知りたい!35歳からのシミの種類とケア方法

知りたい!35歳からのシミの種類とケア方法

30代では感じたことのないお肌の変化に、40代に入ってから戸惑う大人女性も多いことでしょう。シミなどの悩みも深刻化してくるのが、この世代の特徴でもあります。シミには種類がありますので、それに適したケア方法で対処をしていきましょう。


シミにはいくつもの種類が!

一口にシミと言っても、たくさんの種類があるので、今の症状が何が原因なのかを理解して、ふさわしいケア方法でアプローチをしましょう。誤った判断でケアをしてしまうと、余計に症状は悪化することにもなりかねません。今の肌悩みは何が原因なのか、それはどのタイプかも理解することで、改善の対策を試みるきっかけを知ることができます。
 
40代のアジア人女性に多く見られるのは、左右対称に出やすい肝斑の症状です。30代から感じやすい症状ではありますが、深刻に肌悩みとして出てきやすいのは、ホルモンバランスも乱れやすい40代以降の女性です。大人女性が肌悩みをして抱えやすい種類としても、肝斑はとても多いです。
 
中年以降に増加をしてくるのは、老人性色素斑の症状であり、広い範囲に生じやすいのが特長です。また、思春期に目立ちやすいのは、そばかすの症状であり、皮膚の炎症後に生じるのは、炎症後色素沈着です。後天性真皮メラノサイトーシスは、ほのかに青味を帯びている褐色なのが特徴的です。

肝斑のシミの種類のケア方法

大人の女性たちの多くが悩むシミの中でも、肝斑の症状は特徴的なものです。基本的に肝斑のシミ治療は、自宅での洗顔をしっかりするなどといった、セルフケアでは対処が困難なタイプとなります。だからといって、肝斑はできてしまったら手立てがないわけではありません。

肝斑のケア方法として有効な手段となるのは、皮膚科などで処方をしてもらえる内服薬でのアプローチが効果的なケアになっていきます。肝斑治療に有効な成分としては、色素沈着をセーブさせる働きがあるトラネキサム酸が有名で、病院で処方が必要な内服薬です。

肝斑を医薬品の力を用いて、内側から改善させることで、目立ちやすい肝斑を薄くしていくことが期待できます。美容皮膚科や美容クリニック、一般の皮膚科でも相談は可能であり、症状によっては、ほかの医薬品を組み合わせることもあります。美白外用剤でもある、ハイドロキノンや、ビタミンCなどをセットにして、一緒に処方をされるケースはよくあります。

老人性色素斑の種類へのケア方法

老人性色素斑の種類のシミは、原因が過去からの紫外線によるものです。日本人女性は40代を迎えるころになると、この老人性色素斑の悩みも増えやすくなります。太陽からの紫外線をそのまま浴びてしまうことは、百害あって一利なしであることは、現代の美容業界においても常識です。

困ったことに紫外線の影響力は、すぐにはわからないために、油断をしてしまうという点も否めません。太陽の紫外線をUVケア対策なしで浴びていたとしても、すぐに肌にマイナスの変化が訪れるとは言い切れず、長い時間を経過して、肌悩みとして発症をしやすいタイプです。今までの人生でどれほど紫外線ダメージを受けたかで、人生の後半戦には肌に出てきやすくなります。

老人性色素斑へのホームケアとしては、市販の美白化粧品を愛用することです。ドクターズコスメを使ってみることで、より肌への美白力が高まる可能性があります。特にハイドロキノンやフラーレンなど、美容医療の世界でも注目の成分配合を選ぶのがオススメです。

その他のシミへのケア方法

炎症後色素沈着は、ニキビなどの炎症で色素沈着をした状態です。皮膚のサイクルが遅くなっていることが原因なので、肌代謝を正常化させるケアをしていくことが重要ポイントとなります。基本的には太陽の紫外線から素肌を守るUVケアを行うことと、刺激を皮膚に与えないことを意識します。そのうえで、皮膚を健やかな状態にして肌サイクルを順調にさせるため、皮膚への保湿を徹底させることです。

後天性真皮メラノサイトーシスへのアプローチは、肝斑治療のような内服薬を用いたケアではなく、美容皮膚科などで治療ができる、専用のレーザー治療でのケアが適切です。Qスイッチレーザーを吹くスカイ受けることで、症状はやがて目立ちにくくなっていきます。

気をつけたいのは肝斑の症状もあるパターンであり、混在する症状であれば、最初に治療をするのは肝斑になります。肝斑の症状が落ち着いてきたら、後天性真皮メラノサイトーシスの改善のために、Qスイッチレーザーなどの治療をスタートさせていきましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連するキーワード


シミ 種類 ケア方法

関連する投稿


腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

いつの間にか腕にシミが出始めている…特に日焼けをした覚えがなくてもポツポツとシミを見つけるとガッカリしちゃいますよね。時短美容家の並木まきさんに、手や腕に浮かび上がってきたシミのお手入れ法を教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

40代になって「生え際」が気になり始める人は多いのではないでしょうか。年齢からくるお肌のたるみと一緒に、生え際と頭皮も一緒にケア出来たら…。そんなお悩みにぴったりな美容液があります!Bramanoli編集部で実際に使ってみました。


目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

「エイジングに伴って、目元の“涙袋”も若い頃とは様子が違ってきた……」という女性のお声も時折耳にします。加齢によって目元がたるんでしまうと、せっかくの涙袋がシワやクマのように見えてしまうこともあります。そこで今回は、目の下のシワやクマをフォローするアラフォー女性の目元メイクについて、時短美容家の並木まきがお話します。


紫外線は肌だけじゃない!目もしっかりと保護しよう!

紫外線は肌だけじゃない!目もしっかりと保護しよう!

アラフォーに差し掛かると、少し日差しを浴びただけですぐにシミができてしまいますよね。実はこれ、肌の衰えだけではなく、目から入った紫外線が影響を与えていることもあるのです。美肌をキープするためには肌の紫外線対策だけでなく、目の保護もしっかり行いましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


2019年8月 後半編(8/15~8/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年8月 後半編(8/15~8/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
アラフォー・40代女性のお悩みは│Bramanoli [Brama]
@Bramanoli_jpさんをフォロー

画像 apple google
Кломид

4motors.com.ua

системы автополива