<動画あり>フローヨガで女性ホルモンを整えてルンルンな毎日を♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#4】

<動画あり>フローヨガで女性ホルモンを整えてルンルンな毎日を♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#4】

私達女性のホルモンはジェットコースターのように上がったり下がったりを繰り返します。女性の健康はホルモンバランスと大きく関わっていると言っても過言ではありません。女性ホルモンのバランスを整えることでハッピーでエネルギッシュな毎日を過ごすことができますよ♪


ジェットコースターのように変動する女性ホルモン

なんだかいつもの自分自身じゃない気がする、頭がぼんやりする、物覚えが悪くなってきた、理由は特にないのにイライラする、夜眠れない、身体が痛い、性欲がない…

こんな症状に悩まされたことはありませんか?

ホルモンに関する問題はもちろん女性だけに起こることではありません。男性にも起こることです。男性ホルモンであるテストステロンは18歳をピークにゆるやかに下がっていきます。

それに比べ、私達女性は個人差はありますが、30歳前半を境に女性ホルモンは低下しはじめますが、妊娠や出産、生理などの影響によって、ジェットコースターのように上がったり下がったりを繰り返します。主な女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロン。この2つのホルモンによって、月経周期が動かされているのです。

頭をクリアにしてくれるエストロゲン

エストロゲンは私たちの気分の変化に大きく関わるホルモンです。エストロゲンが安定していると気分が良いのです。

エストロゲンが多くなりすぎると、不安な気持ちやイライラ感をもたらし、少なすぎるとうつ状態や思考の混乱をもたらします。

エストロゲンは、私が静寂な幸せホルモンと呼んでいるセロトニンとも深く関わっています。セロトニンは、頭をすっきりさせたり自律神経を整えたり、心のバランスを整えたり、痛みを抑えたりという働きがあるのですが、エストロゲンの減少によってセロトニンも減少していくことが明らかになっています。

脳にも働き体と心をリラックスさせるプロゲステロン

妊娠、出産の準備に必要不可欠なプロゲステロンは、心を安定させて体をリラックスさせ、良い睡眠をもたらしてくれます。妊婦さんはプロゲステロンが多くなるため、多くの人は妊娠中は穏やかな気分になります。

プロゲステロンの受容体は脳細胞に多くあります。GABA(ギャバ)という抗ストレス作用がある脳の神経伝達物質をサポートする働きもあります。プロゲステロンはただの女性ホルモン以上の役割をしているのですね。

女性ホルモンのバランスをとるにはストレスと上手に付き合うこと

女性ホルモンを整える前にまずはストレスホルモンであるコルチゾールを整えることが大切です。女性ホルモンとコルチゾールは簡単に言うと、作られる元の材料が同じですので、身体が常にストレス対応体制になっている時は、プロゲステロンの生成が低下すると言われています。


ヨガをやる時には呼吸がかかせません。呼吸をすることで身体をリラックスさせてストレスホルモンを低下させていきます。

呼吸とともに身体をゆっくり動かすことで、まるで身体にオイルをさしていくように、脳、神経、臓器の潤滑を良くしていくことができます。

ヨガポーズは、下垂体、甲状腺、膵臓、副腎、卵巣など、ホルモンを分泌する臓器を優しく刺激していきます。これらの要素から、ヨガはホルモンを整えていくのにも最適といえるのです。

健康で幸せな状態を保つにはホルモンバランスが大切

脳、神経、臓器など、身体の中の全てがそれぞれの役割をまっとうしている時は、まるでオーケストラが美しいハーモニーを奏でているように働きます。

ハーモニーを保つためには、それぞれの臓器のコミュニケーションが必要です。
ホルモンはコミュニケーションをとるためのメッセンジャーなのです。ホルモンバランスを整えて、ハッピーにエネルギッシュに生活していけたら最高ですね!

次回はパソコン、スマートフォンを日常的に使う現代のお悩みNo1と言ってもいい“肩こり”のお話です。楽しみにしていてくださいね。

ヨガインストラクター/窪田 有紗



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ヨガインストラクター/自宅でできるヨガやセルフケアなど毎日をハッピーに過ごせるTipsを配信

関連する投稿


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


“女性の性欲” 40代から強くなるというのはただの噂??【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#11】

“女性の性欲” 40代から強くなるというのはただの噂??【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#11】

大人気連載、すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情。今回は我々アラフォー女性の“性欲”についてのお話です。年齢を重ねると性欲はなくなる?いやむしろ閉経前は性欲が増すの?1万組以上の夫婦のセックス事情を聞いてきた三松先生に教えていただきましょう!


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

「わたしには更年期はなかった」といった話を先輩方から聞いたことがあるかもしれません。その一方で「生きているのが辛いほどの症状に悩まされた」という方もいらっしゃいます。全員が通る道なのに、いったいこの差はどうして起こるのでしょうか? できるなら更年期をラクに乗り切りたいですよね。その秘訣を教えていただきます!


出産後、痔に… 病院へ行くなら何科に行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#11】

出産後、痔に… 病院へ行くなら何科に行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#11】

出産後、痔を体験した方は多いのではないでしょうか?産後は大変すぎて、痔のケアまで気が回らない方が多いかもしれません。ですが放っておくと慢性化したり、もっと酷くなる可能性もあります。正直恥ずかしい気持ちもありますよね。ですが、これは病気です。恥ずかしいことではありません。しっかりケアをして健康に日々を送りましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング