夫に指摘された悪いところを直す、いろいろやっても夫に響かないこともあります。

それは浮気相手とは、”新鮮さ”で負けてしまうからです。夫自身が修復したい、と思ってくれないことも多いのです。貴女が忍耐強く頑張っても、夫は相変わらず不誠実な言動を繰り返すかもしれません。その他、示談という方法もあります。あれこれやっても夫に響かないならば、”待つ”を貫くでも良いでしょう。

ただ、妻の年代や価値観によりますが、不誠実な言動を夫が繰り返す場合は、最初は離婚を躊躇していた妻も徐々に離婚の決心がついてきます。「こんな人間だとは思わなかった」「人相が変わってしまって」とは、よくこの状況で妻が発する言葉です。夫が浮気を止めれば良いのですが、期待どおりにいかない場合は、妻も疲弊し、この苦しみを終わらせたいと思うようになります。

そうなったときに、自然に離婚を前向きに考えるようになります。経済的に離婚しても生活が大丈夫ならば、離婚しようかな、と。子供の受験や学区の理由により、近々離婚するのは都合が悪い場合は、離婚の決意はしていても、タイミングを何年か先にすることもあります。必ずしも、修復不可と離婚は同じではないので焦らずに。

修復がかなっても、安心してはいけない

では、妻の努力によって夫の心が妻のもとに戻ってきた場合はどうでしょうか? これは、本当に嬉しいことですね。大きな危機を乗り越え、妻として一回りも二回りも成長したことでしょう。

ただ、安心してはいけません。また同じ女性、または、違う女性との浮気が発覚するというケースも少なくないからです。“いつ頃?”というのはケースによりますが、数か月後ということもあるし、数年後ということもあるし、10年、20年後に浮気を繰り返すこともあります。実際50代、60代の夫の浮気も多いのです。

夫に誓約書を書かせたからまずは大丈夫、と思っていますか? 甘いです。浮気夫の場合は、そんなに簡単に誘惑を断ち切れるものではありません。「この夫、また浮気するかも」と頭のどこかに留めておいた方が良いでしょう。危機が去った後は、夫に罰を与えたり、監視するのではなく、夫婦の絆を強める時期です。以前の自分に妻として反省すべきところがあるならば改め、より妻としての力を蓄えていくために、大切に過したいですね。

行政書士 離婚カウンセラー 阿部貴子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一橋大経済学部卒、大手保険会社勤務後、専業主婦経験ありのアラフォー2女児の母の行政書士 離婚カウンセラー。

関連する投稿


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


隠し事は絶対ダメ? 夫婦は何でも話さないといけないのでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #24】

隠し事は絶対ダメ? 夫婦は何でも話さないといけないのでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #24】

結婚して夫婦になると、他人同士の間柄から一番近しい関係になります。あなたのお宅では、夫婦で何でも話し合っていますか?「夫婦になったら、すべてをオープンにしないといけないの?」「結婚したら夫婦の関係はどうなるの?」そんな疑問にお答えします。


愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

ストレスが溜まっているのか愚痴ばっかり言っている人、いますよね。そういう自分自身もしらずしらず愚痴を言っている時がある…。永遠、愚痴を聞かされる方はたまったものじゃないですよね。そんな愚痴ばかり言う人の対処法を国際基準マナー講師の大網理紗さんに教えていただきます。


夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

いつどうなるかわからないのが結婚生活。ごく普通に幸せに暮らしていたのに、ある日突然、パートナーから離婚宣言されることもあります。今回は、突然、夫から離婚を言い渡された妻からの相談です。ある日パートナーから「好きな人がいる」「離婚したい」と言われたら、あなたはどうしますか?


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング