美容・健康の記事一覧

パサつきの原因に?紫外線が髪にもたらす影響

パサつきの原因に?紫外線が髪にもたらす影響

髪の毛は紫外線を浴びると乾燥してツヤがなくなったり、抜け毛や切れ毛の原因になってしまいます。紫外線を浴びた髪の毛は、肌同様にケアする必要があります。 また、紫外線を予防することも大切です。


1日3分超簡単!口内マッサージでほうれい線を消す方法

1日3分超簡単!口内マッサージでほうれい線を消す方法

最近鏡を見るのが苦痛…ほうれい線ばかりに目がいってしまうという人にぜひ試してほしいのが「口内マッサージ」です。かかる費用はタダ!かかる時間もたったの3分!ほうれい線の解消だけではなく、他にも嬉しい効果がある誰にでもできる簡単な口内マッサージを紹介します。


顔がほてる気分が沈む…ゆらぎ期の不調は誰に相談すればいいの?

顔がほてる気分が沈む…ゆらぎ期の不調は誰に相談すればいいの?

ゆらぎ期は、顔が急にほてったり、汗が噴き出したり、動悸がしたり、さまざまな特有の症状が現れます。笑い話のように周囲に打ち明けて受け流せる人もいますが、大半は深刻にとらえて落ち込みがち。ゆらぎ期は憂うつな気持ちなるのも特徴的な症状です。女性ホルモンの低下によるゆらぎ期の不調をどこで相談したり、誰に話せばいいのでしょう。


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.04)/効率よく栄養を摂れる野菜の組み合わせ

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.04)/効率よく栄養を摂れる野菜の組み合わせ

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事法から、今回は様々な栄養がたっぷり詰まった「や」の野菜を紹介します。


そろそろ本気でまずいかも…思い立ったら始めるシミ対策!

そろそろ本気でまずいかも…思い立ったら始めるシミ対策!

海に山にプールに日焼けサロン…日焼けなんて気にもとめずに肌を酷使し続けた10,20代。30代に入り突如出現したシミに慌てるものの、仕事に家事に子育てにと忙しい毎日にスキンケアもままならず。しかし!「明日から」なんて言い訳している場合ではありません! さあ、思い立ったら吉日、たった今からシミ対策スタートです!


30代になったら気にしておきたい「若年性更年期」

30代になったら気にしておきたい「若年性更年期」

通常、更年期とは45歳から55歳の閉経を挟んだ10年間のことを指し、この時期には、いわゆる「更年期障害」が起こりやすい時期とされています。しかし、最近ではこの年代よりも若い世代、特に30代に「若年性更年期」が増えていると言われています。この「若年性更年期」が起こる原因、注意点、症状などをご紹介しましょう。


自宅でエステ!人気の美顔器でほうれい線を予防しよう!

自宅でエステ!人気の美顔器でほうれい線を予防しよう!

ほんの一筋の線が入るだけで、5歳は老けて見えるというほうれい線!できてからでは、なかなか対応が難しいのが現実です。できる限り予防をするのが賢いとわかっていても、なかなかエステサロンに通っている暇もお金もないという方、必見です。ここでは、自宅でほうれい線を予防するために、どんな美顔器を検討すれば良いのか紹介します。


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.03)/わかめなどの海藻でミネラルを摂る

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.03)/わかめなどの海藻でミネラルを摂る

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事法から、今回はミネラルと食物繊維が豊富な「わ」の海藻を紹介します。


一瞬でほうれい線が消える!?アラフォーメイクテクニック★

一瞬でほうれい線が消える!?アラフォーメイクテクニック★

ほうれい線は一度できてしまうと簡単にはなくなりません。整形手術でそれなりの効果は得られるようですが、どれも高額ですし、失敗するリスクを思うと勇気がいりますよね。それならば、メイクにひと手間かけて、ほうれい線を目立たなくしてみませんか?今回はほうれい線を隠すメイクテクニックを紹介します。


たくさんあるシミ化粧品。いったいどうやって選べばいいの!?

たくさんあるシミ化粧品。いったいどうやって選べばいいの!?

コンシーラーなどを使ってもシミを完全に消すことは難しいもの。そこで注目したいのシミを薄くしてくれる化粧品。でも、シミ化粧品をうたっているコスメはとても多いのでどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこでシミができる段階によって効果のある成分をご紹介。参考にして自分に合った化粧品を見つけてください。


しっかり隠したい!ファンデーションで上手にシミをカバーするコツ!

しっかり隠したい!ファンデーションで上手にシミをカバーするコツ!

年齢を重ねるにつれて気になってくるシミ…メイクでカバーしようとして、厚塗りになってしまうことはありませんか? シミのタイプに合わせてファンデーションの使い方を変えれば、自然ににシミを隠すことができるんです! ファンデーションの使い方を見直して、シミをきれいにカバーするメイク方法を習得しましょう♪


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.02)/美容成分がたくさん!ゴマやナッツの魅力

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.02)/美容成分がたくさん!ゴマやナッツの魅力

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事から、コレステロールの低下や抗酸化作用が強い「ゴマ」と、アーモンド・くるみなどの「ナッツ類」を紹介します。


あのディセンシアから年齢肌のための”赤”のスキンケア「アヤナス」新登場【PR】

あのディセンシアから年齢肌のための”赤”のスキンケア「アヤナス」新登場【PR】

ポーラ研究所の確かな技術力から開発された、スキンケアブランドディセンシアから、年齢肌のためのプレミアムエイジングケア「アヤナス」が新登場!注目したいのは、特許技術『ヴァイタサイクルヴェール』。仕事に、子育てに、忙しく働く現代の女性の肌をストレスから守ってくれる逸品です。


肝斑(かんぱん)って何?原因とケア方法

肝斑(かんぱん)って何?原因とケア方法

アラフォー世代になると、肌のトラブルに敏感になりがちですね。中でも、目立ちやすく治しにくい肌トラブルの一つである肝斑は、多くの女性を悩ませています。今回は、肝斑の原因やその対処法を学ぶことによって、40代、50代になっても若々しく美しい素肌を手に入れられる準備を始めていきましょう。


ほうれい線を本気で消すなら!「ヒアルロン酸注射」のすべて

ほうれい線を本気で消すなら!「ヒアルロン酸注射」のすべて

美容クリニックの広告でよく目にする「ヒアルロン酸注射」。本当にほうれい線を消すことができるのでしょうか?どれくらいの期間、効果があるのでしょうか?今回は、注目されている「ヒアルロン酸注射」の効果や副作用、価格などについて紹介します。


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.01)/大豆イソフラボンと女性ホルモンの関係

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.01)/大豆イソフラボンと女性ホルモンの関係

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事から、最初に来る「豆」にフォーカス! 大豆のパワーと、女性ホルモンと構造が似ていると言われる大豆イソフラボンを紐解きます。


シミが簡単に消えていく!?お家でかんたんフォトフェイシャル

シミが簡単に消えていく!?お家でかんたんフォトフェイシャル

一度に広範囲のシミケアが可能になったフォトフェイシャルをご存知でしょうか?シミだけでけでなく、毛穴や小ジワ、たるみなどにも効果が期待できるといわれています。そんなフォトフェイシャルが家庭でも気軽にできる機器がいま、多く販売されているのです!そこで今回は家庭用フォトフェイシャルについてご紹介します。


頭皮マッサージで顔が若返る!?即効性も期待できるアンチエイジング

頭皮マッサージで顔が若返る!?即効性も期待できるアンチエイジング

たるみやくすみ、ついつい目に見える顔にばかり気が行ってしまいますが、実は頭皮と密接な関係にあります。頭と顔の皮膚はつながっているのだから、考えてみたら当たり前。頭皮が垂れ下がったり、血行が悪くなったりすると、すぐ下にある顔にも影響が出るのです。手軽にできる頭皮マッサージで、明るくハリのある顔を目指しましょう。


知りたい!ほうれい線ができやすい習慣 できにくい習慣とは

知りたい!ほうれい線ができやすい習慣 できにくい習慣とは

口の周りに現れると、ぐっと老け顔に見えてしまうにっくき「ほうれい線」。その原因は、肌の筋力の衰えによるたるみです。40代・50代なのにほうれい線が薄い人は、たるみに対抗する習慣が身についているからかも? ほうれい線ができやすい理由、さらにはできてしまったほうれい線を薄くするトレーニングも紹介します。


【美食辞典】キレイを作る食材「まごわやさしい」って何?

【美食辞典】キレイを作る食材「まごわやさしい」って何?

米を中心に、野菜や魚、豆類などを少しずつ色々食べる伝統的な日本型食生活は、体に必要な栄養をたっぷり含んだ理想の形。美と健康を維持するために役立つ和食材の最初の文字を取った言葉が、「まごわやさしい」です。 欧米化が進む日本の食卓ですが、一つひとつが表す食材と栄養を知って、ぜひ意識して取り入れてみて。







人気記事ランキング


>>総合人気ランキング