嗜好を変えて…今日からできる♪ マンネリセックス脱却法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #33】

嗜好を変えて…今日からできる♪ マンネリセックス脱却法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #33】

夫とのセックス、決して不満はないんだけど、最近ちょっとマンネリ気味…。でも夫には言いづらい。愛する夫だからこそセックスの話はデリケートに感じますが、そんなときは言葉でなく態度でこちらから変化を見せていきましょう。積極的になる? いいえ、肝心なのは「求める」心を見せることなんです。


マンネリ脱却は妻からしかけて!

長い間ひとりの人間とだけセックスを続けることは、どうしても「飽き」がくることを避けられません。同じ相手に同じベッド、同じやり方が定着してしまうと、マンネリを感じてもいきなり新しいことを始めるのは億劫に感じたり、また恥ずかしいという照れが出てくることもあります。

どちらかと言うとセックスでは受け身になるのが多い女性ですが、それだけに夫にして欲しいことや逆にやめて欲しいことがあっても言いづらい場合もありますよね。つい我慢するので、欲求不満が溜まる…なんてことも。

夫の方も、いつも妻が同じ反応であることに満足する反面、新しい刺激が欲しいと思ってもそれを口にすると嫌がられたり、拒否されたりすることが怖くて言えない、というときがあります。男性にとってセックスは女性が思う以上にデリケートな話題、妻にそっぽを向かれるのは何より傷つくことです。

マンネリから抜け出したいときは、夫の行動を待つより妻からはたらきかける方が、夫のプライドを刺激しないのでスムーズに進みます。だからといって無理に大胆になる必要はありません。ポイントは、もっとあなたと楽しみたいという「求める」気持ちを夫に伝えることです。

「積極的」は逆効果⁉ もしかして夫を傷つけてるかも!

「女性から求める方が男性に喜ばれる」とよく言いますが、確かに妻からベッドに誘われる方が興奮する、最中もいろいろと動いてくれると嬉しいという夫は多いでしょう。ですが、あまりにも積極的に女性に迫られると、男性は嬉しい反面プレッシャーを感じます。期待を感じる分、満足させなくてはと思うのですね。

男性には好きな女性を支配したい欲が少なからずあり、それが男らしさを満たすことにもなります。自分より妻の方がセックスに意欲的なのは、嬉しいけれどそれでは自分が応える側になり、満足感が減ることも。女性にリードされることを嫌うのは、プライドに関わるからとも言えます。

積極的な姿勢を見せるなら、妻はあくまで応える側でいる方がベター。主導権は夫に渡したままで、上手に求めていきましょう。

忘れないで! 「恥じらい」はとっても大切!

ベッドに入る前、自分でさっさと服を脱いでいませんか? セックスは裸になる前から始まっています。服を脱がせる行為は男性の性欲を刺激する大切な儀式。

セクシーなランジェリーがより興奮を煽るのは、ゆっくりとパジャマを脱がしたときに初めて目にするからです。いきなり裸を晒すのもたまには良い刺激になりますが、最初から夫の手に体を委ねる姿は恥じらいを感じさせるもの。夫婦だからこそ、いつも女性であることを意識した振る舞いが、夫に性欲を感じさせます。

「もっと」は夫が喜ぶ魔法の言葉

気持ちよさを伝える言葉を恥ずかしがっていると、夫は良くないのかなと不安になります。体の反応だけでわかるはずと女性は考えがちですが、「すごくいい」など耳からの刺激も男性は欲しいと思っています。特に、「もっと」という言葉は求められている実感が湧きやすく、夫が喜ぶ言葉。さらに気持ちよくなって欲しい、という欲が起こります

気をつけたいのは、言葉を使いすぎると男性はわざとらしさを感じることです。夫の様子を見ながら、どこで言えば興奮が増すかを見極めて使うとさらに良いですね。

新しい体位は「おねだり」する

マンネリした時間を変えるために新しい体位に挑戦するのは手っ取り早いやり方ですが、いきなり妻が始めてしまうと夫は驚きます。

してみたい体位は、夫におねだりするのが正解。お伺いを立てられると夫は男らしさを刺激されて嬉しくなります。夫にリードしてもらう姿勢を忘れないことで、より深い快感をふたりで得られるのですね。

余韻を楽しめる妻こそ愛おしくなる

終わったあと、すぐに服を着込んで素に戻られると、夫はがっかりします。ふたりで満足した行為だからこそ、余韻までしっかり楽しみたいもの。汗をかいていたらタオルでそっと額や体を拭いてあげたり、飲み物を差し出したりする気配りは、夫の心をさらに満たします。

腕枕をしながら「すごく良かった」「また抱いてね」など甘えるのも、夫の愛情が高まる姿。どうだった?とはなかなか自分からは聞けないので、妻の方から言ってもらうことで安心できるのですね。

少し落ち着いたら、背中などをマッサージしてあげるのも良い方法です。セックスが終わってもスキンシップを続けることで、触れられることが心地よい、もっと触れていたいと男性は思います。さっさと離れてしまわれると寂しいのは、男性も同じなのです。

セックスは、夫婦には欠かせない愛情表現の一つ。夫を求める気持ちを十分に伝えることが、マンネリを防ぐ近道になります。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく…いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
viagra rezeptfrei

in detail thailand-option.com

https://baden-medservice.ru