新着一覧


デトックスだけじゃ物足りない!ほうれい線を消す魔法の食べ物とは

デトックスだけじゃ物足りない!ほうれい線を消す魔法の食べ物とは

ほうれい線にはマッサージが有効。しかし、マッサージだけでは、ほうれい線を消すことは出来ません。スキンケアによる外側からのほうれい線対策や、食事による内側からの対策が必要となります。今回は、食事によるほうれい線対策に有効な成分をご紹介いたします。体の内側からのアプローチで、ほうれい線を目立たなくしちゃいましょう。


まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

30代までは化粧で隠せたほうれい線。40代に入ってしまうと更に深く根強くなっていき、化粧だけでは隠せないほどに。ほうれい線の解消・予防のために必要なのは、顔のたるみの解消、肌の保湿力アップ、肌にハリや弾力を与える など。ほうれい線にしっかりアプローチ出来る化粧品を使って、いつまでも若々しい肌を保っていきましょう。


化粧水でマイナス5歳!?ほうれい線を消すスペシャルケア大公開

化粧水でマイナス5歳!?ほうれい線を消すスペシャルケア大公開

年齢を重ねるごとに気になるしわやたるみ。特に“ほうれい線”は、お肌の悩みの中でも特に気になるところですよね。正直、1度出来てしまったほうれい線を完全に消し去ることは難しいですが、日々のスキンケアでほうれい線を薄く、これ以上出来にくくさせることは可能。今回は、ほうれい線を消すためのスペシャルケア法をご紹介いたします!


エイジングだけじゃない!ほうれい線ができる意外な生活習慣とは?

エイジングだけじゃない!ほうれい線ができる意外な生活習慣とは?

気付いたら出来てしまっているほうれい線…。たるみや乾燥以外にも、ある生活習慣によってほうれい線を出来やすくしてしまっている場合があります。生活習慣が原因のほうれい線は、意識を少し変えるだけで予防することが出来ますよ。さっそくチェックしていきましょう!


なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

更年期障害とは、閉経を挟んだ45歳から55歳の約10年を目処に、体調の乱れや精神が不安定になるなどの症状が起こります。要因としては、閉経に伴って、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こると言われています。こうした「更年期障害」ですが、どのような症状が現れるのでしょうか?


UVカットメガネやサングラスで紫外線から目を守ろう

UVカットメガネやサングラスで紫外線から目を守ろう

UVケアを万全にしたつもりなのにシミができてしまったのはなぜ?と、後悔しないためにも紫外線対策をしましょう。実は、紫外線に反応するのは皮膚だけではありません。目から入る紫外線はあなどれません。後悔しないためにも、UVカットのメガネやサングラスで紫外線から目を守ることが大事です。


紫外線の一番強い時間帯は?注意する時間帯を教えて

紫外線の一番強い時間帯は?注意する時間帯を教えて

紫外線は年間を通じて降り注いでいますが、5月から9月に最も多く、時間帯では10時から14時と言われています。紫外線は肌の老化のもととは分かっていても、完全に阻止するわけにもいきません。しかし、少しの工夫やケアで紫外線を浴びる量を減らすことはできます。


シワの原因は生活習慣にアリ! 生活改善は今からでも遅くない!

シワの原因は生活習慣にアリ! 生活改善は今からでも遅くない!

ふとしたときに気づいてしまうシワ。保湿をしっかり行い、シワの生成を抑えるのはもちろん重要ですが、生活習慣を改善することでもシワを予防することができます。生活習慣を見直して、シワの生成を抑えましょう!


更年期は大人のゆらぎ 40代からはじめるケア方法

更年期は大人のゆらぎ 40代からはじめるケア方法

更年期障害は、基本的には45歳から55歳の、閉経を挟んだ10年間に起きる障害のことを言います。ですが、最近では「若年性更年期障害」と言って、30代後半から40代前半の女性にも更年期障害が起きることが多いと言います。40代を過ぎたらいつ訪れるか分からない、この更年期障害に向けて日常でできる対策をご紹介します。


オールシーズン徹底予防!40代からの正しい紫外線対策

オールシーズン徹底予防!40代からの正しい紫外線対策

太陽の光はなくてはならないものですが、無防備に紫外線を浴び続けていると、肌の奥の紫外線の貯金箱にどんどん貯金されていくのだとか。若いころ浴びた紫外線は40代になって急に現れることも。これ以上紫外線の貯蓄を増やさず、美肌を保つために日焼け対策をしっかりおこないましょう。




人気記事ランキング


>>総合人気ランキング