この症状、ゆらぎ期? 気になる「更年期外来」ってどんなところ?

この症状、ゆらぎ期? 気になる「更年期外来」ってどんなところ?

ゆらぎ期は軽く済む人もいれば、更年期障害と呼ばれる重度の不調に悩まされる人もいます。しかし一般的な病気とは異なり、いつかは自然に治癒するものと放って置く人がほとんど。思いきって「更年期外来」の門をたたいてみたら、辛い症状がずいぶんと緩和されることもあるようです。一人で悩まずに一度受診してみることをおすすめします。


ゆらぎ期の重い症状に悩まされる人の味方、「更年期外来」って知ってる?

婦人科や総合病院の診療案内を見ていると「更年期外来」という言葉をよく目にします。しかし、自身の「最近の不調はゆらぎ期のせいかも?」と思っても、「更年期外来」に行くのは、なんだかオバサンになったようで抵抗があるという人が多いのではないでしょう?

「更年期障害」が広く認知され、ゆらぎ期の女性なら誰でも起こりうるものと、世間一般にも認識されるようになりました。医療機関の「更年期外来」でも、早い人で30代、遅い人で60代の女性がゆらぎ期による不調を訴えにきます。一昔前は「数年で治まるもの」と、病院にかかるという発想はなかったかもしれませんが、今はゆらぎ期に悩む人くが積極的に受診し、ホルモン療法や漢方治療などを受けて症状を緩和させています。

では、「更年期外来」では、どんな診察をするのでしょう? まずは問診や超音波検査などでエストロゲンの量や状態を確認します。この時点で更年期障害の可能性を示唆された場合は、ホルモン補充療法の治療を行います。パッチ剤や飲み薬を使ってエストロゲンを増やすだけの治療で、さほど苦にはなりません。東洋医学から生まれた「漢方療法」をすすめる医療機関も多くあります。専門分野の医師によるカウンセリングを受けながら、不安や不調を取り除いていきます。

どんな症状が出た時に「更年期外来」に行けばいいの?

ゆらぎ期による不調もいろいろ。例えば、どんな症状が出た時に受診すればいいのでしょうか?

仕事や生活に支障をきたすくらいの倦怠感や疲労感、脱力感などがある場合はもちろん、実は、「最近、憂うつな日が多い」「ぐっすり眠れない」「気持ちよく起きられない」などといったモヤッとした症状でも、受診するのがおすすめです。とくに睡眠障害は、血圧を上昇させたり、慢性疲労の原因となったり、居眠り運転の原因となることもある恐ろしい症状です。

ゆらぎ期分野を専門とする医療機関では、更年期障害かどうかを確認するために、目安となる数値を出すホルモン測定や血液検査などを行います。専門医によるカウンセリングもしっかりと行い、その症状が婦人科系なのか、または心療内科の分野なのかも判断してもらえます。まずは婦人科内にある「更年期外来」を受診して、自分の今の状態を正しく知りましょう。ゆらぎ期だった場合はその後の治療の相談ができますし、ただの一時的な不調であったとしても、「何もない」ことが分かって心が軽くなると思います。

カウンセリング重視のゆらぎ期診療

更年期外来の検査の流れは、まずは専門医による問診と内診から始まります。医師との会話の中で、自分に起きている症状を包み隠さず話すことが大切です。しかし問診時間には限りがあるため、すべて伝えられないこともあります。医師に質問したいことを事前にまとめておくと会話もスムーズなはず。この問診によっては、必要であれば子宮や卵巣状態を確認する触診も行います。

もっと詳しく子宮と卵巣を調べるために、超音波エコーなどを使うこともあります。その後は、女性ホルモンの血中濃度を測る検査をしますが、同時に骨粗しょう症や高脂血症の可能性があるかどうかも調べてくれます。

また、子宮がんや乳がんの検査も一緒に行ってくれる病院も多くあり、ゆらぎ期の検査のつもりで行ったら思わぬ病気の早期発見につながったという例も。「更年期外来」は一般婦人科や産科、心療内科とも連携して治療法を決めていくのも心強い安心ポイント。大人の健康診断のつもりで、気軽に訪れてみてください。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連する投稿


「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「からだが疲れやすくなった」「何だか仕事がはかどらない」以前と比べて何かが違う!と感じる事が増える女性にオススメなのが「体調日記」。毎日、どこか不具合を感じていて、なかなかスッキリ快適!とはいかない毎日…だからこそ、いち早く、体調の変化に気が付くために日記をぜひご活用ください!


40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

誰にでも起こる「老眼」。近くが見えづらくなったと思い、遠ざけたら見えた…やっぱり老眼か!というショックもさることながら、見えにくさは目の疲れにもつながります。そこで、今回は、今すぐできる目の疲れをとるケア方法をご紹介します。


「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

健康への近道は「冷え」をなくすこと。「冷え」というと寒〜い冬を想像しますが、冷房が完備された現代の生活では、「夏の冷え」で体調を崩す方が増えています。そこで今回は、忙しい日々のなかでも今すぐできる足の指体操をお伝えします。


女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

「まさか夫が?」今回は男性の更年期のお話です。更年期障害は女性だけに起ることではないのです。パートナーや周囲の人がなるかもしれない男性更年期について、気を付けなければいけないポイントや対処法とは?女性も知っておきたい男性の更年期についてご紹介します。


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。Bramanoli的にこれは見逃せません!


【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

40代での再婚になると、どちらかが子連れであることも珍しくありません。血の繋がりがない人間が親となる家族は一般的にステップファミリーと呼ばれますが、最初は対応に戸惑うことも多いでしょう。幸せなステップファミリーになるには、何よりお互いの信頼が欠かせません。子連れでの再婚で気をつけたいことについて、お話します。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
cafemarseille.com.ua

www.mazda.niko.ua

https://service01.com.ua