「アラフォーの独身の友達にイラッ」既婚女性が独女に言ってやりたいこととは?【神崎桃子の恋愛指南 #11】

「アラフォーの独身の友達にイラッ」既婚女性が独女に言ってやりたいこととは?【神崎桃子の恋愛指南 #11】

既婚女と独身女…高くて厚い壁がある…と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 前回は独身女性が既婚女性についてイラつくことを教えていただきましたが、今回は既婚女性が独身女性にいいたいことをまとめていただきました! 身につまされる人もいるのではないでしょうか。


「あんたのそういうとこが気に食わないの」既女と独女の大きな壁とは?

既女「いいよねぇ~独身って。自由で……。お金も時間もあって……」
独女「え? 女ひとりで生きてくのはラクじゃないよ。そっちこそ自分が好きで結婚したんでしょ?旦那の愚痴ばっか聞かせないでよ」

――こんなふうに、昔はなんでも相談していた女友達でも“未婚既婚”というポジションの違いからミゾができてしまうことも……。
※前回のコラムでは“独身女性が既婚女性にイラつくこと”について言及してみたが、今回は“既婚女性が独身女性に言ってやりたいこと”をまとめてみた。

アラフォー独身女性はトゲトゲしい、キツイ

「職場の男性たちが口にするのが『アラフォー独女はキツイ』『いい年して余ってる女性は我が強い』ってこと。上司や男性相手にしょっちゅう噛み付いてる。会議やミーティングでも強い口調で平気でダメ出ししたり、自分の意見を譲らないことが多い。だから男性社員は既婚女性との方が話しやすいって言ってます。周囲が腫れ物に触るような扱いをしてるってことに気づいてないんですよ。同性の私からしても非常に扱いづらいです」(47歳女性/通信)

「職場にいるんですよね。“私は知的で仕事がデキる女よ”って感じのアラフォー独女が……。既婚の私達と“自分は別格!”って顔して見下してるんです。またそういう独身女性ってモテる女性や素直で可愛い女子を目の敵にするじゃないですか?『男になんでもやってもらえていいね』『仕事できなくても媚び売るのはうまいのね』なんてひねくれて物を考えるし……刺々しくて声も掛けづらい」(38歳女性/営業事務)

――職場では中堅どころの独身女性の機嫌をそこねないように神経を使っていることもあるようだ。
これまでひとりで頑張ってきた独身女性に見受けられるのはこのギスギス感ではないだろうか。
社会で男と伍していくためには強くいなければならない。
しかし、仕事へのポリシーや情熱のせいでその「強さ」が裏目に出てしまうことがある。

男に対抗するために女のいい部分を消してしまうバリキャリ女性も少なくない。

職場において強い部分だけを発揮する女性は悲しいことに“腫れ物”になってしまう。
周囲は「もう少し肩の力抜けばいいのに」と思っているものだ。
女性らしい気づかいや柔らかさは忘れてはならない。

結婚しないその理由にイラッ

「私に先を越されたからやっかんでるのか『私は仕事が好きなの! 結婚とかぜんぜんっ興味ないの!』と猛アピールする友達のM美。結婚しないのはあたかも自分の選択だと勘違いしてるみたいだけど、本当は“結婚しない”んじゃなく“できない”ってことに早く気づいてほしい。意地悪なようだけど、今のままじゃ一生独身だと思う。現実から目を逸らしているアラフォー女は痛いだけ」(41歳女性/パート派遣)

――“あえて結婚しない”的な独身者の発言に既婚者は心の中でツッコミを入れているものだ。
「結婚しない理由を都合よく正当化してるだけじゃん」「なに?御託並べちゃって」……と。

「今、仕事が面白くって」とか「ほんと忙しくって男とか結婚どころじゃないのよね」なんてあたかも仕事一筋な言い訳も既婚者が聞けば痛いだけ。

「結婚が女の幸せとは限らない!」「結婚がすべてではない!」というような“結婚を全力で否定するような姿勢”も「結婚を一度も経験していないのに、そんなことなんで分かるの?」と思われるのが関の山。

いつまでも若いつもり?SNSでの投稿内容に腹立つ

「独身アラフォーの自撮り画像にイラッとします。いい年してよくあんな写真を公開できるなと思っちゃう。あと、リッチなランチやディナーだとか、男性との飲み会やらクルージングやらの写真とか……。そういう『見て見て、私、まだまだイケてます! 私、モテてま~す』って類の投稿にはムカッパラ立ちますわ。私なんかそんな画像を公開するどころか、男性がいる場所に行くことも飲みに行くことすらない……」(45歳女性/専業主婦)

・「SNSに男と遊んでる写真を続けてアップしていたり、しょっちゅう贅沢旅行に出掛けてる女友だちを見ると『いい加減にしなよ』と思います。独身生活を謳歌してるのかしれないけど、遊び過ぎ、若作りし過ぎ、露出し過ぎ!!もういい大人なのに子供すぎる。見てるこっちが恥ずかしい」(40歳女性/介護)

――「自分とはまるで違う生活」……そう、充実したプラーベートライフをおくっている楽しそうな独身女性に対し自由がきかない既婚組は腹立たしさを覚えることがある。
趣味や自分の好きなことを謳歌している独女のSNSでの投稿は夫や家庭がある身ではできないことだ。

独女のキラキラ投稿にイラついたり反応してしまうのは、以前の自分ならできたハズなのに今の自分にはできないことだからこそ。

見なきゃいいのについ覗いてしまうのも「独女の日常」が気になってしまうからかもしれない。

未婚も既婚も、それぞれの置かれた立場で悩みの種類も苦労も違うもの

「私が結婚する前までは仲良かった女友達に『付き合いが悪くなったね』って言われることに寂しさを感じます。私だって本当は遊びに行きたい。でも魅力的なお誘いでも、独身の頃のように簡単に出歩けない……」(38歳女性/貴金属)

――既婚者は自分のことは後回し、なにより“家族”だ。
女性が結婚したら優先順位が変わってくるのは仕方のないことである。

未婚と既婚ではそれぞれの立場や環境によって悩みの種類も苦労も違うのだ。

前回の独身女性の言い分と今回の既婚者の言い分を要約すると「互いに対しての理解がまるでない時」に憤慨している。

既婚未婚に関係なく“友達なら”やはりお互いさま精神。
それぞれの立場の違いに理解を示し、自分だけの立場を主張せず相手も尊重すること。

友達が選んだ人生を認め、自分の価値観を押し付けないように気をつけよう。

この週末は、立場の違いのせいで疎遠になってしまったあの女友達に「元気してる?」とメッセージを入れてみてはどうだろうか?

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

一度寝たらその後連絡がとれなくなった…。20代ならともかく、アラフォーでそんな事態は避けたいですよね。そうならないためにも、そしてそんな覚えがもしあるとしたら、その原因をしっかり知っておきましょう。恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきます。


「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

若くないからこそ許せない…なんとも耳の痛い話です。しかし、実際、声を聞いてみるとまったくその通り…。アラフォー女性だからこその知性と常識を持って対応することの大切さを恋愛コラムニストの神崎桃子さんに教えていただきます。


40歳すぎが分かれ道? アラフォー女が“非モテ”になる理由【神崎桃子の恋愛指南 #35】

40歳すぎが分かれ道? アラフォー女が“非モテ”になる理由【神崎桃子の恋愛指南 #35】

「アラフォーだって恋したい!」そう思っている女性は多いでしょう。ですが現実はなかなか厳しいものです。しかしそれは単純に年齢の問題ではなく、私たち自身にもあるようです。今回も恋愛コラムニスト・神崎桃子さんの筆が走ります!


「あ~ヤルんじゃなかった」寝たら絶対後悔する!女が避けるべき男とは?【神崎桃子の恋愛指南 #34】

「あ~ヤルんじゃなかった」寝たら絶対後悔する!女が避けるべき男とは?【神崎桃子の恋愛指南 #34】

多くの女性が一度は思ったことがあるであろう「ヤルんじゃなかった」。「この人は大丈夫だと思ったのに最悪」そんな思いを女性に抱かせてしまう“ザ・ダメ男”。そんなダメ男たちを恋愛コラムニスト 神崎桃子さんがズバッと切り捨ててくれます。さあ!ダメ男の生態を今一度おさらいして、二度と後悔の朝を迎えないようにしましょう!


話を聴いてくれない彼にイライラ!どうしたらいい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #8】

話を聴いてくれない彼にイライラ!どうしたらいい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #8】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

いつか結婚したいけれど、男性と出会う機会をつくろうとしないままアラフォーになった女性達。理由を探っていくと「婚活するのはガツガツしていてイタイって思われそう」「この年で婚歴ナシって何かあるっておもわれそう」と周りを気にしてばかり。自分のことなのに周りにばかり振り回される自分の軸がない女性達の実態と打開策をまとめました。


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
gas-energy.com.ua

https://antibioticlistinfo.com/

суррогатная мама