すぐ否定する… 妻の話を信用しない夫を納得させる方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#25】

すぐ否定する… 妻の話を信用しない夫を納得させる方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#25】

明らかにこっちのやり方が効率が良いのに、まったく聞く耳を持たない夫。こちらのアドバイスを無視する夫とは、どんな心理なのでしょうか?プライドが高く、人に意見されることを嫌う男性には、「妻の話を聞くことのメリット」をわからせるのが一番です。抵抗なく受け入れてもらうために、言い方を工夫してみましょう!


素直に従えないのはプライドがあるから

例えば、家族で旅行に出かけるためのプランを立てているとき。夫の提案したコースより、私が考えた行程の方が無駄がない。でも、「こっちの方が良くない?」と言っても頑として聞き入れない。そんな夫に手を焼く妻は多いのではないでしょうか。

普段の生活でも、明らかにこちらの方が近道だからとアドバイスをしても、「こっちでいい」と自分の主張を譲らない場面が出てきますが、これだとこちらもストレスですよね。どうして夫は妻の話を聞かないのでしょうか。

そもそも、男性は女性からのアドバイスを嫌います。妻から自分より良い案を提案されることは、自分が妻より劣っていると感じてしまうのですね。特に夫婦の場合は、「夫の沽券」にこだわる男性も多いでしょう。仕事で常に有能であることを求められる男性は、家庭でも同じように「頼れる夫」でありたいと思っています。

一方で、「女性の話は要領を得ないから」と決めつけている場合もあります。終わりの見えない世間話のようなおしゃべりを嫌う男性は多く、そのため妻の話もどこかで信用していません。「妻の話に乗って間違っていたらこちらが恥をかく」という心理があります。

そんな男性のプライドを傷つけないようにアドバイスを聞いてもらうには、「妻の話を聞くことにはメリットがある」と実感させるような話し方が重要です。

「実際に成功した話」が効く

例えば、明らかに近道のルートがあるのにそれを夫が聞き入れてくれないとき。「こっちの方が近いってば!」と闇雲に言うだけでは、夫も「うるさいな!」と反発する一方です。そうではなく、「こっちの道、この間買い物に行くときに通ったんだけど、意外と渋滞もしていなくて早かったよ」と「実際にこうだった話」としてさり気なく伝えると、夫も「そうなのか」とすんなり耳に入ります。「こんなやり方もあるよ」と気付かせるような言い方がポイントです。

「え、でもそっち行ったことないな」と渋るときは、「いい機会だから通ってみれば?」と勧めましょう。あくまで決定権は夫にあることを示しながら話すことで、夫も抵抗なく行ってみようかなという気持ちになれます。

「根拠のある話」は聞き入れやすい

夜、寝付きが悪いと言う夫。枕が固いせいじゃない?と思うときは、「枕を替えてみたら?」とただ言うより「テレビで大学の先生が言ってたけど、低反発の枕にすると首が安定して寝やすいって」など、「根拠のある話」として提案することも、男性には有効です。

実際に低反発の枕を売っているホームページを見せるなども、意見の裏付けになって良いでしょう。「妻に言われた」のではなく「他者の意見を聞いた」という形を取れると、夫の関心を引きやすくなります。

枕の話から、どうして寝付きが悪いのかというところまで話が広がれば、原因が別にあることがわかることもあります。悩みの解消などでこちらの提案を聞いて欲しいときは、意見の元となる根拠を用意するとスムーズです。

夫の意見を否定しない

気をつけたいのは、夫の意見を「そっちじゃダメなんじゃない?」などと否定しないことです。自分の意思に口を挟まれるのは男性の嫌がること、妻に「ダメ出し」をされるとどうしても反発する気持ちが先に立ってしまい、素直に聞こうという気になれません。

自分の方が正しいと思っても、まずは夫の選択したルートを肯定する。その上で、「こんな道もあるよ」と示してあげると、「指図されている」という雰囲気を出さずに済みます。

また、夫が自分の提案を受け入れてくれた後で「ほら、私の案が良かったでしょ」などと口にすることもタブーです。内心では夫は「妻の意見に従って正解だった」と思っています。そこをあえて指摘されると下に見られていると感じてしまい、怒りとともにあなたごと拒否するようになってしまうので、注意が必要です。

面倒でも「夫を立てる姿勢」が衝突を避ける

男ってなんて面倒くさいんだろう、と思いますよね。できれば、もっと自分に心を開いて欲しいものです。ですが、一番身近な妻は、男性にとって常に味方であって欲しいと思う存在。自分の意見はいつでも認めて欲しい、立てて欲しいと無意識のうちに願っています。頭ごなしに「それ違うんじゃない?」などと自分の選択を否定されてしまうと、誰に言われるよりショックを受けるのが夫なのです。

下手に出ることに抵抗を感じるときは、「夫を操縦する」感覚で接してみてください。男心は単純で、妻が自分を持ち上げてくれていると感じると安心して言葉に耳を貸すようになります。それだけ妻を信頼しているとも言えます。「あなたの選択は間違っていない」と最初に認めてあげることで、ただ意見するよりずっと楽に会話が進むようになりますよ。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。Bramanoliでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


【Bramanoli 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

【Bramanoli 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

年末年始、帰省先で久しぶりに会う身内や友人。久しぶりに会うと話に花が咲きますよね。ただ、聞かれたくないことを聞かれることも…。たまにしか合わない人とのコミュニケーションでつい、「イラ!」っとしたときはこんな記事を読んでみては?


【Bramanoli 新春特別企画】マンネリ夫婦の「今年はセックスレス解消にトライ!」

【Bramanoli 新春特別企画】マンネリ夫婦の「今年はセックスレス解消にトライ!」

マンネリ夫婦の重い課題…セックスレス問題。気にはなっているものの、そのまま放置してしまってるアラフォー夫婦は多いのではないでしょうか。セックスレス解消は簡単なことではありませんが、今年は少しずつ意識することから始めてみませんか?


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
Частная клиника Германия

профиль для гипсокартона цена

продвижение сайта в интернет