ほてりやのぼせと貧血が交互にやってくると更年期のサイン

ほてりやのぼせと貧血が交互にやってくると更年期のサイン

"ゆらぎ期特有の症状として、体や顔のほてりやのぼせ、発汗などが多くみられますが、血圧や体温が低くなるのも更年期障害の一つ。めまいがする、貧血、ふらつきなどの症状が現れたらゆらぎ期のサインかもしれません。もしかしてゆらぎ期かも、と思ったら、そのままにせず自分のからだや心とじっくりと向き合ってみましょう。 "


外出もままならなくなる、のぼせ、ほてりや冷え、貧血

「最近、冷え性がひどくなった」「朝が辛い」「汗が滝のように吹き出て外出時に困る」「貧血やふらつきが頻繁に起こる」…。40~50代のゆらぎ期の女性からは、こんな声がよく聞かれます。このような症状が現れたらゆらぎ期のサインかもしれません。そんな時期に差し掛かったと受け止めて、早めの対処をすると軽く済むこともあります。

ゆらぎ期は、女性ホルモン低下による機能障害なので、「病院に行くほどのことでもない」と、誰にも相談をせずに受け流す人がほとんどのようです。しかしゆらぎ期に起こるさまざまな辛い症状を我慢することで、身体の機能だけでなく、精神バランスにも支障をきたします。人に話すだけでも心がスーッと軽くなるゆらぎ期の不調。気の許せる同年代の女友だちや更年期障害の経験者、姉妹、母親などに話したり相談して、自分だけで抱え込まないことが大切です。

高いか低いかに分かれる血圧状態もゆらぎ期のシグナル?

ゆらぎ期になると高血圧や低血圧の症状が現れる場合もあります。40代女性の血圧は、上は123~130mmHg、下は77~84mmHgの標準値が理想。しかし高い場合や低い場合は、どちらに転んでもめまいやふらつきなどのさまざまな影響が出ることがあります。

ゆらぎ期は、外からは見えない自律神経にも大きな影響を与えます。この自律神経は血圧をコントロールしているので、これが狂いだすと高血圧にも低血圧にも向かう可能性があります。

ゆらぎ期はイライラや睡眠不足などが原因で血圧が上昇することが多く「更年期高血圧」と呼ばれます。この血圧上昇によってめまいや動悸、頭痛などを併発することも多くあります。「更年期高血圧」の症状が現れたら、降圧剤の服用はもちろん、心療内科や更年期外来を受診し、メンタルの安定を図ることが大切です。

また、低血圧の場合も、同じようにめまいや動悸、頭痛などを併発します。よほどのことがないかぎり血圧を上げる薬は処方されませんが、心療内科や更年期外来での受診は必要です。
自律神経を制御するためには抗うつ剤や、ゆらぎ期の一番の原因とされる女性ホルモンの減少を補うためのホルモン補充を行う治療がされます。

めまいやふらつきで倒れないためにも低血圧の対策を

低血圧になってしまうと、めまいやふらつきを伴います。めまいによって倒れ、もしも打ち所が悪いと大変なことに。外出時にはとくに注意が必要です。

また低血圧によって冷え性になることもあります。夏場でも常に手足や腰が冷え、部屋の温度や服装にも十分に気を配らなければなりません。朝の目覚めが悪く、なかなか起き上がることができません。

このような低血圧の諸症状を放っておいたり、ゆらぎ期だからと我慢していると、さらに代謝が落ちて風邪をひきやすくなったり、さまざまな病気を引き起こす要因となります。低血圧による辛い症状が続くようなら、まずは産婦人科の医師に相談してみましょう。

医療機関のオピニオンをして自分に合う医師を探す

辛いゆらぎ期や更年期障害の治療は婦人科の役割ですが、一度で自分に合う医師や病院を見つけようとは思わず、セカンドオピニオン、サードオピニオンを受けて判断することも大切です。できればゆらぎ期の不調が悪化する前に、何でも相談できるかかりつけの婦人科医を探しておくといざというときに安心です。

また、「女性外来」や「「更年期外来」を掲げているような、ゆらぎ期に理解の深い医療機関にかかることも大切。インターネットで気軽に検索できるので、ゆらぎ期や更年期障害を専門とする医療機関や、身体に負担の少ない東洋医学を取り入れている病院などを探してみましょう。

不調が緩和されればまだまだ楽しいことがたくさんあるゆらぎ期世代。より充実した日々を過ごすためにも、ゆらぎ期のサインを感じたら、まずは早めに婦人科や更年期外来を受診してみて。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連する投稿


「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

ホットフラッシュとは? 夏でもないのに滝のような汗をかく、突然体がカーッと熱くなるというホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)の症状は、更年期中の女性の6割が経験すると言われています。今日は、そんな更年期の代表的な症状ホットフラッシュの予防法、対策とケア方法をお伝えします。


「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「ぐっすり眠ったのに疲れが取れない」「昼間なのに、眠くてやる気が出ない」。これの症状はもしかしたら更年期によるものかもしれません。今回は、「疲れやすい」「やる気が出ない」ときにオススメの心とカラダのケア方法をお届けします。


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

「手に力が入らない」「肌がピリピリする」「最近手や足がしびれるようになった」思う通りに動かないカラダにショックを受ける方も少なくない更年期。一体、わたしのカラダはどうなっちゃているの?!今回は、更年期症状の1つ「知覚の異常」についてです。かんたんな対策ケア方法もあるので、ぜひ実践してみてください。


更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

若いときはもりもり食べてもへっちゃらだったのに、この頃は食欲があまりなくなってきた。そんなことはありませんか? 更年期に、食欲が減ってしまったり、胸やけや胃腸の不調で悩む方も少なくありません。今回は、更年期によくある食欲不振や、胃腸の不調のケア方法についてお伝えします!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第五回目はやさしい気持ちになりたい夜に読みたい心がじんわりあたたまる絵本です。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
www.babyforyou.org

сколько стоит суррогатное материнство

baly.com.ua