気づかないふりしてませんか?更年期を上手に受け入れる方法

気づかないふりしてませんか?更年期を上手に受け入れる方法

ゆらぎ期による不調は生涯においては一時的なこと。女性ホルモンが急激に減少することにより起こり、40~50代の内の2~3年がピークといわれています。いずれ治まる症状だからと、気づかないふりをしたり、我慢をして悪化させてしまう場合も多いのがほとんど。ゆらぎ期のサインが出たら、上手に受け入れて対処法を考えていくことが大切です


ゆらぎ期の不調を「気づかないふり」していると症状も悪化する

ゆらぎ期になり女性ホルモンが減少すると自律神経が乱れ感情のコントロールもきかなくなります。穏やかなはずの人も、イライラして周囲の人を怒ってしまったり攻撃的になったり、そうかと思えば急に憂うつな気分になり落ち込んでしまったり…。

自分で「おかしい」と自覚していても、おさえられない感情の起伏をどうにかすることはできません。そうして放っておいたり、あきらかに「おかしい」と思っても気づかないふりをして不調を悪化させるのです。

自分がゆらぎ期だと認めたくないあまり「気づかないふり」をする人が大半といわれています。自分はまだそんな年齢じゃないとゆらぎ期を受け入れられない期間はとくに辛く、症状も重いものとなります。しかし、ゆらぎ期を受け入れることができるとぐんと楽になり、不調の症状も緩和されます。

自律神経の乱れがひどくなる前に、「気づかないふり」をしている人は、自分の中で起こっているゆらぎ期の諸症状や更年期障害を認めて対処しながら楽な気持ちになりましょう。

ゆらぎ期にかかりやすい更年期性のうつ病には早めの対処を

女性は男性の2倍ほどの割合で「うつ病」になる確率が高いといわれています。

とくに多くみられるのが閉経前後のゆらぎ期世代。うつうつとした気持ちが続いたり、突然悲しくなったり、落ち込んだり、気分が沈んだりを繰り返しますが、「ゆらぎ期による自律神経の乱れだから仕方ない」と思いこみ、実は「うつ病」だったというケースも多くあります。

自律神経の乱れと「うつ病」は似ているようでも、まったく異なる精神の疾病。とくに過去に「うつ病」や「抑うつ病」の症状があった人は、更年期性のうつ病に移行しやすいので注意が必要です。

気分の落ち込みや不眠が2週間以上続いているようならまずは婦人科か心療内科の受診を。抗うつ剤での治療もありますが、ホルモン療法や漢方でよくすることもできるので自分に合った治療法を見つけましょう。

昼間は活動して夜はぐっすり寝る。体内リズムを整えて「うつ」を撃退

その他に、ゆらぎ期に発症する「うつ病」の特徴としては、やる気がなくなる、性欲の減退、不安や気分の落ち込み、不眠などの症状もあります。

自律神経の乱れからくる更年期障害と症状がよく似ているため間違えやすいのですが、時間の経過とともに治まるゆらぎ期とは異なり、「うつ病」はゆらぎ期を過ぎても治りません。セルフケアで直すこともほぼ無理。家族や近親者の理解と、心療内科や婦人科できちんと治療を受けなければ治ることはなく、放っておくと悪化していきます。

更年期性のうつになりやすい人は、まじめで完璧主義、責任感が強い人。また、少しのことで悲観的になる人もうつに陥りやすいタイプです。仕事で責任のある役職に就いていたり、夫婦間、家族観で問題を抱えている、老後に希望が持てないなども更年期性のうつの原因です。

うつ症状には神経伝達物質のセトロニンを増加させることも大切。息を深く吸って吐くだけでも効果があります。ヨガの呼吸法を取り入れたり、太陽光をたっぷり浴びて体内のセトロニンを増やしていきましょう。

明るい時間に行動し、暗くなったら眠るという、当たり前の体内時計のバランスを整えることで、昼間は活動的になり、夜の不眠を防ぎます。きちんと睡眠がとれていれば、「うつ病」が悪化することも少ないでしょう。

ゆらぎ期はステージに移るための大切な期間

ゆらぎ期も更年期障害も、更年期性のうつも、辛い症状に悩まされている場合はすぐに病院を受診することが何よりも大切です。ゆらぎ期は女性のからだが次のステージに移るための大切な期間。受け入れてしっかりとケアしながらうまく付き合っていきましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連する投稿


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

「わたしには更年期はなかった」といった話を先輩方から聞いたことがあるかもしれません。その一方で「生きているのが辛いほどの症状に悩まされた」という方もいらっしゃいます。全員が通る道なのに、いったいこの差はどうして起こるのでしょうか? できるなら更年期をラクに乗り切りたいですよね。その秘訣を教えていただきます!


更年期の困った便秘に! 超簡単シンプルケア方法 【更年期は人生が輝くチャンス #19】

更年期の困った便秘に! 超簡単シンプルケア方法 【更年期は人生が輝くチャンス #19】

「便秘でお腹がはって、食欲まで減ってしまった」40代になると、このような悩みをもつ方も少なくありません。更年期は女性ホルモンの低下による自律神経の乱れから便秘になることも。そこで、今回はカラダを動かすことによって腸の調子を整えて便秘知らずになるコツをお届けします。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

いつか結婚したいけれど、男性と出会う機会をつくろうとしないままアラフォーになった女性達。理由を探っていくと「婚活するのはガツガツしていてイタイって思われそう」「この年で婚歴ナシって何かあるっておもわれそう」と周りを気にしてばかり。自分のことなのに周りにばかり振り回される自分の軸がない女性達の実態と打開策をまとめました。


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング