この症状、ゆらぎ期? 気になる「更年期外来」ってどんなところ?

この症状、ゆらぎ期? 気になる「更年期外来」ってどんなところ?

ゆらぎ期は軽く済む人もいれば、更年期障害と呼ばれる重度の不調に悩まされる人もいます。しかし一般的な病気とは異なり、いつかは自然に治癒するものと放って置く人がほとんど。思いきって「更年期外来」の門をたたいてみたら、辛い症状がずいぶんと緩和されることもあるようです。一人で悩まずに一度受診してみることをおすすめします。


ゆらぎ期の重い症状に悩まされる人の味方、「更年期外来」って知ってる?

婦人科や総合病院の診療案内を見ていると「更年期外来」という言葉をよく目にします。しかし、自身の「最近の不調はゆらぎ期のせいかも?」と思っても、「更年期外来」に行くのは、なんだかオバサンになったようで抵抗があるという人が多いのではないでしょう?

「更年期障害」が広く認知され、ゆらぎ期の女性なら誰でも起こりうるものと、世間一般にも認識されるようになりました。医療機関の「更年期外来」でも、早い人で30代、遅い人で60代の女性がゆらぎ期による不調を訴えにきます。一昔前は「数年で治まるもの」と、病院にかかるという発想はなかったかもしれませんが、今はゆらぎ期に悩む人くが積極的に受診し、ホルモン療法や漢方治療などを受けて症状を緩和させています。

では、「更年期外来」では、どんな診察をするのでしょう? まずは問診や超音波検査などでエストロゲンの量や状態を確認します。この時点で更年期障害の可能性を示唆された場合は、ホルモン補充療法の治療を行います。パッチ剤や飲み薬を使ってエストロゲンを増やすだけの治療で、さほど苦にはなりません。東洋医学から生まれた「漢方療法」をすすめる医療機関も多くあります。専門分野の医師によるカウンセリングを受けながら、不安や不調を取り除いていきます。

どんな症状が出た時に「更年期外来」に行けばいいの?

ゆらぎ期による不調もいろいろ。例えば、どんな症状が出た時に受診すればいいのでしょうか?

仕事や生活に支障をきたすくらいの倦怠感や疲労感、脱力感などがある場合はもちろん、実は、「最近、憂うつな日が多い」「ぐっすり眠れない」「気持ちよく起きられない」などといったモヤッとした症状でも、受診するのがおすすめです。とくに睡眠障害は、血圧を上昇させたり、慢性疲労の原因となったり、居眠り運転の原因となることもある恐ろしい症状です。

ゆらぎ期分野を専門とする医療機関では、更年期障害かどうかを確認するために、目安となる数値を出すホルモン測定や血液検査などを行います。専門医によるカウンセリングもしっかりと行い、その症状が婦人科系なのか、または心療内科の分野なのかも判断してもらえます。まずは婦人科内にある「更年期外来」を受診して、自分の今の状態を正しく知りましょう。ゆらぎ期だった場合はその後の治療の相談ができますし、ただの一時的な不調であったとしても、「何もない」ことが分かって心が軽くなると思います。

カウンセリング重視のゆらぎ期診療

更年期外来の検査の流れは、まずは専門医による問診と内診から始まります。医師との会話の中で、自分に起きている症状を包み隠さず話すことが大切です。しかし問診時間には限りがあるため、すべて伝えられないこともあります。医師に質問したいことを事前にまとめておくと会話もスムーズなはず。この問診によっては、必要であれば子宮や卵巣状態を確認する触診も行います。

もっと詳しく子宮と卵巣を調べるために、超音波エコーなどを使うこともあります。その後は、女性ホルモンの血中濃度を測る検査をしますが、同時に骨粗しょう症や高脂血症の可能性があるかどうかも調べてくれます。

また、子宮がんや乳がんの検査も一緒に行ってくれる病院も多くあり、ゆらぎ期の検査のつもりで行ったら思わぬ病気の早期発見につながったという例も。「更年期外来」は一般婦人科や産科、心療内科とも連携して治療法を決めていくのも心強い安心ポイント。大人の健康診断のつもりで、気軽に訪れてみてください。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連する投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。


閉経をお祝いしよう! 閉経後のメリットとは?【更年期は人生が輝くチャンス #47】

閉経をお祝いしよう! 閉経後のメリットとは?【更年期は人生が輝くチャンス #47】

閉経を“女性として終わり”とネガティブに捉えることがありますが、そんなことは全くありません!初潮を迎えた時にお祝いをしたように、閉経もお祝いで迎えましょう! 新たな人生のステージに立つ門出として、閉経や更年期を前向きに捉える考え方についてNPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんが教えてくれます。


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
круассаны из готового слоеного дрожжевого теста

запчасти мазда