ギルトフリーとは? その意味を知って“食べること”への意識を変えよう

ギルトフリーとは? その意味を知って“食べること”への意識を変えよう

最近よく耳にする「ギルトフリー」。その意味をなんとなく把握はしていても、具体的に「これがギルトフリーよ!」と言える人は、まだまだ少数派。でも実は海外セレブもギルトフリーに夢中♪ そこで、「ギルトフリー」とはなんなのかを徹底的に紹介します!


ギルトフリーって一体なに?

ギルトフリーとは、ズバリ、guilt(罪悪感)がfree(無い)。つまり、罪悪感を感じないという意味。主に、スイーツに対して使われているので、ギルトフリーはすなわち、罪悪感を感じずに食べられるスイーツ、とされています。

「このケーキ、カロリーすごく高いんだろうなぁ。でも別腹だし……」
「このスナック食べちゃったら、ごはんは我慢しなきゃ」
「ストレスでチョコレートの一気食いしちゃった!明日のお肌が怖いなぁ」

甘いものやスナックを食べる時の、こんな罪悪感、感じたことありますよね? 美や健康に気づかう女性なら、頭をよぎっても仕方のないことなのですが、罪悪感を感じながら食べると、美味しさも半減してしまいそう。そんな女性たちでも楽しめるのがギルトフリーのスイーツなのです。

どんなものがギルトフリー?

では具体的にどんなものがギルトフリースイーツなのでしょう。

「罪悪感」を感じる食べ物は、人それぞれ。ダイエット中なら、カロリーが高いもの。糖質制限をしている人にとっては、高糖質のもの……と、状況によって変わりますが、一般的な定義は、“身体に悪いものが入っていない”こと。具体的には以下のようなものがギルトフリーと言われています。

・無添加のドライフルーツやナッツ
・動物性たんぱく質(バターや卵)、白砂糖を使用していない
・グルテンフリー
・人工着色料、香料、保存料などの添加物、化学調味料を使用していない
・マーガリン、ショートニングなどのトランス脂肪酸を使用していない

とかく、ヘルシーなお菓子はそっけないだけで、味の満足度が伴わない、と思われがちですが、昨今のギルトフリーは違います。味も見た目もこだわりを感じられるものがたくさん!

干し柿や干し芋もギルトフリー!

その代表格ともいえるのが、話題のギルトフリースイーツ“ブリスボール”。オーガニック大国オーストラリアが発祥のお菓子で、ナッツやドライフルーツをボール状に固めたもの。コロンとした見た目の可愛らしさもさることながら、、噛み応えも十分なので、少ない量でも満足感を得られるのもうれしいポイント。現在では専門店も上陸し、オンラインショップなどで手軽に入手できるように。また、ナッツやドライフルーツだけでなく、クッキー、ビスコッティ、チョコ、クラッカーなど多種多彩なギルトフリースナックを定期購入できるギルトフリー専門ショップもあります。

ところで、干し芋や干し柿、焼き梅、おやつ昆布などもギルトフリーです。日本の昔ながらのおやつも上手に取り入れてギルトフリーライフを楽しみたいですね。

自家製ギルトフリーにチャレンジ

また、ブリスボールや焼き菓子などは、自分で作ることもできます。特にブリスボールは、火を使わず、材料を混ぜて丸めるだけなので、好みの食材でアレンジ自在。例えば、身体の状態に合わせたナッツやフルーツを選んでもいいですし、ちょっとしたお持たせ用にフレッシュフルーツも取り入れて、見た目の可愛らしさを追求してもいいでしょう。米粉を使ったクッキーやマフィンなどもいいですね。

また、手作りドライフルーツにチャレンジするのもオススメ。手をかけた分だけ、じっくり味わって食べられそうですね。

自分なりのギルトフリーでストレスから解放される

ギルトフリーとは、そもそも“後悔しない”ためのもの。なりたい自分はどんなものなのか、そしてそれを叶えるために罪悪になってしまうものはなんなのか。つまり自分にとってのギルトフリーが何か、ということをきちんと理解できていることが大切です。それさえわかっていれば、スーパーやコンビニでもギルトフリーを自分の力で選ぶことができるはず。

せっかく罪悪感から解放されたのですから、ギルトフリーに縛られてかえってストレスを感じてしまってはもったいない! ギルトフリースイーツを活用して、人生をもっと楽しくハッピーに過ごしちゃいましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ライターであり、調理師。野菜をこよなく愛し、執筆のかたわら、オーガニックレストランのシェフや寿司シェフなどを務める。

関連する投稿


モヤッとを捨てればストレスもなくなる!【松尾たいこ連載#02 40代を自由に楽しく】

モヤッとを捨てればストレスもなくなる!【松尾たいこ連載#02 40代を自由に楽しく】

アーティスト/イラストレーターとして大活躍の松尾たいこさんによる連載がスタートしました!全三回の連載は著書である『35歳からわたしが輝くために捨てるもの』から特に美しさ向けたメッセージを抜粋してオリジナルで書き下ろしていただきます。第二回目は日常生活のモヤッとを失くす!というお話しです。


【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

Bramanoli編集部が注目している、気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】こんにちは! Bramanoli編集部デスク和氣です。今回は私が大好きな作家・益田ミリさんの最新刊「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」をご紹介します。


マインドフルネスを日常生活に取り入れよう!【大人のマインドフルネス入門#2】

マインドフルネスを日常生活に取り入れよう!【大人のマインドフルネス入門#2】

マインドフルネスをやってみたいけど、何をどのようにどの程度したらいいかわからない! そんなお悩みにお答えします。マインドフルネスにはいろんな方法があるので、自分にあったやり方を見つけて日常に取り入れてくださいね。


【エモまと】あーなんだかイライラする! ちょっと待った! まずは一息これ読んで

【エモまと】あーなんだかイライラする! ちょっと待った! まずは一息これ読んで

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


しっとりやわらか、本格派に負けないトリュフチョコ!【料理のプチストレス解消法#12】

しっとりやわらか、本格派に負けないトリュフチョコ!【料理のプチストレス解消法#12】

チョコレート専門店で売っているようなトリュフチョコが、失敗なしで驚くほどカンタンに作れます。火も包丁も使わないので、小さな子どもと一緒に作っても安心。手土産にしても喜ばれること請け合いです。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング