美容・健康の記事一覧

ウォーキングが更年期におすすめの理由

ウォーキングが更年期におすすめの理由

適度な有酸素運動は副交感神経を高め、自律神経のバランスを整えてくれるので、ゆらぎ期(更年期)の改善につながります。では「適度な有酸素運動ってなに?」と思われる方も多いでしょう。そこでご紹介したいのがウォーキングです。なぜおすすめなのか、ウォーキングの利点について見ていきましょう


ゆらぎ期を少しでも軽くするセルフケアが知りたい!

ゆらぎ期を少しでも軽くするセルフケアが知りたい!

訪れてしまったゆらぎ期の症状に日々悩まされている女性も多いでしょう。頭痛がしたりイライラが止まらなかったり、ほてりやのぼせに苦しんだり…。症状は人によってさまざまで、軽い重いも違います。どうせゆらぎ期を過ごすなら少しでも軽くして楽しく毎日を過ごしたいですよね。今回はゆらぎ期を軽くする方法についてご紹介します。


サロンは高い…自宅でシミを消す方法ってないの?

サロンは高い…自宅でシミを消す方法ってないの?

女性にとって大きな悩みの一つ「シミ」は、若くてもできる人、加齢とともに広がる人などさまざま。すぐにでも消したいときはエステやクリニックでなどでレーザー治療や除去施術などをしますが、保険適応外でかなり高額です。即効性はありませんが、スキンケアや食生活で、肌状態をよくしながら健康的にシミ対策することをおすすめします。


アラフォー女性の「ゆらぎ期」に太りやすくなるのはなぜ?

アラフォー女性の「ゆらぎ期」に太りやすくなるのはなぜ?

腰回りに肉が付き「少し前まで履けていたパンツやスカートが入らなくなった」なんてことはありませんか? 食事の量や生活リズムがかわったわけでもありません。いつもと同じように生活をしていても、加齢とともに痩せにくく太りやすくなるのです。アラフォー女性のゆらぎ期になると太りやすくなるのはなぜでしょうか。


消したいほうれい線!みんながやってるケア方法を一挙紹介!

消したいほうれい線!みんながやってるケア方法を一挙紹介!

40歳が近づくと気になってくるのが鼻から口にかけての線、ほうれい線ではないでしょうか。1本の線ができるだけで、5歳は老けて見えると言われるほうれい線。40歳を過ぎてもキレイな女性は一体どのようにしてケアをしているのでしょうか?今回はほうれい線の消し方にまつわるケア方法を紹介します。


カリウムで「むくみ」すっきり解消!カリウムの基礎知識

カリウムで「むくみ」すっきり解消!カリウムの基礎知識

長時間立ちっ放しだったり、ずっと座っていたりすると、足がぱんぱんにむくんできます。むくみをそのままにしておくと、その状態で固定されてしまい、足が太くなってしまうことも。そんなむくみに効果的なのが「カリウム」です。ここでは、カリウムとむくみの関係について迫ってみましょう。


アラフォーになるとシミが増えるのはなぜ?

アラフォーになるとシミが増えるのはなぜ?

鏡を見ていると「あれ?こんなところにシミができている」「シミが増えたような気がする」…なんていうことはありませんか?若いころには目立たなかったシミも、加齢とともに新たにできたり増えたりします。アラフォー世代は紫外線だけでなく、ホルモンのバランスが崩れることによってもシミの発生や悪化を促すのです。


老人性色素斑って?加齢によるシミの根本原因に迫る!

老人性色素斑って?加齢によるシミの根本原因に迫る!

シミの中で最も多いとされるのが老人性色素斑。老人とつくからといって「じゃあ、まだまだ安心」と思ったあなた、油断禁物です! 老人性色素斑は、過去に浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こるもの。将来、シミに悩まされないためにも、原因を知ってしっかり対策を立てましょう。


そろそろゆらぎ期?原因と症状を知ってうまく付き合うには?

そろそろゆらぎ期?原因と症状を知ってうまく付き合うには?

「最近なんだかイライラする」「突然、汗がふき出る」「わけもなく不安になる」。そんなあなたは「ゆらぎ期(更年期)」かもしれません。女性として、自分がゆらぎ期に入るのはショックかもしれませんが、歳を重ねる中で起きる自然な現象の一つ。自分の体と向き合い、乗り越えることで次のステージが楽しいものとなります。


消えるシミと消えないシミの違いとは?

消えるシミと消えないシミの違いとは?

シミには多くの種類があり、治療やケアを行って消すことのできるシミと、なかなか消すことのできないシミがあります。でも、消えないからといってあきらめないで! 今回は、消えるシミと消えにくいシミの違いを説明しながら、消えないシミの対処法をご紹介!「消えない!」と思っていたたシミも、これでサヨナラしましょう!


マイナス5歳若返る!ほうれい線・たるみの解消方法

マイナス5歳若返る!ほうれい線・たるみの解消方法

40歳を過ぎたころから気になり始めるお肌のたるみとほうれい線。これを何とか解消できれば、5歳は若返ることは間違いありません。さまざまな方法が飛び交っていますが、たるみとほうれい線の原因を考え直すことから、その解消方法を探っていきましょう。


カリウムは摂りすぎると危険!? カリウムが含まれる食材と正しい摂取量を知ろう

カリウムは摂りすぎると危険!? カリウムが含まれる食材と正しい摂取量を知ろう

むくみに効果的と言われている成分「カリウム」そもそもカリウムがどんな働きをしているか知っていますか? またどんな食材から摂取できるのか、正しい摂取量はどのくらいなのかを確認しておきましょう。


顔だけじゃない・・・体のシミはどうやってケアする?

顔だけじゃない・・・体のシミはどうやってケアする?

シミ対策というと顔に目が行きがちですが、手や足はもちろん、鏡を見ると背中や胸などの体のシミも気になります。とはいえ顔よりも範囲が広く、自分では見えにくい部位もあるため、放置しているという人も多いのでは? ここでは、体にシミができる原因と対策、自宅で簡単にケアする方法から治療法までを紹介します。


あなたは持ってる?勝負口紅♡大人なら断然モノグラミングしてもらおう♪

あなたは持ってる?勝負口紅♡大人なら断然モノグラミングしてもらおう♪

大人の女性なら持っていたい勝負の1本!最近のトレンドの「赤」やヌーディーで女っぽい「ベージュ」幼さを残しながらも女性らしい「ピンク」などなど・・・ここ一番で使えるルージュは「モノグラミング」してもらいましょう♪


外食派は要注意!毎日とりたいカリウム豊富な野菜BEST5

外食派は要注意!毎日とりたいカリウム豊富な野菜BEST5

現代人は、外食やコンビニ弁当を食べることも多く、塩分過多な食事になりがちです。そこで重要なのが「カリウム」をきちんと摂ること。塩分(ナトリウム)とカリウムのバランスを取ることで血圧上昇を抑えたり、美容に大敵のむくみを予防したりとさまざまな効果が期待できます。 今回は、カリウムを多く含む野菜をご紹介します。


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.07)/いも類をおいしく食べて腸内美人!

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.07)/いも類をおいしく食べて腸内美人!

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事から、今回は豊富な食物繊維の「い」の芋を紹介します。


みんなはどうしてるの?教えて!40代のゆらぎケア

みんなはどうしてるの?教えて!40代のゆらぎケア

つらいゆらぎ期の症状に日々悩まされている人も多いでしょう。周りに理解されづらいことはもちろん、自分が歳をとったことを認めたくない、という気持ちから誰にも相談することができない女性も多いと思います。そこで今回はそんなゆらぎ期を元気に楽しく乗り越える方法をご紹介します。


「ゆらぎ期」と向き合って快適に過ごす方法とは?

「ゆらぎ期」と向き合って快適に過ごす方法とは?

のぼせやほてり、急な発汗、イライラ、不眠、気分が沈むなど、女性の40~50代に多くみられるゆらぎ期の症状はさまざま。平均2~5年も続くと言われるゆらぎ期を、うつうつと過ごすなんてもったいないですね。体の変化をじょうずに受け入れ、付き合いながら、ゆらぎ期の数年間を快適に過ごす方法を考察してみました。


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.06)/きのこが美容にいい理由

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.06)/きのこが美容にいい理由

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事法から、今回は美容効果がたっぷり詰まった「し」のきのこを紹介します。


40代からのほうれい線をケアするおすすめ化粧品 ベスト10

40代からのほうれい線をケアするおすすめ化粧品 ベスト10

40歳に近づくと、肌の弾力やハリが前とは違うことに気が付くかもしれません。そんなときには、これまで使っている基礎化粧品を見直してみることをおすすめします。基礎化粧品に配合される有効成分に注目して、ほうれい線予防に効果的な化粧品の選び方を説明します。実際におすすめできる化粧品ベスト10も紹介するので、参考にしてください。




人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
www.antibioticlistinfo.com

www.start-sport.com.ua/obuv/krossovki/krossovki-dlja-tenisa